不動産投資のワンルームマンション投資でなぜ失敗するのか
2020年10月01日

不動産投資のワンルームマンション投資でなぜ失敗するのか

  • 不動産投資
  • ワンルームマンション投資
  • 初心者
目次

これから不動産投資を始めようと考えている方のために、ワンルームマンション投資にどのような魅力あり、メリットとデメリットについて解説します。

また、不動産投資の中で人気のワンルームマンション投資ですが失敗する場合も多く、その回避策についてもご紹介します。

1.ワンルームマンション投資とは?

不動産投資とは?

ワンルームマンション投資とは、多額の資金を必要とするアパート1棟投資やマンション1棟投資、戸建て投資とは違い、マンションのワンルームを少額で購入して、入居者から家賃収入を得る不動産投資の方法になります。

2.ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資のメリット

ここでは、ワンルームマンション投資ならではのメリットをいくつかご紹介します。

2-1.投資金額を抑えられる

エリアや建物の築年数にもよりますが、比較的安価な不動産投資から始めることができますし、ローンを組む場合、投資金額が少ないのでリスクも下がります。

2-2.節税対策になる。

不動産に投資する場合、減価償却費は支出とみなすことができるため、節税対策として期待できます。また、減価償却資産は物件の構造によって償却率が変わるので確認する必要があります。

2-3.流動性が高い

ワンルームマンションの特徴として、立地が良いなど需要がある物件が多いので売却しやすい不動産投資といえます。売却の手続きには時間がかかるので事前に計画することが大切です。

2-4.物件の管理は管理会社に委託できる

不動産投資において、物件管理が不十分な物件は入居率を下げる要因になるので、時間のないオーナーにとっては、物件管理を管理会社に委託できるのは助かります。

3.ワンルームマンション投資でなぜ失敗するのか

ワンルームマンション投資のデメリット

ここでは、ワンルームマンション投資が失敗してしまうリスクについてご紹介します。

3-1.大きな家賃収入は見込めない

少額で不動産投資をはじめることはできますが、1棟購入や戸建てに比べて家賃収入は少なくなります。

ワンルームマンション投資の平均収益を目安に物件を選びましょう。

3-2.空室リスク

空室リスクとは、物件の立地が悪いなどの理由から空室になり、家賃収入が得られないリスクです。
家賃収入が見込めない月は、他の資金源からローンを返済する必要があります。

長期的な需要が見込まれる地域で物件を選ぶことが大切です

3-3.家賃滞納リスク

家賃滞納リスクとは、入居者が家賃を滞納するリスクです。
滞納が何ヶ月も続けば、想定した利回りが実現しないばかりか、ローン返済 計画にも影響してきます。

管理会社に家賃の立替払いしてもらうか、入居審査を厳しくする

3-4.家賃下落リスク

家賃下落リスクとは、経年劣化や周辺環境の変化などで、家賃を下げないと入居者付けが難しくなってくるリスクです。

立地・利便性が良い、人気のある物件を選ぶ

3-5.火災リスク

火災リスクとは、火災によって建物に被害が及ぶリスクです。

オーナーと入居者ともに火災保険に加入する

10.まとめ

ワンルームマンション投資は、少額な資金で不動産投資ができることが最大のメリットです。
空室リスク対策や購入時の利回りの計算などはしっかりと行えば、安定した収入を得られることができます。

ただし、空室、家賃滞納、家賃下落、災害などのリスクや、ローン返済のほかにも、管理費や修繕積立金なども発生するので事前の準備と回避策が大切です。

これからワンルームマンション投資を始める人で不安がある方は、不動産投資会社の専門家に相談してみましょう。