脱毛でやけどすることはある? 脱毛によるやけどの原因や予防策を紹介

脱毛でやけどすることはある? 脱毛によるやけどの原因や予防策を紹介

脱毛でやけどすることはある? 脱毛によるやけどの原因や予防策を紹介

脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛した場合、まれにやけどをしてしまうことがあります

日焼け・肌の乾燥・脱毛後の飲酒や入浴など、脱毛でやけどをしてしまう原因はいくつかあります。

この記事では脱毛でやけどをしてしまう原因や脱毛でやけどをしないための予防方法を紹介していきます。

脱毛によるやけどに関する不安や疑問を解消できると幸いです。

脱毛でやけどしてしまう理由

まれなケースですが、実際に脱毛でやけどをしてしまう可能性はあります。

脱毛クリニックや脱毛サロンで使用されている脱毛機は、放出した光やレーザーが毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱が発生する仕組みです。

発生した熱が毛根の発毛組織にダメージを与えることで、ムダ毛が生えてくるのを抑えます。

脱毛機は直接皮膚に熱ダメージを与えるわけではありませんが、毛根周辺の皮膚に熱ダメージが伝わってやけどが生じることがあります。

これが脱毛でやけどをしてしまう理由です。

脱毛によるやけどはすぐに判断できない

脱毛によるやけどは、熱いものを触ったときにできる通常のやけどと違ってわかりにくいです。

脱毛によるやけどと通常のやけどの違い

    脱毛によるやけど:すぐには判断できず、脱毛後から3日経ってもヒリヒリとした痛みや赤みが続く。
    通常のやけど:熱が加わった後に皮膚が赤くなる、皮膚がめくれる、痛みが伴う、水ぶくれができるなどの症状がすぐに出る。

通常のやけどはすぐに症状が出るためわかりやすいのに対し、脱毛によるやけどはすぐには判断できません

脱毛直後は肌内部に熱がこもっているため、肌が赤くなったり痛みやかゆみを感じることがよくあります。

しかし通常数時間で症状はおさまるため、症状が3日以上続く場合は脱毛によるやけどの可能性があります。

脱毛によるやけどの原因

脱毛でやけどする原因はいくつかあるので、ご紹介します。

原因①施術者の知識と技術が不足している

脱毛機は照射する際の出力レベルを、患者の肌の状態に合わせて調整できます。

しかし施術者の知識や技術が不足していると、患者の状態に合っていない高すぎる出力レベルで照射される場合があります。

高すぎる出力レベルで照射すると、肌に大きなダメージがかかってしまうためやけどに繋がります。

施術の際に我慢できないほどの痛みを感じたら、出力レベルが高すぎるサインです。

原因②日焼けした肌や色素沈着している部分に照射した

脱毛機は放出した光やレーザーがメラニン色素に反応して熱を発生する仕組みです。

日焼けの原因はメラニン色素によるものなので、光やレーザーは日焼けした肌にも反応して熱を発生させます。

脱毛機が日焼けした肌にも熱ダメージを与えた結果、やけどを引き起こしてしまいます。

色素沈着とは肌が黒ずんでいる状態のことです。

皮膚内で異常な量のメラニン色素が作り出され、作り出されたメラニン色素が皮膚に沈着することで色素沈着が引き起こされます。

そのため日焼けした肌同様、光やレーザーが色素沈着にも反応するため、色素沈着がある部分は熱ダメージを受けてしまいます。

原因③乾燥した肌に照射した

肌の潤いが少ないと、肌を守るバリア機能が低下してしまいます。

乾燥している状態は熱や刺激に敏感な状態です。

そのため乾燥した肌に照射すると肌がダメージを受けやすくなっており、やけどを引き起こす恐れがあります。

肌にかさつきを感じたり粉ふきがある場合は特に乾燥しているので要注意です。

原因④脱毛した日に飲酒や入浴、激しい運動をした

脱毛した日のNG行為はいくつかあり、その中でも飲酒や入浴、激しい運動が代表としてあげられます。

脱毛後は肌内部に熱がこもっており、肌のほてりやかゆみを伴う軽いやけど状態になっています。

その状態で飲酒や入浴、激しい運動をすると血行がよくなって体温が上がり、体内にこもっている熱をうまく放出できません。

体内に熱がこもった状態では肌のほてりや炎症がひかず、やけどの状態が悪化したり長引いてしまいます。

脱毛でやけどしないための予防法

脱毛によるやけどのリスクは、先ほど紹介した原因に応じた予防法を実践することで軽減できます。

正しいやけどの予防法を知って、脱毛によるやけどを防ぎましょう。

①施術中強い痛みを感じた場合は出力を下げてもらう

出力レベルが高すぎると強い痛みを感じてしまいます。

脱毛する人の中には「痛みが強いほど脱毛効果が高く、短い期間で脱毛が完了する」と考える人がいます。

しかし痛みを我慢しすぎると、肌に過剰なダメージがかかりやけどに繋がります。

やけどをしてしまうと完治するまで施術が受けられなくなってしまうため、脱毛の完了が遅れてしまいます。

施術時に痛みを我慢しすぎると、早く脱毛が完了するどころか長引いてしまうリスクがあるのです。

無理して高すぎる出力レベルで照射しなくても、適切な出力レベルで適切な回数通えば、脱毛効果は十分発揮されます。

強い痛みを感じたら我慢せずに施術スタッフに言って出力レベルを下げてもらいましょう。

②脱毛前後は日焼け対策をする

脱毛前にやけどをしてしまうと、脱毛機の光やレーザーが日焼け肌に反応してやけどを引き起こします。

脱毛後の肌はほてりや炎症を伴う軽度のやけど状態になっているため、とても敏感です。

肌が敏感な状態で紫外線によるダメージを受けてしまうと、やけどが悪化したり長引いてしまいます。

やけど状態を引き起こしたり悪化させないためにも、脱毛期間中は紫外線から身を守りましょう。

日焼け止めは持ち歩いて2~3時間おきに塗り直し、日傘や帽子を活用しましょう。

さらに日焼けした肌は元の状態に戻るまでに時間がかかり、その間は脱毛に通えなくなってしまい、脱毛の完了が長引く可能性があります。

③色素沈着がある部分は照射しない

色素沈着はメラニン色素が沈着してできるものであり、色素沈着がある部分に照射すると熱エネルギーが発生してやけどを負う恐れがあります。

色素沈着している部分があることを事前に施術スタッフに伝え、その部分は避けて照射してもらうと安心です。

また、色素沈着が起こる主な原因は紫外線摩擦です。

メラニン色素は紫外線が肌に与えるダメージから肌を守るために作られており、紫外線を浴びると分泌されます。

さらにメラニン色素は強い刺激によって分泌されることがあります。

メイクを落とす時や顔や体を洗う時はごしごしこすらず、優しく洗うだけで摩擦が生じるのを防げます。

紫外線ケア肌に優しく触れることを意識して、色素沈着のリスクを軽減させましょう。

④脱毛前後は肌の保湿ケアをする

乾燥した肌は熱や刺激に敏感になっており、乾燥した肌に照射するとダメージを受けてしまいます。

また脱毛は熱エネルギーで発毛組織にダメージを与えますが、この時の熱が肌の水分を奪います

そのため脱毛後の肌は一段と潤いがなくなって乾燥状態であり、少しの刺激で赤みや炎症を引き起こしてしまいます。

脱毛前後はボディークリームやボディーローションで肌の保湿ケアを徹底しましょう。

⑤脱毛後は飲酒や入浴、激しい運動は控える

脱毛直後の飲酒や入浴、激しい運動は体温を上げてやけどを引き起こしてしまう可能性があるため、控えるようにしましょう。

クリニックやサロンでは飲酒なら12時間、運動なら2~3日控えることを推奨されています。

入浴は翌日から大丈夫ですので、施術した日はシャワーを浴びるようにしましょう。

脱毛後の肌は乾燥によって刺激を受けやすくなっているため、体を洗う際はごしごし擦らず優しく洗ってください。

脱毛によるやけどの処置方法

やけどを負った可能性がある場合、1番してはいけないことはやけどを放置することです。

自然に治ることを期待してやけどを放置すると、治ったとしても跡が残ってしまう可能性があるからです。

脱毛によってやけどをしてしまったかもしれない場合に、どんな処置をとればいいのかをご紹介します。

肌が赤くなったり痛みを感じる場合

肌が火照っていたりヒリヒリとした痛みを感じる場合は、まず患部を冷却しましょう。

水道で冷やす時はやけどに直接水をかけず、やけどした周辺に優しくかけてください。

濡らしたタオルやタオルで包んだ保冷剤、袋に入れた氷を患部にあてて、20分ほど冷やすのも効果的です。

保冷剤や氷を直接患部にあててしまうと、冷やしすぎによる凍傷を引き起こしてしまう危険性があるので、保冷剤は必ずタオルや布で包んでから使用してください。

冷却しても痛みが続く場合は、施術を受けたクリニックやサロンに連絡しましょう。

クリニックに常駐している医師の診察や皮膚科での診察を勧められたり、提携先の皮膚科を紹介してもらえます。

クリニックやサロンの指示に従って診察を受け、やけどの処置や薬の処方をしてもらいましょう。

かゆみを感じる場合

脱毛後の肌にかゆみを感じた時は、ボディークリームやボディーローションで肌を保湿しましょう。

脱毛直後に感じるかゆみは、乾燥によって引き起こされています。

脱毛後の肌は照射の熱によって乾燥しやすくなり、肌がカサカサするとかゆみを感じやすくなります。

ボディークリームやボディーローションは高保湿なタイプや、敏感肌向けの肌に優しいタイプがおすすめです。

かゆいからといってかきむしっていると跡が残ってしまうことがあるので、かくのは我慢しましょう。

保湿してもかゆみが治まらない場合はクリニックやサロンに連絡し、クリニックや皮膚科で診察を受けてください。

水ぶくれができた場合

脱毛後に水ぶくれができた場合はすぐにクリニックやサロンに連絡し、クリニックや皮膚科で診察を受けましょう。

水ぶくれはつぶすと跡になったり、傷口から細菌が入って感染症になるリスクがあります。

水ぶくれが出来た場合は決して潰さず、医師の判断にしたがって治療してください。

やけどしてしまった時の補償

やけどをしてしまった場合、補償の有無はクリニックやサロンとの契約によって異なるので、契約書を確認しましょう。

契約書にやけどについて明記されている場合は補償を受けることができます。

例えばリゼクリニックやレジーナクリニックは、脱毛によるやけどの診察や薬の処方を無料で行っています。

やけどについての記載がない場合は患部の写真・医師の診断書・医療費や通院にかかった交通費の領収証をそろえてクリニックに提示してください。

そのうえで何も対応してくれない場合は弁護士に相談することもできますが、お金と労力がかかってしまいます。

このような事態にならないためにも契約書は必ず一読して、やけどの補償について書いてあるか確認してからサインするようにしましょう。

カウンセリング時にやけどのリスクや補償のことを質問しておくと安心です。

まとめ

まれなケースではありますが、脱毛でやけどしてしまう可能性はあります。

ただやけどの原因を知って予防することで、やけどのリスクを軽減させることは可能です。

脱毛期間中は日焼け・乾燥を予防することを意識してください。

また施術時は色素沈着がある場合すぐに報告し、痛みを強く感じたらスタッフに言って出力を下げてもらいましょう。

万が一やけどをしてしまった場合はクリニックやサロンに連絡して指示を仰ぎ、適切な処置を受けると早くきれいにやけどを治せます。