ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドカードは、ANA便をよく利用する方や「陸マイラー」と呼ばれる方におすすめの1枚です。入会することでどういったメリットがあるか、気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ANAアメックスゴールドの特典や入会キャンペーン、一般カードから切り替えるメリットなど詳しく解説します。

審査や空港ラウンジについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ANAアメックスゴールドの年会費・還元率は?概要を解説

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドは、ANAグループでカードを使うとポイントが2倍貯まります。つまり還元率は2%です。

さらにANAカードマイルプラス加盟店で使うと、100円につき1マイルが貯まります。普段使いでポイントとマイルがどちらも貯まるのは、ANAアメックスゴールドならではといえるでしょう。

旅行傷害保険もついており海外は最高1億円、国内は最高5,000万円が保障されます。ショッピング保険では国内外問わず、90日以内最高500万円の保障がついています。旅行が好きな方にとっては、強い味方といえるでしょう。

年会費 ポイント 還元率
34,100円(税込) 100円につき1ポイント 1~2%
ブランド 締日・支払日 申し込み条件
アメリカン・エキスプレス 個人により異なる 20歳以上で継続収入がある人

出典:ANAアメックスゴールドカード公式サイト

ANAアメックスゴールドの特典・メリット

男性 カード
ANAアメックスゴールドには多くの特典がありますが、そのなかで代表的なものを5つピックアップしてご紹介します。

ANAアメックスゴールドで受けられる特典
  • マイルが無期限で貯まる
  • 手荷物無料配送
  • エアポート送迎サービス
  • ANASKYコインの獲得
  • 空港ラウンジが使える

無期限でマイルが貯まる

ANAアメックスゴールドではポイントが無期限になり、貯まったポイントはいつでもマイルに交換可能です。そのため大きくポイントを貯めて、一気に希望の航空券に変えられるかもしれません。

一般カードは3年で消失してしまうため、必要マイル数に届かせることは難しいといえるでしょう。

一方、ゴールドではポイントが無期限なので、焦らず目標マイル数まで貯められます。有効期限を気にする必要もなく、旅行をよくする方にとっては大きなメリットになることでしょう。

注意!
ただし、ポイントから変えたマイルには有効期限があります。期限は交換した月から36か月後の月末です。

マイルの交換・貯まり方

マイルの交換は、1,000ポイント単位で可能となっています。交換手数料や上限もなく、貯めたポイントはすべてマイルに交換可能です。入会や更新・ANA便の飛行機を利用した際には、ボーナスマイルが得られます。
ボーナスマイル
  • 入会時2,000マイル
  • 更新時2,000マイル
  • ANA便利用で25%加算
つまりANA便利用時にはたとえば通常2,000マイル貯まるところが、2,500マイル貯まることになります。更新時にもマイルがもらえるので、もち続けるだけでもマイルが貯まっていくことでしょう。

手荷物無料宅配

飛行機

海外旅行からの帰国時にANAアメックスゴールド会員につきひとつ、スーツケースを空港から自宅まで無料配送できます。

利用可能な空港は成田国際空港・羽田空港国際線、中部国際空港・関西国際空港の4つです。

長期間の旅行をした後は、疲れが溜まっているものです。もし普通にスーツケースを配送してもらおうとしたら、ひとつにつきおおよそ1,500円~2,000円程度はかかってしまいます。

そこでスーツケースをひとつでも無料で自宅まで配送してくれたら、かなり助かることでしょう。

エアポート送迎サービス

スーツケース  女性

海外旅行の際に、提携しているタクシー会社を格安で利用できます。メリットは高速料金が発生せず、低額で利用できる点でしょう。

通常のタクシー会社は高速料金を含まなかったり、深夜割増がかかったりする場合があります。しかし送迎サービスのタクシーは、こうした別料金がかからないのです。

出張などが多い方にとっては、空港と自宅を直行直帰できることはメリットが大きいといえるでしょう。

ANASKYコイン獲得

こちらは2020年9月からはじまった特典です。

年間利用金額300万円以上で、ANA SKYコインが1万コイン(≒1万円)もらえます。

食事やANAグループでの利用に限らず、公共料金の支払いにも充当できるのです。

空港ラウンジが使える

ジャンボジェット機

ANAアメックスゴールドをもっていれば国内外の29の空港のラウンジが無料利用できます。

同伴者1名までであれば無料で利用できるので、配偶者や恋人・同僚とふたりであれば、搭乗までの待ち時間を快適に過ごせます。

ほかにもスマートフォンの修理代金を一部補償してくれる特典や、やむを得ず行けなくなってしまったライブのチケットのキャンセル料を補償してくれる特典など、ユニークなものが数多くあることが特徴です。

注意!
ただしANAアメックスゴールドには、プライオリティパスは付帯していません。

ANAアメックスゴールドで使える空港ラウンジ

ANAアメックスゴールド

具体的な空港ラウンジの使い方や特性について、気になる方も多いのではないでしょうか。以下からは空港ラウンジの利用方法と注意点を解説しましょう。

空港ラウンジについて
  • 空港ラウンジの利用方法
  • サービス内容
  • ANAラウンジは使えない点に注意

空港ラウンジの利用方法

ANAアメックスゴールド
対象のラウンジの受付でANAアメックスゴールドカードと搭乗券をみせると利用できます。

チケットレスの場合は、予約画面をみせればOKです。登場する便名と行き先を伝えるところもありますので、確認してみましょう。

注意!
なおラウンジは、ANAアメックスカード保有者であれば利用する権利があるため、ANA以外の搭乗券でも入場できます。

サービス内容

ANAアメックスゴールド
空港ラウンジの細かいサービス内容は場所によって違いますが、主なものは以下のとおりです。

空港ラウンジのサービス内容(例)
  • 無料のドリンクサービス
  • 新聞やマガジン
  • TV
  • WiFi
  • シャワールーム(有料)
  • 喫煙室

場所にもよりますがWi-Fiも使えるので、隙間時間に仕事を進められます。また有料のところがほとんどですが、アルコールが飲める場所もあります。

たとえば、成田空港の「IASS ECTIVE LOUNGE 2」は、一杯目のアルコールは無料です。

2人以降の同伴者は1名につき1,000円~1,500円で利用できるため、たとえば3人で利用する場合はひとり500円程度で利用できます。また子ども(年齢制限は場所による)は、無料~500円で入場できます。

ANAラウンジは使えないことに注意

ストップ 男性
少しややこしい点となりますが、「ANAラウンジ」は ANAアメックスをもっているだけでは利用できません。

ANAラウンジは航空会社が直接運営しているラウンジであり、プレミアムエコノミー以上の搭乗券をもっている方しか利用できません。

ANAラウンジは、空港ラウンジにひけをとらないほどサービスも充実しています。マイルを貯めてビジネスやファーストクラスと交換すれば、ANAラウンジも利用できるようになります。

ANAアメックスゴールドの入会キャンペーン

ANAアメックスゴールドキャンペーン
ANAアメックスゴールドでは、2022年4月5日までの期間限定で最大122,000マイル獲得可能なキャンペーンを実施しています。

マイルを貯めたい方やはじめてANAアメックスをもつ方にとっては、大きなメリットがあるのでぜひ参考にしてください。

公式サイトから申し込みで最大122,000マイル獲得可能

ANAアメックスゴールド

2022年1月現在、公式サイトからの申し込みで120,000マイルがもらえるキャンペーンを実施中です。付与されるマイルやポイントの内訳と条件は、以下のとおりとなります。

※2022年1月19日現在。終了期間は未定です。内容や時期は予告なく変更終了となる場合があります。

入会キャンペーン内訳
  • 入会で2,000マイル
  • 入会後3か月以内に40万円利用で17,000ボーナスポイント
  • 入会後3か月以内に80万円利用で35,000ボーナスポイント
  • 抽選で6,000ボーナスポイント※2022年5月31日までに80万円利用の方が対象
  • 80万円の利用でもらえる通常ポイント8,000ポイント

つまり入会から3か月以内に80万円の利用と抽選で合計120,000マイル相当の還元が受けられるのです。

注意!
上記はメンバーシップ・リワードのポイントを、マイルに移行した場合になります。

ANAアメックスゴールドのインビテーション条件は?

ANAアメックスゴールド

すでにANAアメックスの一般カードをもっている場合は、利用実績に応じてゴールドへのインビテーションがくる場合があります。

以下からはインビテーションがくる条件や、一般カードからゴールドに切り替えるメリットについて解説していきましょう。

インビテーションの条件は公表されていない

ANAアメックスゴールドへのインビテーションを受けられる条件は、公式には発表されていません。

しかし、ネット上の口コミ評判を調べると年間50万円以上の利用と、1年間の保有がインビテーションを受けるひとつの目安とされています。

定期的にコツコツ利用していれば、インビテーションを受けられる可能性は十分です。ANAアメックスゴールドはインビテーションがなくても、新規申し込みという形で申し込みができます。

ANAアメックスゴールドに切り替えるメリット

女性 電話

一般カードからANAアメックスゴールドに切り替えるメリットは、大きくわけて以下の5つがあります。

ゴールドに切り替えるメリット

  1. ポイント以降コース手数料が6,600円(税込)→無料になる
  2. ANAグループ利用時のポイントが1.5倍→2倍になる
  3. フライトボーナスマイルが15%→25%になる
  4. ポイント有効期限が3年→無期限になる
  5. 継続ボーナスマイルが1,000マイル→2,000マイルになる

そのほかにも多くの特典がつきますが、日常生活に深く関わってくるものは上記の5つです。ただし注意が必要なのは年会費です。

一般カードの年会費は7,700円(税込)なのに対し、ゴールドは34,100円(税込)となっています。

ご自身の状況と照らしあわせ、ゴールドの年会費に見合うメリットがあるかどうか確認した方がよいでしょう。

ANAアメックスゴールドの審査基準やデメリットは?

女性 悩む
ANAアメックスゴールドのデメリットについても紹介します。主なデメリットは、以下の3つです。

ANAアメックスゴールドのデメリット
  • 年会費がかかる
  • 審査に通らない可能性がある
  • 電子決済の充実度が低い

年会費がかかる

ペン 

ANAアメックスゴールドの年会費は34,100円(税込)です。年会費は3万円以上かかるので、負担に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

旅行や仕事で飛行機を使う機会が少ない方にとっては、年会費ぶんのメリットを感じにくい可能性もあるでしょう。

審査に通らない可能性がある

ANAアメックスゴールド

ANAアメックスゴールドの申し込み条件は、20歳以上で継続収入がある人のみとなっています。

つまり、主婦や無職の方など収入がない方は申し込めません。

また、未成年の申し込みも不可となっています。18歳以上であれば申し込みできるカードもあるなか、20歳以上からしか申し込めない点はデメリットと言えるかもしれません。

電子決済の充実度が低い

電子決済 マネー

ANAアメックスゴールドは比較的電子決済の種類が限られています

ANAアメックスゴールドでは楽天Edyや・SUICA、PASMOなどの電子決済は利用できますが、ポイントがつきません。

特定の電子決済にこだわりがある方にとっては、あまり向かない可能性もあるでしょう。ただしApplePayには対応しているので、スマホ決済自体は可能です。(Walletには、QuicPayとして登録されます)

ANAアメックスゴールドがおすすめな人

女性 飛行機
最後にANAアメックスカードをもつことがおすすめな人を解説します。申し込む際の目安として、ぜひとも参考にしてください。

飛行機をよく利用する人

まずはなんといっても飛行機を利用する人にはおすすめできます。

ANAグループでの利用でマイルが貯まり、さらに普段使いでたまったポイントはすべてマイルと交換できます。ポイントは期限がないので、計画も立てやすいことでしょう。

また飛行機の搭乗前は、どうしても時間をもて余してしまうものです。そこで空港のラウンジが利用できればリラックスして過ごしたり、ビジネスでの作業ややり取りなどもしやすかったりするなど、時間を有効に使えます。

一回の待ち時間は数時間でも、積み重なれば数十時間にもなります。出張の多いビジネスパーソンであれば、ラウンジで作業をできるだけでも年会費のもとは取れることでしょう。

よく旅行をする人

家族 海岸
ビジネスで出張はしないものの、旅行は多くするという方にもおすすめです。

マイルがたまるのはもちろんのこと、旅行傷害保険もついてくるので万が一のときも安心でしょう。

また手荷物の無料配送サービスは、長期間の旅行やお土産を数多く買った際にもありがたい存在です。疲れた帰路で、荷物なしで移動できる点は大きなメリットとなることでしょう。

マイルがたまればビジネスクラスやファーストクラスの航空券に交換し、いつもの旅行もリッチに移動できます。

まとめ

ANAアメックスゴールドカードは年会費が3万円以上かかるものの、飛行機をよく利用する方であれば年会費以上のメリットを得られる可能性があるカードです。

ポイントの有効期限がない点や送迎・ラウンジサービスなど、さまざまな特典が充実しています。

自身のライフスタイルにあわせて、ぜひともぴったりなカードを選んでいきましょう。

関連記事

 
 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事