【投資初心者向け】物件で選ぶ不動産投資の3種類|あなたに最適の物件は?
2020年10月01日

【投資初心者向け】物件で選ぶ不動産投資の3種類|あなたに最適の物件は?

  • 人気記事
  • 不動産投資
  • 初心者
  • メリット・デメリット
目次

今回は、不動産投資で人気のある「アパート投資」「ワンルーム投資」「戸建投資」の3種類の投資方法についてご紹介します。それぞれの特徴とメリットやデメリットを理解し、長期的な視点から、自分に合った不動産投資を選びましょう。

1.リスクはあるが高収益の「アパート投資」とは

リスクはあるが高収益の「アパート投資」とは

アパート投資とは、アパートを購入して賃貸し、賃貸収入を得る投資方法になります。

一般的に、居住者の賃貸収入は物件購入時に設定したローンの返済にあてられます。
ローンが完済すると、家賃から必要経費を差し引いた額が収入となるため、将来の年金に代わる資産を形成できるメリットがあります。

1-1.アパート投資のメリット

アパート投資では、新築物件・中古物件を問わず、投資対象となるアパートの⼟地も含めて⼀棟を丸ごと購⼊します。結果、⼀棟全てが⾃分の所有物になり、建物の修繕や建て替えといった決定を⾃分⼀⼈の裁量で決められるようになります。

  • 高い利回りと良好なキャッシュフロー
  • 部屋が複数あるので、収入ゼロのリスクを抑えることができます
  • 土地と建物全体を所有しているため、建物が古くなっても資産価値は変わりません
  • 節税対策

1-2.アパート投資のデメリット

  • 流動性が低いため、長期的な投資が必要になります
  • 融資額が高く審査が難しい場合があります
  • 劣化や災害により建物の価値が下がると、修繕費用が増加します。

2.簡単に始められる「ワンルーム投資」とは

簡単に始められる「ワンルーム投資」とは

ワンルーム投資とは、1室を購入・賃貸し、賃貸収入を得る投資方法になります。
比較的安い金額で不動産投資をはじめられるので、不動産投資を始めたい初心者や、サラリーマンで副業として不動産投資を始めたい人の間で非常に人気があります。

2-1.ワンルーム投資のメリット

ワンルーム投資のメリットは、初期投資が少なく、年収が高くなくても、投資マンションやマンション全体に比べ着手しやすいことです。
実際、年収は300万台で区分投資に挑戦する例は数多くあります。

  • 少ない資金源でワンルーム投資が開始できる
  • 需要が高ければ安定した賃貸収入が期待できる
  • 減価償却費のため、税の節約になります
  • 投資ローンを完済することで、将来の生活に備えになります
  • 相続対策になる

2-2.ワンルーム投資のデメリット

  • 家賃収入と経費とのバランスを常に考慮する必要がある
  • 利回りが低く、短期のキャッシュフローが悪い。
  • 建物の修理や再建は、組合を管理する株主総会で決定されます。

3.安定した収入を得られる「戸建投資」とは

安定した収入を得られる「戸建投資」とは

戸建投資とは、一戸建てを購入し、第三者に貸し出す投資方法です。戸建投資の中でも一戸建て住宅への需要が高く、入居者が長生きする傾向があるため、長期的には安定した収入が見込めます。もちろん、部屋が空いていると収入が減るので、周囲の環境、間取りや広さをよく確認してから購入する必要があります。

3-1.戸建投資のメリット

戸建投資は、初期投資費用を含めても少額で始められ、建物が老朽化しても土地は残るのでコインランドリーや駐車場として運用することもできます。 また、リノベーションなどによって物件の価値をあげ、利回りを高くすることもできます。

  • 地域によっては高い利回りが期待できるので少額で始められる
  • 入居期間が長いため長期的に安定した収入が得られる
  • リノベーションの幅が広いのでいろんな要望に対応しやすい
  • メンテナンスのコストを節約できる

3-2.戸建投資のデメリット

  • 収益化するまでに時間がかかる
  • 条件が悪い場合は空室時間が長くなる
  • リフォーム工事は高価になる可能性がある

4.「新築VS中古」で儲かるのは!?

「新築VS中古」で儲かるのは!?

4-1.新築は価格は高いが需要も多く、融資も受けやすい

新築のメリットは、部屋が新しく、設備が最も進んでいるため、多くの人が引っ越しを望み、空室率が非常に低いことが多いことです。

また、将来の賃貸収入が見込めると評価された場合には、「頭金なし」という形で全額貸付を行うことが可能です。
一方、不利な点は、購入価格が高くなり、利回りが低くなる傾向があることです。

4-1.中古はローンで不利な半面、安価で立地や利回りがいい

部屋や設備が古いので、入居者は新築の人より少なく、空室になる可能性が高くなります。
また、新築物件に比べ格付けが低いため、融資を受けることが困難です。

建物の点検や購入が適切ではない場合、メンテナンス費用が発生することがありますが、最近では一部の金融機関が45年以内の不動産投資ローンを提供し始めており、ローンのデメリットは減少しているようです。
中古のメリットは、立地が何よりも優れています。マンションなど物件は立地の良い場所から順番に建つ傾向があるため、新築よりも優れた立地にある中古物件のメリットは非常に大きいと言えます。
また、購入価格が新築住宅の価格よりも低いため、利回りが高くなることもメリットです。

5.まとめ

あなたに最適の物件は見つかりましたか?

不動産投資には多くのメリットがありますが、当然リスクが伴います。

少額な投資であっても、実際に様々な業務を行うことができるので、不動産投資の雰囲気を理解することができます。

また、経験と実績が豊富な不動産投資会社が主催する不動産投資セミナーなどに参加して、ノウハウを学ぶ事も大切です。
今後、不動産投資の経験を積み慣れてきたら、もっと大きな投資に挑戦していきましょう。