FX初心者向けFXの稼ぎ方!失敗例やおすすめFX口座も紹介

この記事では、FXがはじめてでよくわからないという人のために「FXの稼ぎ方」「口座の選び方」「失敗例」などを解説していきます。

はじめての人は、無理をせずに少額からコツコツ積み上げるのがおすすめですが、少額での取引に向いている会社と向いていない会社もあります。おすすめのFX口座も紹介していますので、参考にしてみてください。

FXはいくらからはじめたらいいの

FXをはじめるときに「いくら用意したらいいの?」と悩む人は多いでしょう。

また、FXがはじめての人が勘違いしやすいのですが「少額の取引じゃ儲からない」「どーんと100万くらいないとダメなのかな?」といった考え方です。

まずは、FXがいくらから始められるのか解説します。資金面で疑問や不安がある方は、ぜひ一読してみてください。

必要な金額は目的によって異なる

結論から述べるとFXは月5万円からでも十分です。実際のところいくら用意したらいいのかについては目的によって金額が変わってきます。

目的 金額
利益など関係なくFXを学びたい 5,000円
毎月数万円のお小遣いを稼ぎたい 1~5万円
がっつりFXで稼ぎたい 5~10万円

いくらからスタートしたらいいか分からない初心者の方は、まず目的を明確にしてみてください。目的に合った金額を用意しましょう。

最小取引単位は1通貨から

最小取引単位は、一般的には1,000通貨もしくは1万通貨からです。ごくまれに、1通貨から取引できるところもあります。デモトレードや学びとしてFXをはじめる人にはいいかもしれません。

最小取引単位は取引をするのに最低限必要なお金です。初心者の人は少額取引ができる会社がおすすめなので、最小取引単位が低い会社を選ぶといいでしょう。

必要証拠金の計算方法

こちらでは必要証拠金の計算方法をご紹介します。

必要証拠金の計算方法

レート×数量(Lot)=必要証拠金

この計算式に当てはめて実際に計算してみましょう。

例、ユーロ/円のレートが130円の場合
130円×0.1Lot(1,000通貨)=130,000円

つまり、レート130円を1,000通貨で取引するには最低でも130,000円は必要ということになります。事前に計算して必要な金額を算出しておくと安心です。

レバレッジを活用しよう!

ほぼ最小単位といわれている1,000通貨で取引するのに13万円はきついと思った人も多いのではないでしょうか。しかし、FXにはレバレッジというシステムがありますので安心してください。

レバレッジとは

口座に「1万円」しか入れてない場合でも、「2倍」に設定すると「2万円」の取引ができるという仕組みです。

FX会社によって異なりますがたいていの場合「2倍」「5倍」「10倍」「25倍」です。日本のFX会社では個人口座での最大レバレッジは25倍となっています。

先ほどの計算式を、レバレッジ25倍に設定した状態でもう一度計算してみましょう。必要証拠金がぐっと減るはずです。

(例)ユーロ/円のレートは130円・レバレッジ 25倍の場合
130円×0.1Lot(1,000通貨)÷25=5,200円

レバレッジを使わないトレードでは13万円の証拠金が必要でしたが、レバレッジ25倍を使ったトレードでは5,200円の証拠金で済んでしまうのです。ぜひ、レバレッジを活用してみてください。

必要証拠金は少し多めに用意する

必要証拠金はトレードをするために、口座に入金するものです。しかし、ギリギリの金額をいれておけばいいというものではありません。

少し多めに入れておくのがポイントです。もし、思わぬ損失が出たときに口座から金額の引き落としができなくなってしまうためです。そのためちょっと多めにいれておきましょう。

FX初心者の稼ぎ方&知っておきたいポイント

こちらではFXにはじめてチャレンジする人の稼ぎ方や知っておきたいポイントについてご紹介します。

スイングトレード&デイトレードでコツコツと

はじめてFXにチャレンジする人は、スイングトレードやデイトレードでコツコツと積み上げていくのがおすすめです。

メリット デメリット
スイングトレード
※数日間で終わるトレード
のんびり自分のペースで取引できる 寝ている間にレートが急落して損失が出る可能性がある
デイトレード
※1日で終わるトレード
日をまたがないので急落の心配がない 常にレートをチェックしていないといけない

まずは、スイングトレード・デイトレード、両者のメリット・デメリットを比較。自分のライフスタイルから適した方を選びましょう。

また、トレードをする際は常に勝つ必要はありません。勝率でいったら60%前後でかまわないと言われています。

はじめてトレードをする人は、すべてのトレードで勝とうと意気込んでしまいますが、肩の力を抜いてトレードしましょう。

長期保有でスワップポイント狙い!

長期保有でスワップポイントを狙うというトレード方法もあります。スワップポイントはいわゆる金利です。円、ユーロ、ドル、スイスフランなど、各通貨で設定されている金利は違います。

その中でも特に金利が高いといわれているのが「南アフリカランド」「トルコリラ」です。保有しているだけで金利が発生するため、売買の差額ではなくこの金利で利益をあげることができます。

トレードの記録をつける

はじめてFXにチャレンジする人は、ぜひトレードの記録をつけてみてください。やみくもにトレードをしていても、上達はしません。

トレードの記録をつける際は、あまり細かく書き過ぎないことがポイントです。意気込んで細かく書きたくなる気持ちはわかりますが、続かなくては意味がありません。

記録することに慣れてきたら、少しずつ情報を増やしていけばいいのです。トレードの記録を見ると、自分がおなじ失敗をしていることがわかったり、自分のトレードの癖が見えてきます。

取引コストの安い会社を選ぼう

FXがはじめての人に限ったことではありませんが、取引コストの安い会社を選びましょう。コストは安いに越したことはありません。FXでいう取引コストとは以下の3点です。

FXにおける三大取引コスト

  1. 口座開設費用
  2. 取引費用(取引手数料/スプレッド)
  3. 利益を出した際の費用(スワップポイント)

FX会社を選ぶ際は、ぜひ3つの取引コストに着目しましょう。1回の取引毎に発生するスプレッドやスワップポイントは少額ですが、回数を重ねるごとに高額になります。可能な限り低コストなFX会社がおすすめです。

FX初心者は少額でコツコツがおすすめ

はじめてFXのトレードをする人は、少額からコツコツとはじめるのがいいでしょう。こちらでは、少額でコツコツトレードするやり方について解説していきます。

1基本少額で運用すること

基本的には少額の資産で運用していきましょう。

初心者がやりがちなのが、少し利益があがったからといって必要証拠金を追加してより大きなトレードをするパターンです。どんなに調子がよくても、基本追加はせずに最初に決めた少額の資産で運用するようにしましょう

利食いと損切りルールを決める

トレードをしたときにいくらもうけたら利益確定するのか。逆に、損失がいくらになったら損切りするのかを、あらかじめルールとして決めておきましょう。

このルールに基づいてトレードをしていくのがおすすめです。一般的に利食いは8%程度、損切りは6%前後といわれていますので、参考にしてみてください。

初心者向け!FX口座おすすめ5選

FXがはじめての人は、まず口座の開設からでしょう。FX会社といっても多くの会社があるため、どれを選んだらわからない人も多いはずです。こちらでは、初心者の人でもトレードしやすいFX口座おすすめ5選をご紹介します。

1SBI FXトレード

おすすめ度
総合評価点
95点
取引コスト:A
サービス:A
使いやすさ:B
口座維持費 取引手数料 スプレッド(USD/JPY)
無料 無料 0.09銭
取引単位 レバレッジ 取扱通貨ペア数
1通貨 最大25倍 34

出典:https://www.sbifxt.co.jp/

SBI FXトレードのおすすめポイント

各種手数料が無料!
少額取引ができる!
マーケット情報無料提供!

SBI FXトレードの特徴といえば、1通貨から取引ができる点です。デモ口座も用意されているため、はじめての人でも使いやすい会社といえます。

また、新規口座開設+対象期間内ログインで500円がもらえるので、この500円を資金としてトレードをしてもいいでしょう。

FX取引の口座開設が完了し、初回ログインをされたお客さまが対象です。口座開設日によって適用条件(初回ログイン期間)が異なりますのでご注意ください
※積立FXのみ新規口座開設や積立FXへの初回ログインは対象外となります

2LIGHT FX

おすすめ度
総合評価点
85点
取引コスト:A
サービス:B
使いやすさ:A
口座維持費 取引手数料 スプレッド(USD/JPY)
無料 無料 0.2銭
取引単位 レバレッジ 通貨ペア数
1,000通貨 最大25倍 27

出典:https://lightfx.jp/

LIGHT FXのおすすめポイント

業界最狭水準スプレッド !
アプリとPCの使いやすいツール !
最短で翌日から取引可能!

LIGHT FXは、最小1,000通貨から取引ができます。通貨ペア数は27と十分なラインナップ。取引コストも低めなので、こちらも初心者向きです。

また、2021年3月31日までに新規口座を開設すると最大5万円のキャッシュバックがあります。この5万円を資金にして運用してみてみるのもいいでしょう。

公式サイトの文言によります

3外為どっとコム

おすすめ度
総合評価点
85点
取引コスト:A
サービス:B
使いやすさ:C
口座維持費 取引手数料 スプレッド(USD/JPY)
無料 無料 0.2銭
取引単位 レバレッジ 通貨ペア数
1,000通貨 最大25倍 20

出典:https://www.gaitame.com/

外為どっとコムのおすすめポイント

最短当日取引が可能!
新規口座開設で最大103,000円キャッシュバック!
デモ版でFXを体験できる!

外為どっとコムは新規口座開設で最大10万3,000円のキャッシュバックがもらえます。レバレッジは最大25倍なので、はじめの資金としては十分でしょう。

取引単位は1,000通貨からです。FXに関する講座や単語をわかりやすく解説したり、初心者に親切な会社といえます。

※特典終了期間は未定です。

4GMOクリック証券

おすすめ度
総合評価点
95点
取引コスト:B
サービス:A
使いやすさ:A
口座維持費 取引手数料 スプレッド(USD/JPY)
無料 96円~(税込) 0.2銭
取引単位 レバレッジ 通貨ペア数
1万通貨 最大25倍 20

出典:https://www.click-sec.com/

GMOクリック証券のおすすめポイント

スプレッドが業界最小水準
使いやすさを追求したシステム開発!
万全のサポート体制!

GMOクリック証券は使いやすさを追求したシステム開発を行っています。取引ツールが充実しているため自分のスタイルに合わせて最適な取引が行えます。

取引単位は1万通貨からですが、無料でデモ取引が可能。実際の相場でお金をかけることなく、FX取引を体験できます。

公式サイトの文言によります

5DMM FX

おすすめ度
総合評価点
85点
取引コスト:B
サービス:B
使いやすさ:A
口座維持費 取引手数料 スプレッド(USD/JPY)
無料 無料 0.2銭
取引単位 レバレッジ 通貨ペア
1万通貨 最大25倍 20

出典:https://fx.dmm.com/

DMM FXのおすすめポイント

業界最狭水準スプレッド
各種手数料無料!
無料の経済ニュースが手に入る!

DMM FXは最低1万通貨からのトレードとなっています。しかし、各種手数料が無料、かつスプレッドが狭めと取引コストが安いのが特徴。また、スマートフォンでかんたんに口座開設ができます。

サポート体制も充実しており電話・メールに加え、FX業界初の【LINE問い合わせ】も対応。初心者でも不安なくと取引を進められます。

公式サイトの文言によります

FX初心者がやりがちな失敗例

楽天ゴールドカード

こちらでははじめてFXをする人がやりがちな失敗例を見ていきましょう。

ポジポジ病

ポジポジ病は、常にポジションをもっていないと不安になってしまう状態のことです。ちょっとした中毒のような状態といえます。

注意!
いつでもトレードしていないと落ち着かず、損失が出ると「取り返すんだ」と感情的になり負債が増える危険性があります。

生活費にまで手を出してしまう

トレードにはまりすぎて、生活費にまで手をだしてしまう人がいます。ここまで来るとギャンブルと変わりません。

「次は勝てる!」「負けた分を取り戻すんだ!」といって、本来使う予定ではない生活費に手を出してしまうのは避けましょう。過度なトレードを避けるうえで大切なのが損切りです。

損切りとは

損失を抱えている状態で見切りをつけ損失額を確定させること

事前に損切りのルールを決めておくことで、想定以上のマイナスに陥らずに済みます。FXは精神的に余裕がある範囲で行いましょう。

ポジションを増やし過ぎる

トレードすることが楽しくなってくるとやりがちなのが、ポジションを増やし過ぎることです。

たとえば、「ドル/円」でポジションをひとつもっているのに、「ユーロ/円」「ポンド/円」など複数ポジションを増やしてしまい、結果チェックが追いつかずに損失が出てしまいます。

初心者の方は、まず取引を絞ることが大切です。慣れるまでは自分なりのルールや時間を決めて、節度をもって売買しましょう。

まとめ

はじめてFXをする初心者は、少額でコツコツと欲張らないことが大切です。また、最低限トレードに必要な単語や必要証拠金の計算方法などはしっかりと覚えましょう。

もっと勉強したい人は、FXに関する書籍などを読んでみるのもおすすめです。どのFX会社を選ぶかによって、特徴や取引しやすさは異なります。

ぜひ今回紹介したFX会社から好きな口座を開設し、自分にあったスタイルでトレードを楽しんでみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事