【コスパ比較】おすすめドッグフード人気ランキング|選び方も解説

2020年に実施した一般社団法人ペットフード協会調査では、全国で飼われている犬の推計頭数は848万9,000頭(※)となっており、多くの人が一緒に暮らしています。

大切な愛犬に健康で元気に生活を送ってもらううえで、食事は非常に重要です。

そこで今回は、小型犬・シニア犬向けのおすすめドッグフード10選の特徴や選び方を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

コスパが良いおすすめドッグフードの価格を比較したランキングも発表しているため、こちらもチェックしておきましょう。

(※出典:https://petfood.or.jp/topics/img/201223.pdf)

おすすめドッグフード10選|小型犬・シニア犬

※情報は2021年8月20日現在のものです。最新情報とは異なる場合があります。
※価格は公式サイトに掲載されているものを参考に、1kgあたりの価格に換算し、記載しています。
※公式サイトに価格の記載がない場合は、2021年8月20日時点でAmazonや楽天市場など大手通販サイトの価格を参考にしています。
※1kgあたりの価格に換算する際の小数点以下は四捨五入しています。

※利用する店舗・通販サイトや購入する時期により、価格が異なる可能性があります。

ニュートロ|シュプレモ(子犬用)

ニュートロ|シュプレモ

発育期の子犬に最適な栄養バランスとなるよう、健康な脳や免疫力の健康維持などに配慮しています。栄養素を豊富に含む、高品質な自然素材を厳選している点が特徴です。

抽出した成分を配合するのではなく、自然飼育されたチキンや太陽をたっぷり浴びて完熟したトマトなど自然素材を最適な栄養バランスになるように組み合わせています。

愛犬の体に必要なアミノ酸をバランスよく含むチキン・ビーフ・ラム・ダックなどの肉を第一主原料に使用している点から、健康だけでなく食いつきの良さも意識していることが分かるでしょう。

ペットフード公正取引協議会の定める分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たすことが証明されています。
容量 1kg・3kg・6kg・13.5kg
1kgあたりの料金(税込) 1,742円
主な原材料 チキン(肉)・チキンミール・玄米・粗挽き米・ 鶏脂
会社名 マースジャパンリミテッド

出典:https://nutro.jp/dogfood/supremo/

ロイヤルカナン|ミニインドアパピー(子犬用)

ロイヤルカナン|ミニインドアパピー

ミニインドアパピーは、健康的な消化と良質な便の状態を維持してくれる消化性の高いタンパク質と炭水化物が含まれています。

愛犬の美しい健康な被毛を維持するための、オメガ3系不飽和脂肪酸(EPA・DHA)を含む栄養素をバランス良く配合している点も特徴です。

さらに、ミニインドアパピーはよく噛ませることで歯石の形成を抑えてくれる効果も期待できるため、美味しく食べられて体にも良い効果を与えてくれるドッグフードと言えるでしょう。

ビタミンEを含む独自の抗酸化成分を配合して健康を維持することで、子犬本来の抵抗力を維持する点も特徴です。
容量 800g・2kg・4kg
1kgあたりの料金(税込) 1,782円
主な原材料 肉類(鶏、七面鳥)・米・動物性脂肪・とうもろこし・植物性分離タンパク
会社名 ロイヤルカナンジャポン合同会社

出典:https://my.royalcanin.jp/index

ヒルズ サイエンス・ダイエット|小型犬用 アダルト 1~6歳 成犬用 チキン

ヒルズ サイエンス・ダイエット

ヒルズサイエンスが独自にブレンドした抗酸化成分により、愛犬の健康をしっかりとサポートし、本来の免疫力を維持してくれる点が特徴です。

高品質なたんぱく質で筋肉を維持し、カルシウムやグルコサミン等で骨・関節をサポートします。

さらに、ビタミンDやビタミンCを配合していることにより、歯と歯ぐきの健康を維持してくれる効果も期待できるでしょう。

ビタミンEとオメガ3&6脂肪酸を含んでおり、健康な皮膚と美しい被毛もサポートします。
容量 750g・1.5kg・3kg・5kg
1kgあたりの料金(税込) 733円
※Amazonの価格を参考
主な原材料 トリ肉(チキン、ターキー)・トウモロコシ・小麦・米・動物性油脂
会社名 日本ヒルズ・コルゲート株式会社

出典:https://www.hills.co.jp/science-diet/dog-food

iti(イティ)|ラム&ベニソン ディナー

iti(イティ)|ラム&ベニソン ディナー

iti(イティ)ラム&ベニソン ディナーは、時間をかけてじっくり乾燥させ、素材の風味に加えて栄養価がたっぷりと含まれたエアドライフードです。

肉厚で豊富な水分量や咀嚼を促す形状を採用したエアドライ製法により、天然素材の風味・栄養成分を損なうことなく生肉とほぼ同じ栄養価となっています。

高タンパク質・高脂肪・高栄養価であるため、少ない給与量で栄養やエネルギーを摂取させたい小型犬向けのドッグフードです。

近年多くなっている穀物アレルギーに配慮した商品展開も特徴です。
容量 200g・1kg
1kgあたりの料金(税込) 9,900円
主な原材料 ラム・ラム肺・ラム肝臓・ベニソン・エンドウ・植物性グリセリン
会社名 株式会社スリーイレブン

出典:https://iti311.com/

モグワン|モグワンドッグフード

モグワン|モグワンドッグフード

モグワンは理想の食いつきの良さ」を求めて開発されたドッグフードで、獣医師の84.0%(※公式サイトによる)がモグワンをすすめたいと回答しています。

2020年8月~9月に実施されたユーザーアンケートにより、90.5%(※公式サイトによる)の人が食いつきが良いと回答するという、喜びと驚きの声が届いている商品です。

ヒューマングレードの肉や魚を原材料として使用しており、バランス良く使ったレシピにより作られています。動物性たんぱく質が50%以上で、栄養満点な点も特徴です。

着色料や香料も不使用であるため、安心して愛犬に与えられますね。
容量 1.8kg
1kgあたりの料金(税込) 2,420円
主な原材料 チキン&サーモン・サツマイモ・エンドウ豆・レンズ豆・ひよこ豆・ビール酵母・アルファルファ・ココナッツオイル・バナナ・リンゴ
会社名 株式会社レティシアン

出典:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

コノコトトモニ|このこのごはん

コノコトトモニ|このこのごはん

「このこのごはん」は小型犬にとって食べやすいサイズである、一粒およそ7mm~8mmとなっています。いびつな形をしているのは無添加の証で、凝固剤を使用していません。

酸化防止剤などの添加物を使っておらず、オイルコーティングがされていない点も「このこのごはん」の特徴となります。

近年では小麦アレルギーに悩んでいる犬が増加傾向にあることに配慮し、「このこのごはん」は小麦を使用していません。同様の理由からとうもろこしも使っていないのです。

香料や保存料、さらには防カビ剤なども使われていないため安心して与えられます。
容量 1kg
1kgあたりの料金(税込) 3,850円
主な原材料 青パパイヤ・鶏肉・鹿肉・乳酸菌・モリンガ・まぐろ・さつまいも
会社名 株式会社オモヤ

出典:https://konokototomoni.com/shop/

オリジン|オリジンオリジナル(成犬用)

オリジンオリジナル

高質肉原材料が多く含まれており、さらに動物性脂肪も豊富で万全な体調へ導いてくれるようバランス良く栄養素を含んでいます。

新鮮な家禽肉・肉・魚は豊富なグルコサミンとコンドロイチンの自然な源であり、オリジンドッグフードには合成物質源は追加されていません。

0.34kg・2kg・5.9kg・11.3kgとさまざまな容量に分けられており、最適なものを選びやすくなっている点も特徴です。成犬用だけでなく全ライフステージに対応する商品を扱っています。

ゆっくりとフリーズドライされたレバーの注入により、愛犬の食いつきが良くなる可能性があります。
容量 0.34kg・2kg・5.9kg・11.3kg
1kgあたりの料金(税込) 2,640円
主な原材料 新鮮鶏肉・新鮮七面鳥肉・新鮮イエローテイルカレイ・新鮮全卵・新鮮丸ごと大西洋サバ・新鮮鶏レバー・新鮮七面鳥レバー
会社名 Top of ORIJEN(いぬどころ)

出典:https://orijen.jp/

アカナ|シニア・ドッグ

アカナ|シニア・ドッグ

アカナドッグフードの「シニア・ドッグ」は、7歳以上の全犬種用として販売されている商品です。カナダ最高品質で最も新鮮な原材料を使用し、自社キッチンで調理しています。

地元産の放し飼い鶏肉や巣に産み落とされた卵、天然魚を豊富に使用しており、新鮮な状態で搬送され風味豊かな栄養が詰まっている点が特徴です。

血糖値を健康な状態へ導くため、タピオカやジャガイモといった消化吸収が早い炭水化物を使用していません。その代わり、カボチャなどの低GIフルーツと野菜を使用しています。

手頃な価格で販売されており、容量も数種類そろっているため最適なものを選びやすいです。
容量 340g・2kg・6kg・11.4kg
1kgあたりの料金(税込) 1,716円
※楽天市場の価格を参考
主な原材料 新鮮骨抜き鶏肉・鶏肉ミール・七面鳥肉ミール・赤レンズ豆・丸ごとグリンピース・新鮮鶏臓器
会社名 有限会社アカナファミリージャパン

出典:https://acana.net/

GREEN DOG|Yum Yum Yum!チキンドライタイプ

GREEN DOG|Yum Yum Yum!チキンドライタイプ

小型犬におすすめのドッグフードで、品質と美味しさにこだわっている点が特徴です。国産の若鶏生肉を使用し、さらに鰹節をふんだんに加えて香り高く仕上げています。

袋を開けると、人間でも美味しそうと感じる素材の香りは、愛犬の食欲をそそります。小粒タイプなため顎の小さい犬でも安心です。

Yum Yum Yum!チキンドライタイプは人間の食事と同じ食材を使い、人間の食事と同じ衛生レベルのペットフード専門工場で作られています。

50gの「ちょこっとパック」から、容量の多い2kgまで幅広いラインナップです。
容量 50g・500g・2kg・
1kgあたりの料金(税込) 3,249円
主な原材料 鶏肉・大麦・玄米・ビール酵母・かつお節・全卵・チキンエキス・酵母エキス・オリゴ糖・にんじん・発酵調味液・ブロッコリー・かぼちゃ
会社名 株式会社カラーズ

出典:https://www.green-dog.com/brand/wtgd.html

モッピー&ナナ|Nanaライトエナジー(小粒)

モッピー&ナナ|Nanaライトエナジー

日本の犬のニーズに合うよう開発されており、原材料から製法まですべてにこだわっている総合栄養食です。主原料には良質なラム肉とライスを使用しています。

小粒タイプとなるため、顎の小さい小型犬でも食べやすいサイズ感です。

歯の健康のために粒の水分量を抑え、硬さを維持しています。硬めの粒をよく噛むことで歯垢の沈着や歯石の形成を抑え、口がすっきりする点も特徴です。

お腹が敏感な愛犬のために、消化吸収性に優れたオリゴ糖を使用しお腹に優しくしています。
容量 1kg・3kg・9kg
1kgあたりの料金(税込) 1,639円
主な原材料 米・ラム・エン麦ふすま・家禽ミール・コーングルテンミール・動物性油脂
会社名 株式会社モッピーアンドナナ

出典:https://moppy-nana.jp/

おすすめドッグフード|コスパ比較ランキング

ここまで紹介したドッグフードのうち、1kgあたりの価格を比較して安いものを上位にランキングを作成しています。

コスパの良い商品を把握するためにも、ぜひチェックしておきましょう。

※2021年8月20日時点での価格を参考にランキングを作成しています。

1ヒルズ サイエンス・ダイエット|小型犬用 アダルト 1~6歳 成犬用 チキン

ヒルズ サイエンス・ダイエット 小型犬用 アダルト 1~6歳 成犬用 チキン

1kgあたり733円(税込)という低価格になっており、継続して購入しやすい点は飼い主にとって嬉しい要素です。それでいて、愛犬の健康をサポートする栄養素がきちんと配合されています。

愛犬が持つ本来の免疫力を維持し、高品質なたんぱく質で筋肉を、カルシウムやグルコサミン等で骨・関節をサポートする点が特徴です。

容量 750g・1.5kg・3kg・5kg
1kgあたりの料金(税込) 733円
※Amazonの価格を参考

出典:https://www.hills.co.jp/science-diet/dog-food

2モッピー&ナナ|Nanaライトエナジー(小粒)

モッピーファン

1kgあたり1,639円(税込)と手頃な設定で、3kg・9kgと大容量なものまで揃う幅広いラインナップが魅力となります。小粒タイプであるため、顎の小さい小型犬向けです。

歯の健康のために粒の水分量を抑え硬さを維持しており、歯垢の沈着防止や歯石の形成をサポートしてくれます。

容量 1kg・3kg・9kg
1kgあたりの料金(税込) 1,639円

出典:https://moppy-nana.jp/

3アカナ|シニア・ドッグ

アカナドッグフード

1kgあたり1,716円(税込)とお手頃な価格設定です。7歳以上の全犬種用として販売されているため、幅広い犬向けのドッグフードとなります。

地元産の放し飼いをしている鶏の肉や巣に産み落とされた卵などを使用しており、新鮮な状態で搬送され風味豊かな栄養が詰まっている点は大変魅力的です。

容量 340g・2kg・6kg・11.4kg
1kgあたりの料金(税込) 1,716円※楽天市場の価格を参考

出典:https://acana.net/

ドッグフードの種類

ドッグフードの種類

ドライフード

ドライフードはカリカリとした食感が特徴で、小粒や大粒などの種類もあります。一般的なドッグフードを指しており、ペットショップでも多く販売されている種類です。

ドライフードは保存期間が長いため大容量でお得な商品を購入できることから、コスパ重視であればおすすめの種類と言えるでしょう。

栄養にこだわった商品もあり、多くの人に選ばれているドッグフードです。

ウェットフード

ウェットフードはドライフードに比べて匂い・食感に優れている点が特徴となります。基本的には缶詰やパウチに入っており、水分量が多いのが特徴です。

ドライフードに比べると価格が高い傾向にあるため、メインとして与えるよりもトッピングとして使ったり、愛犬の食欲が落ちているときに使ったりすることが多いです。

ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方

犬の年齢で選ぶ

ドッグフードは、犬の年齢(ライフステージ)に合わせて選びましょう。例えばいわゆる成長期にあたる子犬のときは、体の成長や機能発達のために栄養が必要です。

少量でも、しっかりと栄養を摂取できるドッグフードを選びましょう。

成犬になってくると維持期に突入し、食べ過ぎると太りやすくなるため体重管理を意識して選ぶことが重要です。

高齢になってくると消化吸収能力が衰えてくることから、シニア用のドッグフードを選びましょう。高齢期に衰えがちな健康に配慮した商品選びも大事です。

ドッグフードによっては、パッケージに目安の年齢の目安が表記されていることもありますよ。

体調・目的に合わせて選ぶ

ドックフードの選び方

犬は避妊や去勢手術をすると太りやすくなるため、例えば体重へのケアが目的であればそれに適したドッグフードを選ばなければいけません。

また、体調に合わせて栄養不足とならないよう、飼い主の自己判断だけでなく獣医師の判断を仰ぐこともドッグフード選びをするうえでヒントになります。

皮膚や関節、便通など気になる健康・体調面に着目したドッグフードがあるためチェックしてみると良いでしょう。

体格に合わせて選ぶ

ドッグフードには小粒や大粒などの種類があるため、犬の体格に合わせて選ぶことも大切です。

小型犬にとって大粒のドッグフードは食べにくさを感じやすいことから、嫌がって食べなくなる可能性もゼロはありません。

原材料で選ぶ

ドックフードの選び方

ドッグフードは種類によって原材料が異なります。そのため、愛犬にアレルギーがある場合は、事前にドッグフードで使われている原材料も調査しておかなければいけません。

食物アレルギーがある場合は、アレルギーの原因となる物質であるアレルゲンを排除したものを選ぶことが理想的です。

アレルギーを起こしにくいよう、たんぱく質を変化させたドッグフードもあるためチェックしておきましょう。

アレルギー反応を起こしかねない原材料の特定は難しいため、獣医師の診察を受けることもおすすめします。

犬の好みで選ぶ

ドッグフードはさまざまな種類があり、当然味や食感も異なります。犬によっても好みは分かれることから、食いつきの良さを調査することも大事です。

犬の好む匂いを知るため、数種類のドッグフードを少量ずつ皿等に入れて食いつきの良いものをピックアップしましょう。

よくある質問

小型犬におすすめのドッグフードは?
ヒルズ サイエンス・ダイエット 小型犬用や、Nanaドッグフード ライトエナジー(小粒)、このこのごはんなどが挙げられます。いずれにしても小型犬の顎の大きさに合わせられている小粒タイプを選ぶことがおすすめです。このこのごはんは一粒7mm~8mmとなっており、小型犬でも食べやすいサイズとなります。
シニア犬におすすめのドッグフードは?
オリジンドッグフード(成犬用)や、アカナドッグフード「シニア・ドッグ」などが挙げられます。高齢になると消化吸収能力が衰えてくるため、食べやすさを考慮したシニア用のドッグフードを選びましょう。また、成犬になると維持期に入り食べ過ぎると太りやすくなるため、体重を考慮したドッグフードを与えてあげましょう。
コスパの良いおすすめドッグフードは?
1kgあたりの料金で比較すると、ヒルズ サイエンス・ダイエット 小型犬用が733円(税込)と安いためおすすめです。次いでNanaドッグフード ライトエナジー(小粒)が1,639円(税込)、アカナドッグフード「シニア・ドッグ」が1,716円(税込)となります。
ドライタイプのドッグフードとは?
一般的なドッグフードを指す種類で、カリカリとした食感が特徴です。保存期間が長いため大容量のものでも購入しやすく、コスパを意識するのであれば外せない商品となります。栄養がたっぷり詰まっている点も魅力です。ペットショップでも多くの種類を扱っていることから、比較的手に入りやすい種類となります。
ウェットタイプのドッグフードとは?
ドライフードに比べて匂い・食感に優れている点が特徴で、メインで食べるというよりはトッピングとして使用することが多くなります。ドライフードよりも価格が高いため、どちらかといえばご褒美的な感覚で購入するドッグフードと言えるでしょう。基本的にウェットタイプのドッグフードは缶詰やパウチに入っています。
ドッグフードの選び方は?
犬の年齢に合わせて選ぶことが大切です。成長期であれば機能発達や体の成長に合わせたもの、成犬であれば体重管理を意識したもの、シニア犬であれば消化吸収能力が衰えてくることから消化しやすいものなどを選びましょう。また、近年ではアレルギーに配慮されているドッグフードも少なくないため、愛犬のアレルギーを考慮して選択することも大事です。体調に合わせて栄養不足とならないよう、飼い主の自己判断だけでなく獣医師の判断を仰ぐことも意識しましょう。
ドッグフードへの食いつきが悪い場合の対処法は?
食いつきが悪い場合は、ドッグフードの匂いや味が好みでない可能性があるため、数種類を小皿に入れて食べ比べをさせてあげましょう。そのなかから、食いつきの良いものを購入するという方法がおすすめです。また、ドッグフードではなく愛犬の体調が良くない場合もゼロではないため、一度動物病院で診察してもらうことも頭に入れておきましょう。

まとめ

この記事では、小型・シニア向けのおすすめドッグフード10選選び方についても解説し、コスパが良いおすすめドッグフードの価格を比較してランキングを発表しました。

小型犬向けのドッグフードは顎の大きさに合わせて粒が小さいものを選ぶ方が、愛犬にとって食べやすいためおすすめです。

シニア犬については高齢になると消化吸収能力が衰えてくるため、食べやすさを考慮した商品を選ぶようにしましょう。

1kgあたりの価格比較も参考に、継続して同じものを与えてあげるためにはコストパフォーマンスに優れたドッグフードを把握することも大事です。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事