キャッシングを利用するリスク

ETCカードは高速道路のような有料交通機関の利用では必要不可欠と言っても過言ではありません。1枚で料金所すぐに通過したり、時間帯による割引を受けたりできます。

車を利用する方の中には「おすすめのETCカードが分からない」「年会費無料で使えるカードを探している」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は年会費無料のおすすめETCカードを紹介します。ETCカードの種類や作り方、選び方など必要な情報をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。 

ETCカードの基礎知識・ETCカードには2種類ある

まずはETCカードの基本を知りましょう。ETCカードは自動料金支払いシステムであり、利用の流れを知れば使い方もわかります。

ETCカードとは?

ETCは自動料金支払いシステムという意味です。「Electronic Toll Collection」の略から来ており、高速道路の渋滞を解決する目的で生まれました。使用にはカードだけでなく車載器も必要です。

ETCカードがあれば、高速道路の入口や出口・途中などにある料金所をスムーズに抜けられることでしょう。支払いのためにわざわざ窓を開け、従業員と応対するのが面倒という人にも有用です。

高速道路の渋滞は料金所でドライバーたちが支払いをしている間に、後ろがつまるのが原因です。これを解決するアイテムが、ETCカードになります。 

ETCカード利用までの流れ

ETCカードを利用するまでの流れは、以下のとおりです。

利用までの流れ
  • 申し込みでカードを発行してもらう
  • 車載機を購入しマイカーにつける
  • ETCカードを車載機に挿入

通信と料金に関係する規格がすべて一緒なので、カードと車載器の組みあわせは自由です。そのためレンタカーでも簡単に使えます。シンプルな利用方法も、ETCカードの特徴です。 

ETCカードには2種類ある

ETCカードには以下の2種類があります。

2種類のETCカード
  • クレジットカード付帯ETC専用カード
  • ETCパーソナルカード

1、クレジットカード付帯ETC専用カード

有料道路のETCシステムに対応したカードです。クレジットカード会社が発行していて、ETCに関係する内容が特典についています。

すでにクレジットカードをもっていれば、追加で申し込めるのもお得です。高速道路に入るときの専用カードとして、財布に入れておけば便利になります。年会費無料の種類がある点もメリットといえるでしょう。 

高速道路の利用料は、本来の買いもの代金とセットで請求されます。1か月の出費として一括払いができるのが、クレジット付帯の効率のよさです。 

2、クレジット機能なしのETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、クレジット機能なしで使えます。発行は高速道路6社による共同で、有料道路の使用と別の消費活動をわけたいときに便利です。

こちらでも新しくクレジットカードを作る必要はありません。しかし申請後に、以下の形で保証金の預託があります。 

有料道路の平均月額を5,000円単位で切り上げた4倍(最低2万円)

さらにカード1枚ごとに、年会費が1,257円かかります。有料道路のためだけに使える点で専用性はありますが、年会費や保証金などの出費に注意しましょう。

おすすめはクレジットカード付帯

永久不滅ポイント 還元率

ETCカードでおすすめなのは、クレジット付帯型です。理由は以下の2つです。

クレジット付帯型がお得な理由
  • 年会費無料が多い
  • ポイントが貯まる

年会費無料が多い

クレジットカード会社が発行するETCカードは年会費無料が多数あります。クレジットカードでの年会費が有料でも、ETCの方は無料というケースもあるのです。

ETCカードを使うには車載器をセットしなければならず、出費が気になることでしょう。カードの年会費がタダであるだけで、最低限のコスト抑制が可能です。

生活状況の変化で、1年に1度も有料道路を使わないこともあるでしょう。その可能性を考えたうえでも、年会費無料のETCカードはおすすめです。 

ポイントが貯まる

クレジット付帯のETCカードは、ポイントが貯まることもメリットです。高速道路の利用代金に応じてポイントが加算され、それ自体を料金の代わりに払えます。

カード会社が付与するポイントは、高速道路の利用代金も対象です。

ETCカード独自のマイレージも貯まるので、二重取りも狙えます。

貯まったポイントで好きな商品を買ったり、生活費の節約としてお金の代わりに決済したりなど、使い方も自由です。ETCカードを賢く使って、多くのポイントを貯めましょう。 

ETCカードを選ぶポイント

楽天ゴールドカード

ETCカードを正しく選ぶなら、以下の4点を守りましょう。

選ぶポイント
  • 年会費が無料である
  • 発行手数料が無料
  • 発行までの日数が短い
  • ポイント還元率が高い

年会費無料がおすすめ

ETCカードの選択で優先したいのは年間費の安さで、無料が望ましいでしょう。

年会費はカードをもち続けることに対するコストです。1年中使わなくても払わなければなりません。

会費がなければ生活によって長期間使わなくても、損をした気分にはなりません。カード選びの際もハードルが低いと感じられることでしょう。コスト重視の方でも所持しやすいと言えます。

クレジット付帯のETCカードは年会費無料をベースに、ポイント還元率や他の特典とのバランスを考えながら選びたいところです。

発行手数料も無料が望ましい

年会費無料のETCカードを選ぶうえでは、発行手数料無料が望ましいです。カードをもらうだけで手数料がかかると、使う前から手痛い出費になります。

発行手数料自体は有料でも1,000円程度が相場ですが、できれば余分なお金をかけないでカードを手に入れたい人もいることでしょう。

年会費・発行手数料無料のETCカード
  • JCB CARD W(ETCスルーカード)
  • エポスカード (エポスETCカード)
  • コスモ・ザ・カード・オーパス
  • イオンETCカード

以上を参考にしながら、カードの発行や管理だけでコストがかからない種類をチェックしましょう。 

即日発行のようにすぐにもらえる

ETCカードでも即日発行ならすぐに使えます。仕事や旅行で高速道路を使う日が近いときも、手早く入手して活用できるのです。

即日発行に限らずとも、3営業日発行のようなスピード発行可能な種類もあります。手続きスピードのあるカードにも注目しましょう。

ポイント還元率が高い

ETCカードでも、ポイント還元率の高さに注目しましょう。高速道路の代金の一部がポイントに変われば、お金の代わりに使えます。

クレジット機能をともなったETCカードならさらにお得です。カード自体だけでなくETCマイレージという専用ポイントもつくので、使用機会に恵まれます。

ポイント面のアドバンテージを大きくする意味でも、なるべく還元率の高いETCカードを押さえましょう。

年会費無料おすすめETCカードを紹介

1JCB CARD W(ETCスルーカード)

JCB CARD W

おすすめ度
総合評価点
96点
還元率:A
サービス:A
発行スピード:B
年会費 ポイント 還元率
無料 Oki Dokiポイント 1%~5.5%
ブランド 発行手数料 申込条件
JCB 無料 18~39歳

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/add/etc/through-card.html

JCB CARD W(ETCスルーカード)のおすすめポイント

高いポイント還元率で普段使いでも便利
新規入会で複数キャンペーンに参加できる
優待加盟店でポイントアップも狙える

JCB CARD WはETCカードとしても、年会費・発行手数料無料で便利です。ポイントの還元率が高く、キャンペーンにより10倍~20倍を狙えるチャンスもあります。有料道路だけでなく、普段使いとしても有用でしょう。

新規入会するだけでキャッシュバックやギフトカードなどのキャンペーンに参加できるので、はじめてカードをもつ人もワクワクできることでしょう。JCBは充実したサービスが目白押しなので、ETC目的にも役立ちます。

※キャンペーン有無は期間により異なります。詳細な情報は公式サイトを参照してください。

JCB CARD W(ETCスルーカード)の口コミ・評判

30代・男性
ポイントサイト経由したら、ポイントが最大21倍貯まるのが魅力。ネットショッピング好きの自分にとっては、本当に有難いカードです。あと、リアル店舗でもかなりポイントが貯まります。

2VIASOカード

おすすめ度
総合評価点
93点
還元率:B
サービス:A
発行スピード:A
年会費 ポイント 還元率
無料 自動キャッシュバック 0.5~1%
ブランド 発行手数料 申込条件
MasterCard 1,000円 18歳以上

出典:https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html

VIASOカードのおすすめポイント

自動キャッシュバック機能でお得感アップ
ETC活用でポイント2倍になれる
家族カードも年会費無料

VIASOカードでは、三菱UFJニコスがETCカードを発行します。本人だけでなく家族会員でも年会費無料です。

コストをかけないで家族にカードを渡せる点はプラスといえるでしょう。しかし発行手数料として1,000円かかります

それでもETCはポイント2倍の対象なので、車で遠くへ運転する人には有用です。VIASOカードは、多くの人のカーライフに寄り添うものといえるでしょう。

VIASOカードの口コミ・評判

20代・女性
携帯電話、ETCなどにも適用されているのでたくさんのポイントを貯められます。1か月に5万近く使えば1,000円分のポイントを貯められます。お得です。

3イオンカード

イオンカードセレクト

おすすめ度
総合評価点
92点
還元率:B
サービス:A
発行スピード:A
年会費 ポイント 還元率
無料 ときめきポイント/WAONポイント 0.5%~1.33%
ブランド 発行手数料 申込条件
VISA/MasterCard/JCB 無料 18歳以上

出典:https://www.aeon.co.jp/service/etc/

イオンETCカードのおすすめポイント

車両損傷お見舞金制度がついている
最短翌日にカードが発行される
家族カードは3枚まで発行可能

イオンのETCカードは、利用者想いのサービス内容に注目です。車両損傷お見舞金制度として、ETCゲートのバーにぶつかって損傷した場合は、年1回5万円分の補償があります。

インターネットで申し込めるうえに最短翌日にカードが発行され、約5日で入手できるので、スピード感も問題ありません。

3枚まで家族カードを手に入れられますが、発行手数料が一切無料なのも魅力的です。きめ細やかなサービス内容なので、イオンのETCカードも見逃せません。

イオンETCカードの口コミ・評判

30代・男性
久しぶりにポイント確認をした時に思っていたより貯まっていて驚きました!ポイントは商品に交換やチャージして普段の支払いにも使うことができ、とてもお得な気持ちになりました。

ETCカードの作り方

ETCカードは新規と追加によって、発行までのプロセスが違います。

新規発行の場合

新規発行の手順は以下のとおりです。

新規発行手順

  1. クレジットカード発行申込(ETCカードのオプションを決める)
  2. 審査
  3. 通過ならクレジット・ETCカード発行
  4. セットアップ利用開始

追加発行の場合

すでにクレジットカードをもっていて、ETCカードだけを追加でもらいたいなら以下の手順が必要です。

追加発行手順

  1. ETCカードの追加発行申込
  2. 審査
  3. 審査通過ならETCカード発行
  4. セットアップ利用開始 

ETCカードのメリット

ETCカードには、以下の2つのメリットがあります。

2つのメリット
  • 割引サービスを受けられる
  • ETCマイレージを貯められる

割引サービスを受けられる

ETCカードのアドバンテージとして、割引サービスがあげられます。割引を受けられる条件は時間帯や曜日・対象エリア、利用回数などで違うのです。代表的な割引サービスは以下の3つです。

深夜割引 毎日深夜0時~4時なら割引
休日割引 土日祝日の通行料が割引、普通車と軽自動車が対象であることが多い
平日朝夕割引 平日午前6時~9時・午後5時~8時の地方高速を使うと、利用回数に応じて割引

高速道路の割引は、条件によっては最大50%になるケースもあります。法人にとっては経費削減にもつながり、個人にとっても生活費の節約になることでしょう。以上からETCの割引サービスは、活用するほどお得です。 

ETCマイレージを貯められる

ETCマイレージとは高速道路の利用代金にあわせて貯まるポイントで、もらうには事前登録が必要です。通行料としてお金の代わりに払うことで、経費や生活費の節約にもなるでしょう。ポ

高速道路を使うとポイントは以下の2つに対し別々に貯まります。

ETC利用で貯まるもの
  • クレジットカード自体のポイント
  • ETCマイレージとしての専用ポイント

仕事柄、高速道路の利用回数が多い人は、マイレージを貯めればお得感を味わえることでしょう。

ETCカードのデメリット

ETCカードを使う場合、車載機のコストがデメリットです。車載器がなければカードも利用できません。車載機にかかるお金は以下のとおりです。

車載機のコスト
  • 購入費用としての5,000円~3万円
  • 車両情報などを書き込むセットアップを登録店舗に依頼する代金として3,000円前後

車載機はネットショップやカー用品店で購入できます。購入だけでは動かせず、セットアップ作業も必要です。

セットアップは登録店舗に頼まなければできず、依頼費も要します。ETCカードをはじめるなら、車載機の準備費用も計算に入れましょう。

まとめ

ETCカードは高速道路などの有料交通機関をお得に利用できます。クレジット付帯なら買いものとETC両方でポイントが貯まるので、便利でしょう。年会費無料を選ぶことで、さらなるコストの節約にもつながります。

個人向けなら生活費の節約、法人向けなら経費削減や経理の効率化が可能です。ETCカードを選ぶときは、年会費無料だけでなくポイント還元率・キャンペーンなどから、バランスの取れたものを選ぶことがおすすめです。

この記事で紹介したおすすめカードの中から、気になる一枚に申し込んでみてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事