【2021年最新】ハウスメーカーのおすすめランキング10社|坪単価や失敗しない選び方、住宅展示場の使い方

ハウスメーカーおすすめ_サムネイル ハウスメーカー

おすすめのハウスメーカーは?

ハウスメーカーの選び方を教えて欲しい。

家を建てるにあたってハウスメーカー選びで迷っていませんか?

どうやってハウスメーカーを選べば良いのか分からず、なかなか進まないなんていう経験はありませんか?

この記事では、家を建てるために必要なハウスメーカーの選び方や、おすすめのハウスメーカーのご紹介をしていきます。

また、住宅展示場の上手な使い方などもご紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読んで一緒に理想の家づくりをしましょう!

おすすめのハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーおすすめ_ハウスメーカーの選び方

「ハウスメーカーで家を建てよう!」と決めても、いざ調べてみると会社の種類が多すぎてなかなか決められない方がほとんどです。

ハウスメーカーにはそれぞれの特徴がありますので、あなたに合ったハウスメーカーを選ぶことが大切になってきます。

ここからは、順番にハウスメーカーのおすすめの選び方をご紹介していきます。

【ハウスメーカーの選び方】
①予算と決める
②工法や構造で決める
③住宅の機能・デザインで決める
④担当者で決める

おすすめのハウスメーカーの選び方①:予算を決める

ハウスメーカー選びでまず初めにやるべきことは予算を決めること。

世帯年収や退職金などの収入から、教育費や車の維持費などの様々な支出を引いて、無理なく払うことのできるローンを明確に算出していきます。

住宅ローンの返済額は、一般的には「年収負担率の25%以内」と言われています。

また、住宅ローン借入額の目安は「毎月返済額の340倍」と言われています。

さらに、土地を買って家を建てようとお考えの方は、「土地代」と「工事代金」も購入予算の合計額に含まれることになるので注意が必要です。

中古の住宅を購入してリフォームする場合も「中古住宅の代金」と「リフォーム費用」をしっかりと予算内におさめられるようにしましょう。

おすすめのハウスメーカーの選び方②:工法や構造

ハウスメーカーによって複数の工法が選べる場合もあれば、1つの工法に特化している場合もあります。

ハウスメーカーを選ぶときには、「木造」「鉄筋コンクリート」「鉄骨造」の中でどの工法を選びたいかを明確にしましょう。

木造

木造の住宅は、加工が簡単なので設計の自由度が高く、増改築がしやすいことが特徴です。

また、鉄筋コンクリートや鉄骨造と比べると費用が安く、断熱性に優れていますが、法定耐用年数は22年と短めに設定されています。

鉄筋コンクリート

鉄筋コンクリートの住宅は、腐食しにくいことや熱に強く耐久性に優れていること、遮音性が高いことなどが特徴です。

建設費は高くなりますが、法定耐用年数は47年と長めに設定されています。

鉄骨造

鉄骨造の住宅は、柱が太く頑丈にできているので仕切りのない大きな空間や大きな窓などを作ることができるという特徴があります。

軽量鉄骨造の場合は比較的費用が安く、工期も短期間で済みますが、法定耐用年数は19年と短めです。

重量鉄骨造の場合は法定耐用年数は34年と長めです。

おすすめのハウスメーカーの選び方③:住宅の機能・デザイン

ハウスメーカーを選ぶときに次に考えることは、住宅の機能や性能です。

これから長い時間を過ごしていく家だからこそ、機能やデザインにはこだわりたいですよね。

ハウスメーカーによって、アピールしている機能やデザインは様々です。

ここで一番大事なことは、欲しい機能・デザインの優先順位を決めること

たいていの場合はハウスメーカーの方と何度も打ち合わせをして決めていくので、優先順位を決めた上で細かい要望書を渡せば円滑に進みます。

リビングやキッチン、収納、浴室などの細かい部分までしっかりと話して理想の家を作りましょう。

おすすめのハウスメーカーの選び方④:営業の担当者に対する信頼

ハウスメーカー選びで最後に確認するべきことは、営業の担当者に対する信頼です。

家を建てるときには可能な限り希望をかなえたいものですが、営業担当の方と話づらい雰囲気を感じてしまうと要望を伝えづらかったり、最後まで信頼して任せることができなくなったりしてしまいます。

また、住宅建築に関する知識の豊富さや要望を正しく理解する力も重要となってくるので、しっかりと見定めるようにしましょう。

もし担当の方が合わないと感じたら、お店に伝えて担当の方を変更してもらうことが大事です。

おすすめのハウスメーカーランキング10選

ここからは、様々な特徴やポイントから見たおすすめのハウスメーカーをランキング形式にしてご紹介していきます。

建築様式から価格、デザインなど読者様の視点によりそって細かく分析しました。
是非ハウスメーカー選びの参考にしてみてください。

おすすめのハウスメーカー①:積水ハウス

ハウスメーカーおすすめ_積水ハウス

積水ハウスは、ハイグレードな住宅がメインとなっていて、木造建築と鉄骨建築の両方に対応しているハウスメーカーです。

鉄骨では、強度が高く設計の自由度も高い「ダイナミックフレームシステム」が採用されていて、地震の際にエネルギーを吸収してくれる「シーカス」という構造が使用されています。

木造では、非常に強度が高く積水ハウス独自の技術である「シャーウッド構法」が使用されています。

会社の規模や安定性を重視したい方にはおすすめです。

工法 木造、鉄骨
坪単価(万円) 74〜133
保証 30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー②:三井ホーム

ハウスメーカーおすすめ_三井ホーム

三井ホームは、ハイグレードな木造建築を専任のスタッフと一緒に設計していくハウスメーカーです。

西洋のクラシックスタイルのデザイン住宅を提案しているので、エレガントなタイプを好む方にはおすすめです。

また、「プレミアム・モノコック構法」という独自の技術を採用していて、非常に耐久性にすぐれているのも特徴です。

工法 木造
坪単価(万円) 50〜98
保証 最大30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー③:ダイワハウス

ハウスメーカーおすすめ_大和ハウス

ダイワハウスは、ハイグレードな木造建築と鉄骨造建築が特徴のハウスメーカーです。
メインの商品である「xevoシリーズ」は耐震性と耐熱性に非常に優れています

また、高い天井をもつ大きな空間も特徴的で、初期保障が最大で30年というのは比較的長いものとなっています。

お手頃な価格からハイグレードな価格までそろっているので、多くの方におすすめのハウスメーカーです。

工法 木造、鉄骨
坪単価(万円) 53〜196
保証 30年間
施工地域 全国

おすすめのハウスメーカー④:セキスイハイム

ハウスメーカーおすすめ_セキスイハイム

セキスイハイムは、ハイグレードな鉄骨住宅が人気で、性能が高く間取りの自由度も高いハウスメーカーです。

鉄骨工法では接合部をより強固にするために「ボックスラーメン構造」を採用し、耐震・耐久性にすぐれたものとなっています。

また、省エネ・創エネという特徴もあり、ソーラーパネルと蓄電システムを用いることで、昼夜ともに電気の自給自足を目指すことができます。

住宅の性能を充実させたまま、自由に間取りを設計できるところもすぐれた特徴の1つと言えます。

幅広い年代の方におすすめのハウスメーカーです。

工法 木造、鉄骨
坪単価(万円) 60〜90
保証 定期点検2年間無料
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー⑤:ミサワホーム

ハウスメーカーおすすめ_ミサワホーム

ミサワホームは、木造建築と鉄骨建築に加えて鉄筋コンクリートの建築もあります。

地震の際にエネルギーを吸収し、建物に対する影響を減らす効果のある「MGEO」という技術が採用されていることや、省エネのために尽力しゼロ・エネルギー評定制度の第1号を受け取ったことも特徴です。

加えて、内装に木材を再生して使用した「M-Wood」を取り入れていて、本物の木そのままの質感を残しています

価格帯は細かく設定されているので、木材の系統で家を建てたい方には大変おすすめのハウスメーカーです。

工法 木造、鉄骨、
鉄筋コンクリート
坪単価(万円) 65〜90
保証 30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー⑥:一条工務店

ハウスメーカーおすすめ_一条工務店

一条工務店は、性能にとことんこだわった木造建築が特徴で、「家は、性能」をモットーとしたハウスメーカーです。

先ほどのテーマに取り上げたモデルハウスにおいても、一条工務店は標準仕様で取り扱っているので、見学するときに大変ありがたいものとなっています。

デザインに関しては、モダンや西洋のスタイル伝統的な和風スタイルなど様々な種類が用意されています。

「SAISON」という本物の煉瓦を使っている洋館シリーズは大変人気です。

落ち着いた空間で暮らしたい方二は大変おすすめのハウスメーカーです。

工法 木造
坪単価(万円) 45〜87
保証 最大30年間
施工地域 全国(沖縄を除く)

おすすめのハウスメーカー⑦:へーベルハウス

ハウスメーカーおすすめ_へーベルハウス

へーベルハウスは、主に鉄骨造におけるハイグレードな建築を扱っているハウスメーカーです。

耐用年数はなんと60年以上あり、初期保障30年、無料点検は60年も実施されます。
また、「ハイパワード制震ALC構造」と呼ばれる耐震構造を使用していて、耐久制にも大変すぐれています。

モダンなデザインは内と外のつながりを意識したものとなっていて、子育て世代の方々にもおすすめのハウスメーカーです。

工法 主に鉄骨
坪単価(万円) 65〜100
保証 最大30年間
施工地域 関東〜九州の一部

おすすめのハウスメーカー⑧:アキュラホーム

ハウスメーカーおすすめ_アキュラホーム

アキュラホームは、ローコストな木造建築を採用しているハウスメーカーです。

高い品質を保ちながらもリーズナブルな価格設定となっていて、耐震や耐久性の点からも評価が高く、長期優良住宅の基準もクリアしています。

シリーズ化されている住宅は、目的にあわせて作られているので子育て世代に人気のあるハウスメーカーにもなっています。

また、アフターサービスに対する評価も非常に高く、おすすめのハウスメーカーです。

工法 木造
坪単価(万円) 40〜88
保証 最大35年間
施工地域 関東〜関西の一部

おすすめのハウスメーカー⑨:スウェーデンハウス

ハウスメーカーおすすめ_スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは、北ヨーロッパ系の木造建築を提供するハウスメーカーです。

丈夫さと高性能が合わさった設計が特徴で、「100年住み継いでいく家。高気密・高断熱。家族を守る強い家づくり」をコンセプトとしています。

24時間の熱交換型喚起システムに加えて、50年という驚愕のアフターサービスもついています。

長く安心して暮らせる住まいなので幅広い方におすすめのハウスメーカーです。

工法 木造
坪単価(万円) 70〜100
保証 10年間
施工地域 北海道〜九州の一部

おすすめのハウスメーカー⑩:パナソニックホームズ

ハウスメーカーおすすめ_パナソニックホームズ

パナソニックホームズは、鉄骨建築をメインに取り扱っていて、丈夫で暮らしやすい家をつくりだすハウスメーカーです。

間取りを自由に工夫できる点や、ZEHにもしっかりと対応できる点にも特徴があります。
それほど費用を気にせず、希望通りの住宅をつくりたい方におすすめのハウスメーカーです。

工法 鉄骨
坪単価(万円) 60〜130
保証 最大60年間
施工地域 全国(一部を除く)

おすすめの住宅展示場の使い方

ハウスメーカーおすすめ_住宅展示場の使い方

家づくりを思い立った場合に、多くの方は住宅展示場を利用しますよね。

各ハウスメーカーのスタッフや実際の建物を前にして重要となってくることは以下の3点です。

必ずこれらを頭に入れて見学するようにしましょう。

住宅展示場の使い方①:展示場と実物の違いを把握する

たいていの場合、住宅展示場にある建物はそのハウスメーカーの中でも高いグレードで建てられていることが多いです。

住宅展示場に入る際にはこのことを頭の片隅に入れておくようにしましょう。
もちろん、どのような建物を展示物として出すかはハウスメーカーによって異なります。

標準的なレベルのものを多く展示してくれているハウスメーカーもあるので事前に口コミなどを調べてから行くとなお良いと思います。

おすすめの住宅展示場の使い方②:実物を確認する

先ほど述べたように、展示場には各ハウスメーカーの中でグレードの高い建物が多く並びますが、もちろん標準的なレベルのものも展示されています。

壁の内部の構造模型などを展示しているハウスメーカーもあるので、できる限りその場で実物を確認し、普段はなかなか見ることのできない部分にも目を向けるようにしましょう。

おすすめの住宅展示場の使い方③:スタッフに質問する

実は、ハウスメーカーを選ぶときには、住宅展示場でスタッフに質問することが最も重要となります。

ハウスメーカーの方々は家に関するプロフェッショナルです。

住宅展示場に足を運ぶ前に勉強していたとしても、細かい部分には疑問や関心が残ります。

可能な限りその場で解決するようにしましょう。

また、顧客を大切にしているハウスメーカーは、何かトラブルなどが起きた場合にも誠実に対応してくれます。

展示場にいる各ハウスメーカーのスタッフの対応も参考にしてください。

おすすめのハウスメーカー|まとめ

ここまで、おすすめのハウスメーカーについてご紹介してきました。

この記事でご紹介した以外にもたくさんのハウスメーカーがあります。

家づくりで後悔しないためにも、複数のハウスメーカーから慎重に検討しましょう。

色々なハウスメーカーからの提案を受けてみたい!という方は、「タウンライフ」での一括見積もりをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました