【エポスプラチナ】年会費2万円で持てるプラチナカードを紹介


エポスプラチナカード

エポスプラチナカードは、年会費無料で様々なお店で割引等の優遇を受けられるマルイの「エポスカード」の最高ステータスカードです。
プラチナカードながら年会費は2万円に設定されており、他のプラチナカードよりも手の届くプラチナカードとなっています。
さらに年間利用額に応じてもらえるボーナスポイントで年会費を簡単にカバーできる点から、実質無料で所持できるプラチナカードとして、ステータスカードを持ちたくてもなかなか手が出ない、という方に人気のカードとなっています。

年会費が低いと、その分優遇はが低いのではないかと心配になるかも知れませんが、プライオリティパスをはじめ、ハイクラスレストランが1名無料になるグルメクーポン、さらには24時間365日いつでも繋がるVISAのプラチナコンシュルジュセンターが利用できる等、プラチナカードとしてしっかりと利用価値のあるカードとなっています。

今回はそんなエポスプラチナカードについて詳しく紹介していきます。

-目次-

エポスプラチナカード基本情報

エポスプラチナカード

出典:https://www.eposcard.co.jp/platinum/main.html

カード名称 エポスプラチナカード
国際ブランド VISA
年会費 20,000円(税込)
家族カード
ETCカード 年会費無料
付与ポイント エポスポイント
還元率 0.5%~
付与単位 200円毎
ショッピング保険
旅行保険 海外:最高1億円(自動付帯)
国内:最高1億円(利用付帯)
※海外・国内共に家族特約有り(最高2,000万円)

エポスプラチナカードは年会費2万円で利用できる、エポスカードの中の最上位カードとなっています。
年会費が無料になるゴールドカードを発行しているエポスカードで、年会費2万円と聞くと高額に感じるかも知れませんが、他カードでは10万円を超すプラチナカードもある中、2万円でプラチナカードのサービスを受けられるので、金額以上の価値があるカードとなっています。

ただし、プラチナカードを最初から持つ、ということはできずエポスゴールドカードの利用履歴等から判断され、インビテーションが届くシステムとなっているので、誰でもすぐに持てるわけではありません。
エポスカードの入手方法については次の項目で詳しく紹介していきます。

 

エポスプラチナカードを手に入れるには?

エポスプラチナ紹介

出典:https://www.eposcard.co.jp/platinum/main.html

前述の通り、エポスプラチナカードはインビテーション制(招待制)のため、欲しいと思ってもすぐに手に入れることはできません。
まずはエポスゴールドカードを手に入れて利用するのが必要となります。

エポスゴールドカードとは?
エポスゴールドカードはその名の通りエポスカードの上位のゴールドカードです。
ゴールドカードは通常申し込みとインビテーションの2種類の入手方法があります。

通常申し込みの場合は年会費が5,000円かかりますが、インビテーションを受けて申し込むと年会費が無料になります。
通常申し込みでも年間50万円以上のカード利用で次年度以降は年会費が無料となります。

インビテーションを受けコストをかけたくない場合には通常のエポスカードを作成し、コツコツ利用実績を作りましょう。
インビテーション発行の条件等は公式には発表されていませんが、利用者の口コミなどから総合的に判断すると「年間50万円以上の利用」があればインビテーションを受けられるようです。
ただし、ひと月だけ50万円を決済しあとは利用しない等の継続利用無しの場合にはインビテーションが送られてこない可能性もあるので、月に4~5万円をコンスタントに利用していきましょう。

年会費無料で持てるエポスカード&エポスゴールドカードについてはこちらの記事で詳しく紹介しています!

エポスカードは持ってるだけでお得
エポスカード徹底解説!持っているだけでお得&還元率の良いクレジットカード!
エポスカードは丸井のクレジットカードというイメージが強いですが、実は5,000店舗のお店で優待割引が受けられるなど、とってもお得なカードに …もっとみる≫

エポスプラチナカードの招待条件は?
無事ゴールドカードを手に入れたら、ここからがプラチナ招待への頑張りどころです。
こちらも招待条件等がエポスから公式に発表されているわけではないため、利用者の口コミや実際にインビテーションが届いた人からの情報を総合的に判断したところ「年間利用額100万円以上の利用」というのがインビテーションの条件ではないか、と見られています。
もちろん、エポスゴールドカードを年間100万円利用すれば確実にプラチナへの招待が受けられる、というものではありません。
支払いに延滞がないか、他社からの借り入れ状況はどうか等、様々な情報に左右されることもあるので、まずはゴールドカードをしっかりと利用し実績を積むことが重要です。

無事インビテーションが届いたら
ゴールドカードの利用実績を積み、無事プラチナカードへのインビテーションが届いたら、早速申し込みをしましょう。
インビテーションが届いてから申し込みができる期間は決まっているため、長い間放っておくと申し込みができない場合があるので、注意しましょう。

またインビテーションが届いただけで確実に発行されるわけではありません。
インビテーションに付属されている申し込み書に記入し送付してから審査が入るので、そこで何かしら問題があれば審査落ちとなりプラチナカード発行に至りません。

ただし、インビテーション発行前にある程度の審査はされているため、審査落ちする人は少ないようで、口コミ情報にもインビテーション受取りで審査落ちしたという情報はありませんでした。

 

ポイント還元率は最大2.5%!実質無料で所持可能!

貯める

エポスプラチナカードは他の下位カードと異なりポイント還元率が高く、お得感のあるカードと言われていますが、基本還元率は他のエポスカードと同様に200円毎に1ポイント付与の0.5%還元となっています。
還元率が高いと言われているのは、年間利用額に対して付与されるボーナスポイントが付与されるためで、年額100万円以上でボーナスポイントが獲得できるようになります。

年間利用額 ボーナスP
100万円以上 20,000ポイント
200万円以上 30,000ポイント
300万円以上 40,000ポイント
500万円以上 50,000ポイント
700万円以上 60,000ポイント
900万円以上 70,000ポイント
1,100万円以上 80,000ポイント
1,300万円以上 90,000ポイント
1,500万円以上 100,000ポイント

ボーナスポイントの他に当然ながら毎月の利用ポイントも付与されるので、年間100万円利用の場合には合計25,000ポイントが獲得でき、その還元率は2.5%と非常に高いものになります。
ただしボーナスポイント付与の年間利用額の設定が不規則なため、年間200万円以上からは還元率が落ちてくるので、100万円以上を無理に利用する必要はありません。

年間利用額 合計獲得P(還元率)
100万円 25,000ポイント
(2.5%)
200万円 40,000ポイント
(2.0%)
300万円 55,000ポイント
(約1.8%)
500万円 75,000ポイント
(1.5%)
700万円 95,000ポイント
(約1.4%)
900万円 115,000ポイント
(約1.3%)
1,100万円 135,000ポイント
(約1.2%)
1,300万円 155,000ポイント
(約1.2%)
1,500万円 100,000ポイント
(約1.2%)

この表は年間ボーナスの設定額で出しているため、上記金額を数円でも越すと若干還元率は下がりますが貰えるポイントが低くなるわけではありません

年間100万円以上の利用で2万円相当のボーナスポイントが獲得できるので、年会費分をポイントでカバーできます。
年会費をポイントで支払うことはできないので、必ずキャッシュアウトはしますが、貯まったエポスポイントはエポスプリペイドへチャージできたり、QUOカード等のギフト券やdポイント等に交換ができるので、現金同様にお店で利用できます

さらにプラチナカード特典としてポイントの有効期限がないので、失効することなくいつまでも利用ができ無駄がありません。

 

エポスプラチナカード特典は色々ありお得!

前項紹介の高いポイント還元率以外にも、エポスカードの最上位のステータスカードとしてお得な特典がたくさんあります。
年会費2万円とプラチナカードとしてはかなり低価格ですが、プラチナカードとしての機能もしっかりしています。

プライオリティパス
プライオリティパス
世界各国400以上の都市、900以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」に無料で登録することができます。
通常399USドル、日本円にして約44,000円の年会費が無料となり、空港のラウンジを無料で利用できます。

空港ラウンジ同伴者1名無料
空港ラウンジ
国内主要空港およびホノルル、仁川の空港ラウンジを、エポスプラチナカードの提示で本人と同伴者1名まで無料で利用できます。

旅行保険
旅行保険
旅行代金の決済等の条件がなく、カードを持っているだけで海外旅行の障害保険が適用されます。
国内旅行の場合も、旅行代金をエポスプラチナで決済した場合に保険が適用されます。
さらに同行者の家族までカバーできる家族特約も付帯されているので、家族旅行時も安心です。

海外旅行保険
保険内容 本人 家族
傷害死亡
後遺障害
最高1億円 最高2,000万円
傷害治療費用
1事故の限度額
300万円 200万円
疾病治療費用
1疾病の限度額
300万円 200万円
賠償責任
(免責なし)
1事故の限度額
1億円 1億円
携行品損害
(免責3,000円)
100万円 100万円
救援者費用
1旅行・保険期間中
の限度額
200万円 200万円
航空機遅延費用等
1回の遅延の限度額
2万円 2万円
航空機寄託手荷物
遅延等費用
1回の遅延の限度額
10万円 10万円
国内旅行保険
保険内容 本人 家族
死亡・後遺傷害 最高1億円 最高2,000万円
入院日額
(フランチャイズ7日)
5,000円 5,000円
手術保険金
(フランチャイズ7日)
入院の種類に応じて入院日額の
10、20、40倍
入院の種類に応じて入院日額の
10、20、40倍
通院日額
(フランチャイズ7日)
3,000円 3,000円

海外サポートデスク
海外サポートデスク
世界各国38都市の現地デスクにおいて、海外旅行時に役立つ情報や、レストランの予約やコンサートチケット手配、緊急時の対応などを全て日本語で対応してくれます。
現地語が喋れない場合にはとても役に立ちます。

エポスプラチナカードグルメクーポン
グルメクーポン
全国約100店舗のハイクラスレストランを2名以上で利用した際に会員本人1名分のコース料理が無料になるクーポンが貰えます
1万円前後~2万円前後の高級レストランや料亭を1名分無料で楽しめます。
これだけでも年会費の元が取れるという感じですが、2名以上での利用が必須なので最低でも1名分のコース代金はかかります。
ハイクラスレストランが半額で利用できる(2名で利用の場合)程度に考えておきましょう。

Visa プラチナ・コンシェルジュ・センター
コンシェルジュ
エポスプラチナカードの国際ブランドはVISAなので、VISAのプラチナ・コンシェルジュ・センターが利用できます。
VISAのプラチナコンシェルジュを年会費2万円という低コストで利用できるカードはエポスプラチナカードだけです。

コンシェルジュでは、24時間年中無休で対応してくれ、旅行の相談やレストランの予約など様々な希望に応えてくれる、秘書のような存在として使えます。
急な接待が入った場合も電話1本で接待に使えるおすすめのお店を予約してくれたり、デートで使えるオシャレなお店を選りすぐり予約してくれたりと、自分で下調べする必要がないので、時間の節約にもなります。

Visaプラチナカード会員優待
VISAプラチナ

http://www.visa.co.jp/platinum/offers/index.shtml

旅行やレストラン、ゴルフに至るまで様々な優待が受けられます。

 

エポスプラチナカードのデメリットは?

はてな

これまではエポスプラチナカードのメリットとなる様々な特典を紹介してきましたが、ここからはデメリットについてもしっかりと考えていきましょう。

まずネックとなるのは年会費の2万円ではないでしょうか。
プラチナカードとして考えれば2万円の年会費は格安な部類になりますが、年会費無料がウリのエポスカードから比較するといきなり2万円ものお金が必要となります。
コスパは高いですが、旅行に全然行かない方であればプライオリティパスや旅行保険は必要ありませんし、逆にプライオリティパスだけが欲しい場合には他にも年会費がもう少し低いカード付帯で持つこともできます。

グルメクーポンにしても、ハイクラスレストランが無料になりますが、2名以上の利用で1名分が無料になるものなので、必ず1名分~の料金は必要となるので、気軽にクーポンを使うことができません。

ポイントで年会費を賄うこともできますが、あくまでポイントでのバックとなるため現金が出ていってしまいます。
また、年間1,000万円以上使うのであれば、還元率もそこまで良いわけではありません。

ステータスとしても、プラチナカードとしての機能は最低限備えていますが、あくまで「年会費2万円」ですので、自慢できる程のカードではありません。

どうしてもプラチナカードが欲しい、人前で使うのに最低限見せられるカードが欲しい、コンシェルジュサービスを使いたい、等明確な利用目的がある場合にはとても良いカードですが、反対に特に目的もなければ、無理をしてまで持つ必要はないかと思います。

 

まとめ

エポスカードロゴ

エポスプラチナカードは年会費2万円で持てるコスパの高いプラチナカードとなっており、名前だけのプラチナカードではなく、プライオリティパスやVISAプラチナの特典が利用できたり、ハイクラスレストランが無料で利用できたりと、プラチナカードとしての機能もきちんとしています。
またボーナスポイントを合わせることによりポイント還元率も最高2.5%と非常に高く、年会費2万円をゆうに超える価値があります

一方で、飛行機を利用する機械が少ない場合などはカード特典を十分に利用できず、あまり価値を感じられない場合もあります。
また収入が高く、クレジットカードでの決済金額が年間数百万以上あるという場合には、ポイント還元率が少なくなるので、他のプラチナカードの方が総合的に見て良い場合もあります

エポスプラチナカードは良くも悪くも、平均的な年収の普通の人が無理なく持てるプラチナカードとして捉えるのが良いでしょう。
その中でも、本当にカードの機能を使うかどうかを判断し、取得するかどうかを選別していきましょう。

 

 
ポイント交換所ネットマイルではTポイントをはじめ200種類以上の交換先から使い道を選べるので、ご利用者個々の希望に沿ったポイント利用が可能です。
お得なポイント交換所ネットマイルについてはこちら
ネットマイルで交換できる特典交換先一覧はこちら

クレジットカードを申し込むならポイントサイト「すぐたま」を経由するだけで、現金や共通ポイントに交換可能なネットマイルが貰えます!
ネットマイルが”すぐたまる”ポイントサイト「すぐたま」とは?

 

今だけ限定キャンペーン

ネットマイル&「すぐたま」への新規登録で最大750mileがすぐにもらえるキャンペーンを実施中!!

STEP1
★記事を読んでくださった方限定★
下のバナーからネットマイルに新規登録すると300mileもらえる!
今なら「初回交換お助けマイル」プレゼントキャンペーン実施中 記事を読んでくださった方限定 登録するだけで
なんと合計300mile150円相当 今すぐクリック!!会員登録をお済ませください
STEP2
下記バナーからすぐたまへワンステップ登録をして
3つのミッションをクリアすると合計450mileもらえます!
新規会員登録で特別ゴールド会員
STEP3
ネットマイルと「すぐたま」への登録で
合計750mileもらえます

【ご注意】

  • ※もらえる300mileは、記事を読んでくださった方限定250mile、初回交換お助けマイル50mileの合計です。
  • ※「初回交換お助けマイル」は会員登録後すぐにマイル通帳に反映されます。
  • ※「初回交換お助けマイル」の有効期限は2ヶ月となります。
  • ※記事を読んでくださった方限定の250mileは会員登録後、30日後に利用できるマイルとしてマイル通帳にお振込みいたします。
  • ※記事を読んでくださっても、上のバナー以外からのご登録は250mileのプレゼント対象になりません。
  • ※こちらのキャンペーンに関するお問い合わせは、FAQ・お問い合わせよりお願いたします。
カテゴリ: エポスカード タグ:

投稿者 めがね

1983年生まれの33歳、男性。既婚。 某大手共通ポイント発行企業にて5年間ポイントのノウハウを習得。 2013年ネットマイル入社。 マイル・ポイントの豊富な知識を生かしマーケティングを担当。 プライベートでもポイントを愛用し、20種類以上のポイントを集め、少ないお小遣いの足しにしている。