カードローン キャッシング

カードローンとキャッシングはイメージが似ているので、違いがわからないという人も多いといいます。またお金が必要なのに足りないときに、どちらを選ぶべきか迷う人もいることでしょう。

そのようなときに備えて、ふたつの特徴の違いを覚えておくことは大切です。今回はそれぞれの意味の違いを紹介しながら、それぞれのメリットやデメリットなどのポイントを解説します。

記事の後半ではカードローンとキャッシング、それぞれにおけるおすすめの金融機関を紹介します。

この記事を読みふたつの違いを認識しながら、正しく使いわけられるようになりましょう。

キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンは似ていますが、厳密には意味が違います。それぞれの違いを把握しておきましょう。

キャッシングとカードローンの違い
  • 2つの違いはクレジットカードが使えるかどうか
  • キャッシングはショッピングと現金両方の借り入れが可能

キャッシングはショッピングと現金両方の借り入れが可能

キャッシングは商品の代金と現金の両方を、借り入れ対象としています。もともとは「お金を借りられるサービス」の総称として使われた言葉です。

代金としてお金を借りるときは、主にクレジットカードを使います。これ自体にお金を借りるキャッシング機能がついていて、限度額の範囲内なら実際に借りて、期限までに口座引き落としなどで返済できるのです。

またカードローンもお金を融資してもらうことで、広い意味ではキャッシングに該当します。以上からキャッシングには、借金という行為全般が当てはまります。

カードローンは現金の借入に特化している

お金を受け取る女性従業員

カードローンが対象とするのは、現金の借り入れだけです。こちらも提供会社が認めた限度額の範囲内でお金を借りられます。キャッシング機能はありません。

しかし現金の借り入れに特化していることで、ATMからの引き出しや利用者の口座への振り込みなど、自由に借金を扱えます。

利用者の申請内容や金融機関の審査によって限度額も異なるので、キャッシングより高額を扱うケースもあります。

カードローンは現金の融資だけが対象ですが、そのぶんさまざまな使い方が可能です。

キャッシングとカードローンの違いはクレジットカードが使えるかどうか

以上をみるとキャッシングとカードローンの違いは、クレジットカードが使えるか使えないかと解釈できます。キャッシングはお金を借りるサービスの総称で、カードローンはその一部にすぎません

クレジットで買い物を済ませるとお金を借りることになり、期限までにすべて返済しなければなりません

カードローンは金融機関が提供した借入額をATMや口座振込によって引き出し、そのぶんは期限までに利息とともに返すしくみです。

キャッシング自体がクレジットの借金と、カードローンによる借金の両方を指しているのです。

カードローンのメリット3つ

以下からはカードローン特有のメリットを、3つ紹介していきます。

3つのメリット
  • 好きなタイミングでお金を借りられる
  • 借りたお金は自由に使える
  • 残高スライド方式なので返済計画を立てやすい

好きなタイミングでお金を借りられる

カードローンはまず、好きなタイミングでお金を借りられることがメリットです。これを扱う金融機関のほとんどは、審査で認めた限度額の範囲内なら、利用者が何度でもお金を借りられるようにしています。

たとえば限度額が100万円なら利用者は最初に50万円だけ借りて、あとから20万円を追加で借りられます。

この場合は残りの30万円を使わなくてもよいように、限度額すべてを実際に引き出す必要もありません利用者は、自身のペースにあわせて借金を扱えます。 

借りたお金は自由に使える

お金

カードローンで借りたお金を自由に使えることもメリットで、用途に制約はありません。買いもの代金の決済という目的が決まっているキャッシングとは違います。

カードローンのお金は生活費やケガの治療代、大切なものを買う代金などさまざまなことに使えます。しかし個人事業主の会社の運転資金のような、事業性のあることには不可の場合もあるので注意が必要です。

それでも借金の用途としては、自由性が高いといえるでしょう。

残高スライド方式なので返済計画を立てやすい

カードローンの特徴として、残高スライド方式があげられます。これは借入金額に応じて、毎月同じ金額を返す方式です。完済のタイミングを見極めやすいため、だれでも返済の見通しをつけられます。

たとえば100万円を借り入れ2年で完済する計画なら、1年で50万円・1か月あたり約4万円返せばよいとわかることでしょう。残高スライド方式は返済計画を組みやすく、便利となっています

カードローンのデメリット3つ

カードローンでは以下の3つのデメリットにも注意しましょう。

3つのデメリット
  • 利用限度額に応じて金利が違う
  • 返済までの時間が長くなってしまうことも
  • 他で借金しているところがあると審査に通過できないことも 

利用限度額に応じて金利が違う

カードローンは利用限度額に応じて金利が変わります。利息制限法では借りられる金額によって、金利上限が以下のように決まっているのです。

借入金額 上限金利
10万円未満 20%
10万円~100万円未満 18%
100万円以上 15%

たとえば50万円を借りる場合、上限金利は100万円を借りたときよりも大きい18%となります。金融機関の多くは上限いっぱいの金利を採用しているので、利用者にとっては思わぬ負担になるでしょう。

100万円以上を借りると金利上限は15%で済みますが、借入額が大きいぶん完済に時間がかかりがちです。

借入金額が低いほど金利が高くなりやすいルールは、利用者に不利ともいえるでしょう。

返済までの時間が長くなってしまうことも

カードローンを使うと、すべての借入金額を返すまでの時間が長くなる可能性もあります。限度額の範囲内なら何度でも借りられ、毎月定額を払っていけばよいというメリットはありますが、返済期間が固定されていません。

そのため利用者は追加の借り入れを繰り返したり期限までの返済に遅れたりして、完済までの時間が長くなるリスクに注意しましょう。

返済計画を決めたら、そのとおりにやり遂げる強い意志が重要になります。

他で借金しているところがあると審査に通過できないことも

カードローンには審査があるため、ほかのところで借金をしていると通過できない可能性があります。金融機関は確実にお金を返してもらうため、管理能力が低い人には貸さないように決めているのです。

ほかで借りているお金を返し終えていないのにあらたに金融機関に借金を申し込むと、「お金に対する責任感が低いのではないか」と疑われるかもしれません。

あらたに申し込むなら、残っている借金を返し終えてからにしましょう。

キャッシングのメリット3つ

以下からはクレジットのキャッシングのメリットを3つ紹介します。

3つのメリット
  • 好きなときに借金可能
  • ほかのローンのような審査が必要ない
  • 海外でもお金を借りられる

好きなときに借金可能

キャッシングのメリットは、カードローンと同じく好きなときにお金を借りられることです。クレジットさえあれば、その場で用意できなかったお金をキャッシングできます。

キャッシング機能を買いものや公共料金の支払いなどで使うと、期限までに返済することで支払いが完了します。銀行口座からの引き落としで返済できるので、手間もかかりません。

お金がほしいときに必要なぶんだけ借りられるのが、キャッシングの利点です。

他のローンのような随時審査が必要ない

キャッシングでは追加の審査が必要ありません。カード発行の段階で、すでに利用者の審査が完了していることが理由です。

随時審査を受ける必要がないので、急ぎの用事でもカードひとつで、ATMからお金を借りられます。カードローンでは融資前に審査を受けなければならないので、ここがカード付帯のキャッシングとの違いといえるでしょう。

随時審査が必要ないことで、お金を借りるための行動をしやすいことがキャッシングのポイントです。

海外でもお金を借りられる

キャッシング機能のおかげで、海外でも借金できます。旅行先で必要なお金が足りないときもしのげることでしょう。

海外では宿泊代や食事代、お土産を買うお金などでなにかと出費が多くなります。そのときにクレジットで決済し期限までならあとから必要なお金を調達できれば問題ありません

クレジットひとつで、海外でも柔軟な消費行動ができるのです。 

キャッシングのデメリット2つ

楽天ゴールドカード

キャッシングもメリットばかりではなく、以下の2つのデメリットに気をつけなければなりません。

2つのデメリット
  • 借り入れの限度額はカードローンより低い
  • カードローンより金利が高い傾向 

借り入れの限度額はカードローンより低い

カードローンとの比較でみると、クレジットカードを使ったキャッシングは、多く借りられません。貸金業法の総量規制により、ここでの限度額が利用者の年収の3分の1と決まっているからです。

一方でカードローンの限度額は、利用者の年収によって決まっていません。たとえばプロミスなら、借入可能額の範囲は1万円~500万円と決まっています。年収が250万円しかなくても、2倍の500万円を借りられる可能性もあるのです。

以上からカード付帯のキャッシング限度枠は限定的とわかることでしょう。

カードローンより金利が高い傾向

クレジットカードを使ったキャッシングは金利が高めです。相場は15%~18%が多くなっています。返済実績を問わず、ひとケタの金利が望めない点が、使っている人にとって重荷になるかもしれません。

たとえば一般のJCBクレジットカードでも、金利は15%~18%です。しかしカードローン業界では、アコムが3%~18%、みずほ銀行なら2%~14%です。

キャッシングの金利は最小値がカードローンよりはるかに高く最大値でも一部の金融機関より高く、高金利傾向につながります。

キャッシングとカードローンの金利の違い

キャッシングとカードローンでは金利が違います。以下の3つのポイントにわけてみていきましょう。

キャッシングとカードローンの金利
  • キャッシングの方が金利が高い傾向
  • カードローンは金利が低く、幅がある
  • キャッシングとカードローンの実際の金利を比較

キャッシングの方が金利が高い傾向

キャッシングの方が金利相場が高いといえます。その理由はふたつあります。

  • 金利相場の最大値は消費者金融のカードローン並み
  • 最小値はカードローンより高く幅がせまい

カードローンは返済実績があれば1ケタ金利で済むケースもあります。しかしキャッシングでは数%程度しか下げられないので、金利の高さに注意しましょう。

カードローンは金利が低く、幅がある

キャッシングと比べて目立つカードローンの特徴は、金利が低くて幅があることです。

たとえばJCBクレジットカードなら15%~18%ですが、カードローンのプロミスなら4.5%~17.8%です。最低値がクレジットカードより低く、幅が大きいといえます。みずほ銀行なら2%~14%と、最大値さえも低い形となっているのです。

カードローンは返済実績を、キャッシングより大きく尊重する傾向にあります。実績豊富な利用者なら、3~4%のような低金利でお金を借りられます。この金利の低さは、利用者の返済実績をみて柔軟に対応するためです。 

キャッシングとカードローンの実際の金利を比較

2つの金利の違いをみるため、主要なサービスのデータを比べてみましょう。

サービス 金利(年率)
アコムカードローン 3%~18%
プロミスカードローン 4.5%~17.8%
みずほ銀行カードローン 2%~14%
JCBカードキャッシング 15%~18%
DCカードキャッシング 14.95%~17.95%
楽天カードキャッシング 18%

このようにカードローンはいちばん低い値と高い値両方において、キャッシングより低い傾向にあるのです。

キャッシングとカードローンを使いわける方法

クレジットカードの種類を解説!目的別おすすめカードも紹介!キャッシングとカードローンを有効に使いわけるには、以下の2つのポイントを意識しましょう。

使いわけのポイント
  • カードローンは低金利で柔軟に借り入れをしたいときにおすすめ
  • キャッシングは借り入れの機会が少なく金額も少額ならおすすめ

カードローンは低金利で柔軟に借り入れをしたいときにおすすめ

カードローンでお得な点は、柔軟な借り入れができることです。限度額の相場がクレジットカードより高いうえに金利は低く、返済計画を立てやすいといえます。

生活のさまざまな場面でお金が必要になったときは、頻繁な借り入れができるのが大きいでしょう。少ない金額からまとまったものまで、状況にあわせて柔軟な対応ができます。

低金利のアドバンテージを生かして、多様なお金の計画を立てられるのがカードローンの特徴です。

キャッシングは借り入れの機会が少なくて、金額も少額ならおすすめ

キャッシングなら、少額の借り入れに最適でしょう。普段から多額を借りる必要のない生活なら、クレジットで済ませるのが理想的です。

限度額の低さも、生活状況によっては味方になります。特定の買いもののためだけに少額を借り入れることで、効率良く使いこなせるからです。

頻繁にお金を借りたくない場合でも、クレジットなら特定の場面だけでの借金に役立ちます。

カードローンのおすすめ3社

1プロミス

プロミス

おすすめ度
総合評価点
96点
金利:A
融資速度:A
サービス:A
金利(実質年率) 利用限度額 Web完結
年4.5%~17.8% 利用者により異なる 可能
審査スピード 融資スピード 申し込み条件
最短30分 最短60分 20~69歳
安定した収入のある方

出典:プロミス公式サイト

\最短30分融資/

プロミスのおすすめポイント

Web完結で契約可能、郵送物もなし
はじめての契約なら30日間利息0円
依頼から最短10秒で振り込んでもらえることも

プロミスは消費者金融系カードローンとしては、トップクラスの金利の低さが特徴です。

申し込みから振込まで時間を問わず、カードレスキャッシングもできます。はじめての契約の場合30日間は利息なしでお金を返せるので、総返済額の節約にもつながることでしょう。

総合的に充実したサービス内容が、プロミスの魅力です。

\最短30分融資/

2アコム

アコム

おすすめ度
総合評価点
90点
金利:A
融資速度:A
サービス:A
金利(実質年率) 利用限度額 Web完結
年3%~18% 1万円~800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申し込み条件
最短30分 最短当日中 20~69歳

出典:アコム公式サイト

\24時間365日受付中/

アコムのおすすめポイント

初契約なら30日間利息なし
審査時間はたった30分で、その日のうちに振り込みも
振込依頼から最短1分で融資完了

アコムは消費者金融系のカードローンのなかでも、柔軟なサービス内容が特長です。限度額が800万円と大きく、審査時間は最短30分当日中の借入開始もあります。

金利も最小値で年3%と低いなど、破格のサービス内容に注目しましょう。

\24時間365日受付中/

3みずほ銀行カードローン

おすすめ度
総合評価点
89点
金利:A
融資速度:A
サービス:B
金利(実質年率) 利用限度額 Web完結
年2%~14% 10万円~800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申し込み条件
20~65歳

出典:みずほ銀行カードローン公式サイト

みずほ銀行のおすすめポイント

銀行系なので金利条件が優れている
Web完結申込で来店不要
月々2,000円からのお手軽返済

みずほ銀行カードローンは、優れた金利条件が魅力です。Web完結なので、実際に店舗を訪れる必要もありません。返済条件も月々2,000円からなので、自身のペースで返済しやすいことでしょう。

大手銀行の安心感と優れたサービス内容が、みずほ銀行カードローンの特徴です。

クレジットカードキャッシングのおすすめ3社

1DCカード

おすすめ度
総合評価点
90点
金利:A
発行速度:B
サービス:B
金利(実質年率) 利用限度額 Web完結
年14.95%~17.95% 10万円~100万円 可能
年会費 発行スピード 申し込み条件
1,375円(初年度無料) 約1~2週間後 18歳以上

安定した収入のある方

出典:DCカード公式サイト

DCカードのおすすめポイント

クレジットカードとして優秀な金利
Web完結申込で入会までの手順も楽
海外アシスタンスサービス「ハローデスク」で旅行中も助かる

DCカードは、クレジットカードとしては比較的優秀な金利条件が特長です。

Web完結で申し込みができるので、時間や場所を選ばずに入会を決められます。ただし発行までのスピードは約1~2週間後と、他サービスと比較するとそこまで早くはありません。

海外アシスタンスサービス「ハローデスク」のおかげで、旅行先の現地スタッフが日本語でフォローしてくれます。海外旅行が好きな人を中心に、使いやすいカードといえるでしょう。

2JCBカード

JCB一般カード

おすすめ度
総合評価点
80点
金利:B
発行速度:A
サービス:B
金利(実質年率) 利用限度額 Web完結
年15%~18%※1 利用者により異なる 可能
年会費 発行スピード 申し込み条件
1,375円(オンライン入会なら初年度無料) 最短当日 18歳以上(高校生を除く)

本人か配偶者に
安定した収入のある方

出典:JCBカード公式サイト
※1JCBキャッシングリボ払いの場合

JCBカードのおすすめポイント

クレジットカードとしては珍しく当日発行
Web完結申込で年会費初年度無料
Oki Dokiポイントもお得に使える

JCBクレジットカードは当日発行というスピード感が特徴で、サービス内容も充実しています。Web完結で申し込めば初年度は年会費がかからないので、入会ハードルも低いことでしょう。

Oki Dokiポイントを貯めることができ、優待店でのカード利用ならポイント2倍です。

ネットショップなら最大20倍貯まります。クレジットカードの入門モデルとしてふさわしいといえるでしょう。

3楽天カード

楽天カード

おすすめ度
総合評価点
78点
金利:B
発行速度:B
サービス:A
金利(実質年率) 利用限度額 Web完結
18% 利用者により異なる 可能
年会費 発行スピード 申し込み条件
無料 約1週間~10日 18歳以上

出典:楽天カード公式サイト

楽天カードのおすすめポイント

年会費永年無料
積極的な使用でポイントが貯まりやすい
セキュリティはハイレベル

楽天カードは年会費永年無料が魅力的です。新規入会だけで5,000ポイントが貯まるほか、ポイント還元率も1~3%と高いといえます。

買いものをよくする人なら有効活用しやすいことでしょう。二段階認証や指紋認証など、セキュリティへの取り組みにも力が入っています。

金利が18%と少々高めですが、そのぶんポイントを中心としたサービスが充実しています。

初めて持つクレジットカードとしてもおすすめできるカードです。

まとめ

カードローンとキャッシングの違いは、クレジットカードを使えるか使えないかです。キャッシング自体がお金を借りるサービスの全般を指すので、カードローンもその一部に組み込まれていると考えるとよいでしょう。

しかし金利面ではカードローンが柔軟性があって有利といえます。クレジットカードはポイントや年会費の安さなどのサービス内容で、金利面のデメリットをカバーしている面があるのです。

生活状況に応じて、カードローンとキャッシングを使いわけましょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事