アフターコロナが不動産投資に与える影響とは?
2020年10月01日

アフターコロナが不動産投資に与える影響とは?

  • 人気記事
  • 不動産投資
  • アフターコロナ
目次

新型コロナウイルスの影響でテレワークの普及や飲食店などの閉店が進み、オフィスとテナントビルの空室が増加しています。

不動産投資は、賃貸需要が減れると賃貸収入と売却益に影響がでてしまいます。

この記事では、アフターコロナでは不動産投資がどのような影響があるのか、どのような対策があるのか解説します。

1.新型コロナウィルスの影響について

新型コロナウィルスの影響について

新型コロナの感染拡大は、不動産投資にどのような影響を与えるのか。 民間の市場調査によると「不動産価格は今後下がる」と回答した投資家が多いなか、約7割強が新規投資に積極的なようです。

一方で、資産の売却や投資をやめたと回答したの投資家は2割ほどで、コロナの 第2波、第3波を警戒しながら不動産投資を続ける投資家が多いようです。

2.アフターコロナと不動産投資

ワンルームマンション投資のメリット

新型コロナウィルスの拡大からアフターコロナという言葉をよく聞くようになりました。
ここでは、アフターコロナと不動産投資の関係について解説します。

2-1.アフターコロナとは

コロナ禍で、リモートワークが広がり、ソーシャルディスタンスが前提となる新しい生活様式広まり、社会の基本的な構造に変化が起きた状況です。

2-2.不動産投資への影響

コロナの影響により、リモートワークを実施する企業が増加傾向にあり、オフィスビルの需要が減り、通販需要が高まり物流施設へ投資を切り替える投資家もいるようです。
また、賃貸住宅の需要には影響は少ないという見方があるようです。

2-3.不動産投資ローンの融資

コロナが原因で、緊急性の高い融資が優先されることから不動産投資ローンの手続きに時間を要することはありますが、個人が不動産投資ローンを受けられなくなることは、現状ないようです。

2-4.マンションなど賃貸住宅の需要

アフターコロナにより、テレワークを実施する企業が増え、オフィスビルの需要が減るという見方がある中で、賃貸住宅への関心が高まっている傾向にあります。

また、物件を選ぶ条件にアクセスの利便性を求められますが、テレワークの普及により優先順位下がり、都心へのアクセスが不便だった物件が満室になった例もあるそうです。

3.今後の不動産投資について

今後の不動産投資について

アフターコロナでは、新しい生活様式に変化することを想定して、不動産投資をすることが大切です。
ここでは、アフターコロナで安定した収益を得るために不動産投資で新たに気をつけることを解説します。

3-1.新しい生活様式に合わせた慎重な物件選び

テレワークにより、ビジネスオフィスの需要が低くなりましたが、住居は必需なのでマンション投資などは不景気であっても安定性が高い不動産になります。

また、新しい生活様式より、プライベートをもっと充実したいと願う入居者も増える傾向にあるので、アクセス環境が悪くとも入居率があがることも期待されます。

マンション投資など居住用不動産を選ぶ。

3-2.不動産投資リスクを最小限に抑える

不動産投資のリスクを抑える方法として、分散投資があります。
投資金額を分散することにより、一部の投資に問題が起きたとしても全体に与える影響を抑え、安定的な運用をすることができます。

分散投資を行い、不動産投資リスクを抑える。

10.まとめ

アフターコロナでは、目まぐるしく変化する社会構造を注視し、不動産市場の状況を確認することが大切です。
また、新しい生活様式が増加することで人気の不動産物件の定義も変わっていくことも想定されます。

これから不動産投資を始める人で不安がある方は、不動産投資会社の専門家に相談してみましょう。