VIO医療脱毛おすすめのクリニック5選!料金プランや特徴を比べて厳選

VIO医療脱毛おすすめのクリニック5選!料金プランや特徴を比べて厳選

VIOの医療脱毛ができるクリニックを紹介

「VIOの脱毛は痛みが強そうで不安」「VIOは何回くらいで脱毛が終わるんだろう」など、VIO脱毛に興味はあるけど、一歩踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの毛は直ぐに生えてきてしまい、ムダ毛の自己処理も手間ですよね。

そこでこの記事では「VIOの医療脱毛」に関する、料金プランや特徴を解説します。

調査した各クリニックの料金や特徴の違いを比較し、VIO医療脱毛におすすめなクリニックを5選紹介するので、お店選びの参考にしてください。

VIO医療脱毛の選び方

今回VIO脱毛におすすめなクリニックを選ぶ際に、以下の5つをチェックして厳選しました。

VIO脱毛の選び方

  • VIOに適した脱毛ができるクリニックを選ぶ
  • 脱毛にかかる料金をチェック
  • 脱毛以外にかかる料金があるかを確認
  • 痛み対策は手厚いかどうか
  • 通えるペースや脱毛期間はどのくらいかかるかチェック

5つの項目をクリニックごとに比較すると、お店の特徴が分かりやすくなり、クリニックが選びやすくなります。
それぞれどのようなところをチェックしたのか、クリニックを選んだ時のポイントを順に詳しく解説します。

VIOに適した脱毛機のあるクリニックを選ぶ

VIOを脱毛する時に重要なのは、VIO脱毛に適した脱毛機があるかどうかです。

主にクリニックで導入されている、VIO脱毛に適している脱毛機は以下の通りです。

レーザーと脱毛機の種類

レーザー 特徴 痛み 種類
蓄熱式ダイオード
レーザー
産毛~濃い毛まで作用。
色素に関係なく脱毛可能。
痛みを感じにくい ・メディオスターNextPro
・ソプラノアイスプラチナム
・ライトシェアデュエット
・ラシャ
ヤグレーザー 根深い毛に効果的。
色素に反応しにくい。
痛みを感じやすい ・ジェントルヤグ
・ジェントルヤグプロ

蓄熱式のダイオードレーザーは痛みが少なく、幅広い毛質に対応できるため、多くのクリニックで導入されています。
色素に関係なく脱毛ができるので、色素沈着や黒ずみのあるVIOにも適しています。

ヤグレーザーもダイオードレーザーと同じく、色素沈着や黒ずみの多いVIOの脱毛が可能です。
太く根深い毛にアプローチするので、少し痛みを感じやすいことがあります。

主にVIOに適した脱毛機はこの2種類です。

脱毛機はかなり多くの種類があるので、クリニックを選ぶ場合は「どんな脱毛機があるのか」「どんな特徴があるのか」といった点も、チェックしておくと良いでしょう。

脱毛にかかる料金をチェック

どの部位の脱毛でも、1回の施術では脱毛は完了しません
そのため脱毛する回数によって料金が変わってくるので、まずは脱毛にかかる回数の目安を知っておきましょう。

VIO医療脱毛にかかる回数の目安

  • 約5~8回

参照:ドクター松井クリニック

あくまで目安ではありますが、VIOであれば約5回程度で自己処理が楽になり、約8回ほどで毛がほぼ気にならない状態になります。

約5~8回ほどで脱毛が完了できることが多いです。
5回と8回のプランを基準に、VIOの医療脱毛にかかる料金目安を計算したものが以下の通りです。

回数別VIO医療脱毛の料金目安

5回 8回
料金 約84,400円 約129,900円

VIOの医療脱毛にかかる料金は、平均で約84,400円~129,900円でした。

5~8回の料金プランを基準にクリニックのプランを比較すると、各クリニックの金額の差がわかりやすいです。
平均的な料金相場を元に、料金が高いのかどうか比較するのもおすすめです。

脱毛以外にかかる料金があるかを確認

VIOの医療脱毛には、おおよそ10万円前後の金額がかかりますが、その他にも追加料金がかかる場合があります。

追加料金がかかる可能性がある項目

オプション 料金
麻酔代 無料又は
約2,000~3,000円
シェービング代 無料又は
1,000~3,000円
キャンセル料 無料※又は
施術1回分消化

※キャンセルの無料は、連絡期限が決まっていることが多いので注意。

麻酔代は1回の施術で2,000~3,000円ほどの料金がかかることがあります。クリニックによっては1部位につき同じ料金が必要になることもあるので、費用を抑える場合は麻酔代が無料のクリニックを選ぶと良いでしょう。

シェービング代は無料のクリニックが多いですが、あくまで手の届かない部位の剃り残しに限ることが多いので、注意が必要です。

その他に生理不順がある人は、キャンセル料の有無も選ぶ時に確認しておきましょう。
公式サイトに「キャンセル料無料」と表記がある場合が多いですが、ほとんどは「期限内のキャンセルなら無料」という意味です。
期限以降のキャンセルは、施術1回分が消化になっているクリニックが多いので、注意しておきましょう。

痛み対策は手厚いかどうか

VIOは濃く根深い毛が生えており、デリケートな部位なので痛みを感じやすいです。

各クリニックがどのような痛みの対策をしているかチェックするポイントは3つです。

痛み対策のチェックポイント

  • 麻酔が無料であったり、種類が豊富かどうか
  • 脱毛機の冷却機能がどういったものか
  • 声掛けの丁寧さ

痛みを軽減するためには麻酔が気兼ねなく使えるか・種類が豊富かどうかが重要です。
体質によって使えない麻酔があることもあるので、カウンセリングで確認しておきましょう。

脱毛時に感じる痛みは、熱による毛根を破壊する時に感じるものなので、冷却機能がしっかりしている脱毛機かどうかもチェックしておきましょう。
照射と同時に冷却できる脱毛機は、VIOの脱毛に向いています。

その他には、スタッフの声掛けの丁寧さも大切です。
痛みが強い場合は、照射レベルを確認しながら調節してもらえます。「痛みはどうですか?」と少しずつ脱毛をしてくれるだけで、痛みの感じ方は変わります。

施術の声掛けや対応の丁寧さは、カウンセリングやテスト照射で確認をおすすめします。

通えるペースや脱毛期間はどのくらいかかるかチェック

脱毛を早く終わらせたい人は、通えるペースや目安となる脱毛期間をチェックしておきましょう。

なるべくコースを早く終わらせたい人は、最短1ヵ月間隔で通えるなど、通えるペースが早いクリニックをおすすめします。
多くのクリニックでは毛周期に合わせて脱毛を行うため、2~3ヵ月以上脱毛期間を空けることが多いので確認が必要です。

毛周期とは

毛の生え変わる周期のことを「毛周期」と言います。

毛の抜けやすい退行期や、毛の成長が止まった休止期には作用せず、毛が伸びている成長期の毛根にしか反応しません。

毛根にある「毛の生える司令塔であるバルジ領域」を、熱で破壊することで毛が生えなくなります。

見えている成長期の毛は全体の約20~30%のため、生え変わりのサイクルをずらしながら、脱毛を進める必要があります。

脱毛の回数が増えるほど、毛の生えるペースが遅くなるため、初めのころよりも通うペースを空けて設定しているクリニックも多いです。

カウンセリングで質問をすれば、大体の通えるペースを教えてくれるので、目安として確認しておきましょう。

VIO医療脱毛のおすすめクリニック5選

今回解説したクリニックの選び方を基準に、VIO医療脱毛におすすめなクリニックを5つ厳選しました。

VIO医療脱毛のプランの比較

クリニック VIO5回料金 麻酔代 シェービング代 キャンセル料 5回の脱毛期間
(通えるペース)
レジーナ
クリニック
92,400円 無料
(麻酔クリーム)
無料※1 無料※2
(前々日の20時まで)
最短8ヵ月
(1ヵ月半~2ヵ月間隔)
リゼ
クリニック
99,800円
(月々3,100円)
3,300円
(麻酔クリーム・笑気麻酔)
無料※1 無料※2
(予約時間の3時間前まで)
最短約10ヵ月
(2~4ヶ月間隔)
湘南美容
クリニック
54,000円/6回 2,000円~2,200円
(麻酔クリーム・笑気麻酔)
10分無料 無料
(2日前の23時まで。
以降3,000円)
最短約8ヵ月
(2ヵ月以上間隔)
椿
クリニック
74,800円 2420円
(麻酔クリーム)
無料※1 無料※2
(前日18時まで)
最短8ヵ月
(1~2ヵ月間隔)
東京中央美容外科
TCB
92,400円
(月々4,200円)
2,700円
(麻酔クリーム)
3,060円 なし 最短5ヵ月
(1ヵ月間隔)

※1 手の届きにくい部位の剃り残しのみ無料。剃り残しが多いと施術できないこともあります。
※2 無料期限以降のキャンセルは、施術1回分消化。

厳選した5院は、VIOの脱毛に適した脱毛機を導入しているクリニックです。
その他、特徴別におすすめクリニックをまとめたものがこちらです。

特徴別おすすめクリニック

  • 痛み対策の手厚さ:レジーナクリニック・リゼクリニック
  • 安さ重視:湘南美容クリニック・椿クリニック
  • 短期間の脱毛なら:TCB東京中央美容外科

クリニックごとに料金プランやオプションの内容は異なるので、順に詳しく紹介します。

レジーナクリニック

https://reginaclinic.jp/

引用元:公式サイト

レジーナクリニックのポイント

  • 蓄熱式ダイオードレーザーを導入で痛みが少ない
  • 麻酔クリームが無料で痛みを軽減
  • 5回の脱毛コースが最短8ヵ月

レジーナクリニックの料金

VIO脱毛 料金
5回 92,400円
追加1回 23,100円

レジーナクリニックは、蓄熱式ダイオードレーザーである「ソプラノアイスプラチナム」「ソプラノチタニウム」を導入しています。

3つの波長を同時に照射できるので、VIOに生えた根深い毛や少し細い毛など、幅広い毛質や肌質に対応が可能です。
照射口には冷却装置が付いており、照射しながら冷却ができるので、痛みを緩和させつつスピーディーに脱毛ができます。

施術のスピードだけでなく、脱毛期間も5回の脱毛で最短8ヶ月ほどと早いため、効率的に脱毛が可能です。

また痛みを感じやすいVIO脱毛には嬉しい「麻酔クリーム無料」のサービスもあります。
麻酔代がかからなければ、脱毛料金だけで脱毛ができるので、費用と痛みどちらも抑えたい!という人はレジーナクリニックでVIO脱毛を始めましょう!

\麻酔クリーム無料で痛みを緩和/

リゼクリニック

リゼクリニック

引用元:公式サイト

リゼクリニックのポイント

    • 4種類の脱毛機を使い分けて脱毛に効果的
    • 麻酔クリームと笑気麻酔完備
  • 分割なら月々3,100円で脱毛が始められる

リゼクリニックの料金

VIO脱毛 料金
5回 99,800円
(月々3,100円)
追加1回 16,800円

リゼクリニックは脱毛専門店の知識と経験を元に、部位や毛質に合わせて、4種類の脱毛機を使い分けてくれます。
痛みの少ない脱毛機を豊富に揃えており、麻酔クリームと笑気麻酔もあるので、痛みが不安な人でも安心です。

その他に、リゼクリニックはキャンセルが予約時間の3時間前まで無料のため、生理不順で急な生理が来てしまったとしても対応が可能です。

手厚いサポートが特徴のリゼクリニックは、分割払いなら月々3,100円とお手頃価格でVIO脱毛が始められます。

「しっかり脱毛はしたけどお金がない」という人は、まずは無料カウンセリングで料金のシュミレーションをして相談をしましょう。

\月々3,100円でVIO脱毛を始める/

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

引用元:公式サイト

湘南美容クリニックのポイント

  • VIO脱毛が1回9,800円!
  • 麻酔クリームと笑気麻酔が使用可能
  • 10分間無料のシェービングサービスあり

湘南美容クリニックの料金

VIO脱毛 料金
1回 9,800円
6回 54,000円

湘南美容クリニックは、料金が相場よりもかなり安く、6回の脱毛が54,000円で脱毛ができます。

麻酔クリームや笑気麻酔が利用できるので、必要があればオプションで麻酔を使って痛みを軽減させましょう。
VIOの脱毛料金が安いので、毎回2,200円の麻酔代を付けても総額67,200円と相場よりも安く脱毛ができますよ。

また剃りにくいVIOの脱毛には嬉しい10分間シェービング無料サービスがあるので、剃り残しがあっても安心です。

麻酔を使っても痛みが我慢できないかもしれないと不安を感じる人は、1回だけお試しでVIO脱毛をするのも一つの方法です。
湘南美容クリニックなら、1回9,800円でVIOが脱毛できるので、脱毛が継続できそうか体験して確認しましょう。

\VIO脱毛が1回9,800円/

椿クリニック

椿クリニック

引用元:公式サイト

椿クリニックのポイント

  • VIO脱毛が初回1回10,780円
  • VIO5回の料金が相場よりも安い
  • 痛みの少ない蓄熱式ダイオードレーザー採用

椿クリニックの料金

VIO脱毛 料金
初回1回限定 10,780円
5回 74,800円
8回 110,000円

椿クリニックはVIO脱毛の料金が、相場よりも安いクリニックです。
5回と8回のプランがあるので、つるつる肌を目指したい人にもおすすめです。

椿クリニックは初回限定で、Vライン3回かVIO脱毛セット1回のどちらかが、10,780円で受けられるプランがあります。
「回数の変化をチェックしたい」「全部位の痛みを確認したい」など、好みに合わせてコースを選んでくださいね。

はじめてVIO脱毛をする人や、VIO脱毛を体験してから継続するか決めたいという人は、選べるVIO脱毛からチャレンジしましょう。

\VIO脱毛が初回限定10,780円!/

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科

引用元:公式サイト

TCB東京中央美容外科のポイント

  • 約1ヵ月ペースで通えて最短5ヵ月でコース完了
  • 2種類の蓄熱式脱毛機ありで痛みを軽減
  • 表面麻酔や笑気麻酔・麻酔注射といった麻酔の種類が豊富

TCB東京中央美容外科の料金

VIO脱毛 料金
5回 92,400円
(月々4,200円)
8回 139,100円

TCB東京中央美容外科では、最短1ヵ月のペースで脱毛に通えるので、短期間で脱毛コースが完了できるクリニックです。
3つの波長を同時に出せる脱毛機や、産毛にもアプローチできる脱毛機を導入しています。

VIOにも太い毛から細い毛まで様々な毛が生えているので、幅広い毛に同時にアプローチができるのが特徴です。

麻酔は表面麻酔や笑気麻酔・麻酔注射といった種類が豊富なので、体に合った麻酔を医師と相談して選べますよ。

TCB東京中央美容外科では無料のテスト照射もできるので、痛みが気なる人や麻酔を使用するか迷っている人は、テスト照射で痛みをチェックしましょう。

\最短5ヵ月で5回のコースが完了!/

VIOを医療脱毛するメリットデメリット

VIOの医療脱毛をすると、さまざまなメリットが得られます。
しかしその反面、デメリットも存在します。

脱毛を決めた時は気持ちも高ぶっているので、脱毛をはじめてよかったと感じていても、後から脱毛しなければよかったと思うこともあるかもしれません。

そこでVIO脱毛を後悔しないために「VIOを医療脱毛するメリットとデメリット」を両方紹介します。
脱毛を始めようと考えている人は、1度チェックしておきましょう。

VIO医療脱毛のメリット

VIOを医療脱毛することで得られるメリットは3つあります。

VIOの医療脱毛をするメリット

  • チクチク感がなくなる
  • 自己処理をする手間がなくなる
  • 清潔な状態を保てる

まずVIOを医療脱毛すると、毛が生えなくなるので自己処理後に感じていたVIOのチクチク感がなくなります。
自己処理の必要がなくなるので、時間をかけてシェービングをする手間や費用もかかりません

ムダ毛がなくなると、おりものや生理中の経血が絡まって残ることもないので、衛生面でも清潔な状態を保てるのが大きなメリットです。

VIO医療脱毛のデメリット

VIOの医療脱毛はメリットが非常に多いですが、デメリットもあります。

VIOの医療脱毛をするデメリット

  • 一度脱毛をすると戻せない
  • 痛みを感じやすい
  • 脱毛する時が恥ずかしい

クリニックでVIOの脱毛をすると、毛が生えなくなってしまうので、1度脱毛をすると元の形には戻せません
ナチュラルな形を選べば後悔することは少ないと思いますが、全処理(ハイジニーナ)の状態にする場合は、よく考えて脱毛しましょう。

その他のデメリットとしては、脱毛初期は特に痛みを感じやすかったり、施術中恥ずかしいといった点です。
しかし脱毛の施術回数が増えてくると、ムダ毛の量が減り痛みも少なくなります。
医療脱毛なら麻酔の利用もできるので、どうしても痛い場合は麻酔を使いましょう。

施術中の恥ずかしさもだんだんとなくなってくるので、初めのうちは我慢が必要かもしれません。

VIO脱毛前の準備と備え

VIO脱毛のクリニックが決まっていよいよ脱毛開始!となったとしても、それで終わりではありません。
VIOの医療脱毛は「形が変えられない」「痛みを感じやすい」といったデメリットがあるため、事前準備と備えが非常に重要です。

クリニックで悩まないためにも、クリニックを決める前から施術前日までにやっておきたい、VIO脱毛の準備について解説します。

準備と備えがきちんとしていれば、焦りや後悔も少なくなるはずなので、余裕をもって準備を始めましょう。

VIOの形を決める

まずはVIO脱毛を始める前に、VIOの形を決めましょう。
VIO脱毛で人気のある形は以下の通りです。

アンダーヘアの人気の形

  • 1位 逆三角形
  • 2位 スクエア型 (逆三角形よりも少し小さい台形)
  • 3位 全処理(ハイジニーナ)

参照:ミュゼプラチナム公式

形を整えて自然な状態にする「逆三角形」が一番人気の形です。
次に生理の時に手入れしやすいよう、スクエア型や全処理(ハイジニーナ)にする人も多いです。

その他にも女性らしいたまご型や、I型といった形も人気があるので、好みの形をいろいろ探してみてください。

脱毛前に自己処理をしておく

シェービング後は肌に赤みが出る可能性があるため、施術の前日までにVIOの自己処理をしましょう。

VIOの正しい自己処理方法

  • 1

    VIOを清潔な状態にする

  • 2

    電気シェーバーで毛並みに沿って丁寧にシェービングする

  • 3

    見にくいIやOラインは鏡で見ながら慎重にシェービングをする

  • 4

    自己処理後は必ず保湿をする

カミソリでは肌を傷つけやすいので、シェービングをする時は、必ず電気シェーバーでしてください。
シェービングをした後は、肌トラブルが起こらないよう化粧水やジェルで保湿をしましょう。

脱毛後には保湿ケアをする

クリニックやサロンでの脱毛が終わった後も、自己処理後と同様に保湿をしてください。

脱毛時の痛みを和らげる方法としても保湿は有効なので、日ごろからケアを心がけましょう。

保湿するものは普段使っている化粧水やVIO専用の保湿剤の他に、水分を逃さないよう油分のあるクリームで蓋をするとよいです。

VIO医療脱毛で気になる疑問Q&A

VIOに関しては、なかなか人に相談しずらいですよね。

次にVIOの医療脱毛に関する疑問を解決します。
予約をして施術に行ったら、実は脱毛ができなかった!ということがないように、事前にチェックしておきましょう。

脱毛できる範囲や、生理中脱毛ができるのかどうか知りたい人も、参考にしてください。

粘膜の際まで脱毛できる?

クリニックやサロンによって対応は異なりますが、基本粘膜部分(尿道、膣)には毛が生えないため、照射はできません

しかし毛の生えている粘膜のキワまでは、医療脱毛なら脱毛が可能です。
色素沈着の度合いによっては脱毛できないこともあるため、気になる人はクリニックで相談しておきましょう。

脱毛サロンの場合は、粘膜のキワまで脱毛できないことも多いです。
つるつる肌を目指したい場合はどこまで脱毛できるかチェックしておきましょう。

生理期間中は脱毛できるのか?

生理中は衛生面と関係から脱毛を断られることも多いです。

しかしお店によっては、タンポンを挿入した状態であれば脱毛できることもあります。
フレイアクリニックや湘南美容クリニックタンポンを使えばVIOの照射が可能です。

ただ生理期間中は肌がデリケートな状態なので、脱毛すると肌荒れを起こしてしまう可能性が高くなります。
出来ればVIOの施術と生理が被らないよう予定を調整してください。

生理不順で施術と被ってしまう場合

生理不順でどうしても施術の日と被ってしまう可能性がある場合は、キャンセル料が無料のお店を選んだり、タンポンを挿入して脱毛できる店舗を選びましょう

タンポンを使用して脱毛する可能性がある場合は、日ごろから保湿をして肌を健康な状態に整えておきましょう。

施術するのは女性ですか?

カウンセリングは男性医師が担当する店舗もありますが、大手の脱毛クリニックやサロンの施術は女性が担当します。
VIO脱毛に限らず全身を女性が施術するので安心してください。

しかし個人の経営する店舗では、例外がある可能性もあるので、事前に確認をしておきましょう。

カウンセリングも女性医師がいい人は、カウンセリング前に電話やネットでチェックをしておくと安心です。

安心して通えるクリニックを見つけましょう

VIOは普段人に見せる部位ではないので、脱毛をしようと思っても不安になりますよね。
しかしクリニックのスタッフは経験が豊富なので、丁寧に施術をしてくれます。

質問にも丁寧に答えてくれるはずなので、気になることは確認をしておいてください。

デリケートな部位だからこそ、料金の安さだけでなく、「きちんと脱毛できるのか」「安心して通えるのか」といったことも比較しながら、ここなら通えそう!と思えるクリニックを見つけてくださいね。