審査なしで借入は可能?即日融資対応おすすめカードローンも紹介

カードローンに申しこむと金融機関に審査を受け問題がなければ契約。そして貸付という流れになります。

一連の流れの中で、やはり多くの方がなるのが審査の存在でしょう。とくに過去に審査で落ちたという経験がある方であれば、できれば避けたいものです。

そこでこの記事では「審査なしで融資を受けられるのか」「無職でも融資を受けられるのか」など、カードローンの審査に関する疑問を解説します。

即日融資可能なおすすめカードローンも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事内での審査に関する言及(審査で重視される項目・落ちやすい人・通りやすい人)などは、一般的に言われていることです。事実を断定するものではありません。

カードローンの審査とは?

カードローンでは審査の結果により申込者に融資を行うかどうかが決まり、場合によっては融資希望金額には届かないものの一定の金額を融資すると決まるケースもあります。

注意!
もちろん審査の結果、融資が行われないケースもあるのです。

カードローンに申し込み審査を受けたものの審査に通らず、融資を受けられなかった方もいるかもしれません。しかしこうした場合でも、なぜ審査に落ちたのかという明確な説明はされないのが通常です。

審査なしはNG!法律で決まっている

クレジットカード 審査なし

結論から述べると、残念ながら審査なしのカードローンは存在しません。貸し付けを行う金融機関は、貸金業法という法律に沿った融資を行っています。

この貸金業法において融資では必ず審査を行い、消費者の負担にならない範囲で融資をすることが定められているのです。

つまり貸金業者が融資をする以上、審査は避けては通れないものであり、審査なしのカードローンは存在しないことになります。

万が一「審査なし」を謳っている貸金業者があれば、それは財務局や都道府県知事から許可を得ていない業者であり、いわゆる闇金業者の可能性があります。

闇金業者を利用すると法外な利子を請求されたり、厳しい取り立てを受けたりと、トラブルに発展する可能性が非常に高くなるのです。決して手を出さないように気をつけましょう。

注意!
審査なしを謳っている業者は闇金業者の可能性があり

審査の甘いカードローンは?

審査なしのカードローンは存在しませんでした。あるとすれば貸金業者として認可されていない闇金業者になります。

貸し付けに関して審査が必須となれば、続いて考えたいのが審査が甘い金融機関をみつけることになります。貸付審査の自社審査には差があるため細かくみれば審査が甘いと言われる会社と審査が厳しいと言われる会社が存在します。

注意!
しかし金融機関の審査基準に関しては公表されていませんので、実際に審査が甘いかどうかを判断するのは困難です。

申し込み条件を比較

一般的に審査の厳しさを判断する基準として「金利」があげられます。貸付金利が高いほど審査は甘くなる傾向にあると言われていますが、本当でしょうか?

そこで、消費者金融と銀行の金利を比較。唯一公表されている審査基準と言える申し込み条件を比較してみましょう。

金融機関 貸付金利(実質年率) 申し込み条件
アイフル 3.0~18.0%
  • 満20歳以上69歳までの方
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方
レイクALSA 4.5~18.0%
  • 満20歳以上70歳以下の方
  • 安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)
プロミス 4.5~17.8%
  • 年齢20~69歳の方
  • ご本人に安定した収入のある方主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能
三菱UFJ銀行 1.8~14.6%
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
  • 原則安定した収入があるお客さま
  • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま
三井住友銀行 4.0~14.5%
  • お申込時満20歳以上満69歳以下の方。
  • 原則安定したご収入のある方。
  • 当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方。
みずほ銀行 2.0~14.0%
  • 契約時、満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社の保証を受けられる方

上記の表は、各金融機関の金利と申し込み条件をまとめたものです。このように銀行と消費者金融で申し込み条件に大きな違いはありません。

注意!
つまり、金利が高い=審査基準が甘いと言い切れないのが実際のところです。

無職はNG?審査で重要視される項目!

金融機関が行う貸付審査において、主に注目しているのは申込者の返済能力です。カードローンなどで貸付を行っている金融機関は、お金を貸し付けて返済の際の金利を売り上げとしています。

つまり貸し付ける相手に返済能力がないと利益を出せない業種のため、この申込者に貸し付けてきちんと返済がされるかを判断しているのです。

それでは申込者の返済能力を判断するために、とくに注目するポイントについて解説していきましょう。

審査で重視されると言われるポイント
  • 収入金額(年収)
  • 収入の安定性
  • 他社からの借入金総額
  • 過去の金銭トラブル

収入金額と収入の安定性が重要

返済能力をみる際、重要視されるのが申込者の収入です。また収入に関してはその金額だけでなく、安定性が非常に大きなファクターとなります。

返済をするためには、それなりの収入金額が必要です。しかもその金額を毎月コンスタントに得ていることで、毎月安定した返済を見込めます。そこで確認されるのが現在の勤務先と勤続期間です。

勤続期間が長ければ、現在の収入が安定して得られると判断され、すぐに転職はしないだろうと判断される可能性が高まると言われています。

転職NGという明確な決まりはありませんが、転職は収入が減る可能性もあり、貸し付ける金融機関としてはリスクになる可能性があります。

また勤続年数が短いとすぐに転勤する可能性もあり、安定した収入がある人という判断はしにくいため、どうしても評価は下がってしまいかねません。

他社からの借入金の額

続いて確認されるのが他社からの借り入れ状況です。信用情報機関にはこうした情報も掲載されており、他社から借り入れが多い・大きいと審査にはマイナス材料となります。

後半であらためて解説しますが、貸金業法では貸付の上限が定められています。この上限は申込者が借りているすべての金額の総額が対象となるため、借入金額はかならず確認されるものです。

カードローンの申し込みの際に、申込書を提出することでしょう。この申込書には、他社からの借入金を記入する欄があります。申し込みの際はかならず正直に記入しましょう。

注意!
申込者が申込書に虚偽の金額を記入しても、信用情報会社で他社からの借入金額はすぐにバレてしまいます。虚偽の申告はそれだけで悪い印象を与え、審査にも悪影響を及ぼしますので気をつけましょう。

過去の金銭トラブルも

信用情報にはさまざまな情報が掲載されています。他社からの借入金やクレジットカードのキャッシング利用金額など、現在進行形の情報だけでなく、過去の情報も一定期間掲載され続けるものです。

たとえば過去に他社からの借入金に対する返済が滞ったことや、クレジットカードの引き落としが遅れた情報も残されている可能性があります。

さらにいえば携帯の滞納や未払いなどがあった場合も信用情報に残るので注意が必要です。

ちなみに信用情報会社には、自分の個人情報に関して情報開示請求が可能です。カードローンを申し込む前に自分の個人情報が気になる方は、CICやJICCなど信用情報会社のHPから、情報開示請求を行ってみるのもよいでしょう。

カードローンに申し込むのであれば、申し込み先の金融機関がどの信用情報会社と提携しているかチェックし、その信用情報会社に開示請求をするとよいでしょう。

即日融資可能!おすすめカードローンを紹介

1アコム 

アコム

金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
1.9~14.5% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申し込み条件
最短30分 最短即日 20歳以上

出典:https://www.acom.co.jp/members/

\24時間365日受付中/

アコム のおすすめポイント

24時間ネットで返済できる
返済日を事前にメールでお知らせ
来店せずに書類を提出できる

アコムは、インターネットや電話で24時間365日、口座への振り込みが可能です。24時間即時に銀行振込ができるPay-easy(ペイジー)にも対応。いつでもどこでも返済できます。

サポート体制が充実していることもアコムの特徴。返済期日やカードの有効期限などを事前にeメールで知らせてくれるから、安心して利用できます。

\24時間365日受付中/

2プロミス

プロミス カードローン

金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
4.5%~17.8% 500万円 可能
審査スピード 融資スピード 申し込み条件
最短30分 最短60分 20~69歳

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

\最短30分融資/

プロミスのおすすめポイント

50万円以下の場合は収入証明書類が原則不要
三井住友VISAプリペイドにチャージできる
はじめてなら30日間利息0円

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスが提供しているローンサービスです。WEB契約なら即日融資が可能。借入希望額が50万円以下の場合、原則収入証明書の提出は必要ありません。

さらに、振り込みキャッシングで三井住友VISAプリペイドにチャージ可能。手数料は無料です。プリペイドカード の発行手数料はもちろん、年会費も無料で利用できます。

\最短30分融資/

3smbcモビット

金利(実質年率) 利用限度額 WEB完結
3.0〜18.0% 800万円 可能
審査スピード 融資スピード 申し込み条件
最短30分※ 最短当日中※ 20~69歳

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

\スマホで24時間キャッシング/

smbcモビットのおすすめポイント

最短即日融資対応
スマホで24時間キャッシング
返済でTポイントを貯められる

SMBCモビットでは「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」の口座を開設していれば、WEB完結で申し込み可能です。

申込・借入・返済が24時間いつでもできて安心ネット・電話・提携ATM・スマホと、利用方法もバラエティ豊かです。

申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

\スマホで24時間キャッシング/

審査の流れは?

カードローン審査の流れ
  1. 信用情報機関から申込者の情報を得る
  2. 信用情報をもとに自社審査を行う

カードローンを取り扱うすべての業者が行っている貸し付け審査ですが、その詳しい内容は公表されていません。

カードローンに申し込み、審査が通らなかった経験がある方はご存じかもしれませんが、なぜ審査に通らなかったのかは教えてもらえないのです。

しかし金融機関がどのような手順で、どのような審査を行っているかは推測できます。まずはどのような流れで審査が行われているかを確認していきましょう。

1信用情報機関に照会

カードローン融資の申し込みを受けた金融機関は、まず契約する信用情報機関に信用情報の照会を行います。信用情報機関とは多くの個人に関する、信用情報を取り扱っている会社です。

住所・氏名・電話番号・勤務先といった基本情報はもちろん、他社からの借入金や過去の金銭トラブルなどの情報が集まっています。

金融機関はこういった信用情報会社と契約し、貸付審査の際に情報を受け取ることで申込者への融資判断の材料としているのです。

2自社独自の基準で審査

信用情報会社から得た情報をもとに、金融機関が独自で貸付審査を行います。この自社審査の内容に関しての詳細は不明です。

しかし金融機関ごとに自社審査基準に違いがあり、実際に審査の甘い金融機関・厳しい金融機関という噂に繋がっていると推測できます。

信用情報会社から細かい情報を入手し自社で貸付審査を行う際、どういった部分に注目しなにを審査しているのかを確認していきましょう。

注意!
自社審査の内容は非公開、金融機関ごとに独自の審査を行っている

カードローン審査で落ちやすいと言われる人

楽天ゴールドカード

審査に落ちやすいと言われる人
  • 定職に就いていない人
  • 融資希望金額が高すぎる人

カードローンを利用する以上、審査なしにはいきません。審査に通過するかどうかは、申し込んでみないとわからない部分があります。

しかし審査の目的や方法、内容をある程度想定すれば、どのような人が審査に落ちやすいかも推測できます。審査に落ちやすいと言われている方の特徴について確認していきましょう。

定職に就いていない

カードローンを利用するうえで重要なのが、収入の額と収入の安定性です。そのためには無職では審査に通りにくくなってしまいます。

まずここでいう定職ですが、これは正社員には限りません。契約社員や派遣社員はもちろん、パートやアルバイトでも安定した収入があれば、申し込みは可能です。

実際、金融機関が提供するカードローンの商品概要には「継続した収入があればパート・アルバイト・主婦・学生でも申し込み可」となっているものもあります。

専業主婦は申し込める?

また主婦のように当事者に安定した収入がない場合は、ほかの方の収入が審査基準になるケースがあります。以下は、イオン銀行カードローンの申し込み条件です。

イオン銀行

ご本人さまに収入のない場合は、配偶者さまに安定かつ継続した収入が必要となります。
※ 専業主婦(夫)の方でご本人さまに収入がなく、配偶者さまに収入がある方のお申込みは限度額50万円までとなります。

引用元:https://www.aeonbank.co.jp/sp/loan/lp/card_loan_acs.html

ちなみに本人に安定した収入がない専業主婦が申し込む場合、収入のある方の署名がないと契約できないため注意しましょう。

注意!
専業主婦でも申し込める商品は存在するが、収入のある家族の承認が必要

融資希望金額が高額

カードローンを申し込む際融資金額を申告しますが、この金額が高額すぎると審査に通らなくなってしまいます。融資金額の上限には目安があり、この目安を「総量規制」といいこれは貸金業法で定められています。

以下からは融資金額にも影響を及ぼす、総量規制に関して解説していきましょう。

総量規制とは

総量規制とは消費者を守るための規則であり、貸金業法で定められています。かつてはこの総量規制がなく、多重債務者となる消費者が増加してしまいました。

そのため貸金業法が改正され、現在は貸付金額に上限が設定されています。

総量規制の金額は年収の1/3です。年収300万円であれば100万円・450万円であれば150万円が貸付上限となるのです。

ちなみにこの総量規制の対象となるのは、フリーローンやカードローンなどに限られます。マイホームローン・マイカーローン・教育ローンなどは規制対象外となっています。

カードローン審査で通りやすくする方法はある?

カードローン審査のポイントは?
  • 収入を安定させる
  • 融資希望額を下げる

カードローンの審査で落ちやすい方の特徴を把握したうえで、今度はどのようにしたら審査に通りやすくなるかを考えてみましょう。基本的に審査に通りにくい人の特徴に対して反対の対策を練ることが有効と言われいます。

毎月安定した収入を確保

まずはなんといっても収入の確保です。しかも一時的な収入ではなく、安定した収入を確保することが重要です。仮に現状定職に就いていないという方は、アルバイトやパートでもよいので安定した収入を確保しましょう。

注意したいのはフリーランスや自営業で仕事をしている方です。フリーランスや自営業で毎月の収入に差がある方は、どうしても審査の際の評価が低くなると言われています。

安定した収入が大切

できれば副業でもよいので、安定収入のあるアルバイトなどをするのがおすすめとなります。

融資希望額を下げる

すぐに安定した収入のある職に就くのは、簡単なことではありません。しかも安定した収入を証明するには、数か月の実績が必要になり、即効性のある対策ではないでしょう。

即効性のある対策としては、やはり融資希望額を下げるという方法でしょう。上記のとおり、総量規制という貸付上限金額の定めがあります。

仮に他社からの借り入れ金額との合計金額が、総量規制ギリギリになるようであれば、少し融資希望額を下げて申し込むのが良いでしょう。

注意!
ただしこの総量規制の範囲内であれば、かならず融資が受けられるわけではありません。

まとめ

カードローンを申し込む以上、審査を受けるのは必須です。審査なしのカードローンは存在しません。もし審査なしで融資可能としている業者があれば、違法業者の可能性が高いでしょう。

まとめ
  • 「審査なし」のカードローンは存在しない
  • 「審査なし」と宣伝している業者は利用しない
  • 審査は申込者の返済能力をチェックするために行う
  • 無職など返済能力がない方は継続的な収入を得ることが大切

審査なしの金融機関はありませんが、即日融資可能なサービスはあります。今すぐお金が必要という方は、法律に沿って営業している即日融資可能なカードローンへの申し込みましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事