ゴールドカードおすすめ人気ランキング!主要項目を徹底比較

ゴールドカードの魅力は、高いステータスと豪華な特典です。しかし、カードの特徴は多種多様。どのゴールドカードを選ぶべきか迷ってしまうのも無理ないでしょう。

そこで今回は、厳選に厳選を重ねたゴールドカードおすすめ人気ランキングBESTを紹介します。


  • 発行スピード
  • 特典の充実度
  • 保険・補償
  • 還元率
  • 海外利用
  • ステータス

各ゴールドカードの総合評価やおすすめ度もまとめています。

ゴールドカードを初めて作成する方向けに、ゴールドカードの選び方も解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

※キャンペーン等によっては、本記事の記載よりも高い還元率でポイントが付与される場合がございます。

\高ステータスカード!/

ゴールドカードおすすめ人気比較ランキング

1JCBゴールド

JCBゴールドのおすすめポイント

ポイント有効期限が通常より1年長い!
手厚い旅行保険は家族にも適用
国内飲食店優待や空港ラウンジサービス付帯!

JCBゴールドカードは、日本発の国際ブランドJCBが発行するゴールドカードです。ポイントの有効期限が長く、一般カードは2年間ですが、ゴールドカードの場合は3年間です。ポイントは幅広い特典に交換できます。

さらにカードには海外旅行保険が自動付帯しています。

面倒な事前手続きなくもしもの際に保険金の受取りが可能です。

家族にも保険が適用されるため、家族で1枚持っておくと旅行の際に安心です。

ディズニーリゾートのペアチケットが当たるキャンペーンに参加できたり、全国250店舗の中から飲食代金が25%オフになったりと、特典も充実しています。

空港ランジサービスも利用できる王道のゴールドカードです。

JCBゴールドの口コミ・評判

40代・女性
ステータス重視にはもってこいのカードです。国産ブランドJCBということで、国内メインで使う人なら不便はありません。還元率はあまり高くないので、還元率重視のかたはWを発行するのが良いと思います。

50代・男性
旅行保険が手厚いので、保険代わりにも使える1枚です。決済不要の自動付帯型で、飛行機遅延にも対応します。

20代・男性
プレミアムのグレードアップを狙って作りました。実際に手に取ってみると予想以上にかっこいい。2年連続で100万円以上使っているので、そろそろ招待状が届くのではと期待しています。
年会費 通常ポイント還元率
国際ブランド
11,000円(税込) 0.50%
※1,000円(税込)につき1ポイント付与、1ポイント=5円相当として何円相当のポイントが付与されるかを基に還元率を算出しております。
JCB
ショッピング
保険
旅行傷害
保険
申込可能年齢
国内:最高年500万円
海外:最高年500万円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円
20歳以上

※オンライン入会の場合は初年度無料

2三井住友カードゴールド

三井住友カードゴールドのおすすめポイント

セキュリティ・サポートが充実!
カードラウンジが使える
旅行保険が自動付帯!

三井住友ゴールドのメリットは、セキュリティ・サポートが充実していることです。国内・海外ともにカードトラブルの連絡を24時間体制で受け付けています。使用の時間帯や場所にかかわらず相談できるので安心です。

また、国内主要空港31ヶ所のカードラウンジが無料で利用可能。最高5,000万円の旅行保険も付帯しており、出張や旅行にも適しています。信頼と実績あるステータスカードなので、安心して長く使えます。

三井住友カードゴールドの口コミ・評判

30代・男性
30歳以上しか申し込めないステータスカードです。三井住友一般を使っていたので、31歳になったタイミングで切り替えました。券面がカッコ良くて気に入っています。

40代・女性
長く使えるカードです。特に派手な特典があるわけではありませんが、大手カード会社発行という事で安心して使えます。

50代・男性
還元率は高くないものの、安心して使えます。30歳以上しか発行できないため、他のゴールドと比べてステータスも十分です。
年会費 通常ポイント還元率
国際ブランド
11,000円(税込) 0.50%
※200円(税込)につき1ポイント付与
VISA
ショッピング
保険
旅行傷害
保険
申込可能年齢
国内:最高年300万円
海外:最高年300万円
国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
原則30歳以上

※インターネット入会で初年度無料

3アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのおすすめポイント

空港ラウンジサービスは同伴者1名まで無料!
ポイントを幅広いマイルに交換できる
有名レストランの料金が1名分無料!

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、豪華な特典が特徴の1枚です。空港ラウンジサービスは同伴者1名まで無料で利用可能です。友人や大切な人との旅行を快適にサポートします。

ポイントはマイル移行しやすいのがメリットです。ANAマイル・スカイマイルをはじめとする、提携航空パートナー15社のマイルに交換できます。

マイルを貯めている人とも相性良好です。

また、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードには『ゴールド・ダイニングby招待日和』も付帯しています。ゴールド・ダイニングby招待日和とは、2名以上のコース料理代金が1名分無料になるサービスです。

コース料金の代金は概ね1〜3万円程度。1回利用すれば1〜3万円割安で食事できます。

カードの年会費は約3万円なので、ゴールドダイニングを年3回利用すれば年会費分をペイすることができるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの口コミ・評判

40代・男性
空港を良く利用するのであれば良いかと思います。ただ、日常的に使うカードを探しているのであれば、別のカードの方が良いでしょう。

30代・女性
正直、年会費は高いです。もちろん補償や特典は豪華ですが、使わない人であれば確実に損してしまいます。かなり利用者を選ぶカードだと感じています。

20代・男性
とにかくステータスが高いカードが欲しくて発行しました。審査通ったのは非常に嬉しかったです。20代でこのカードを持っていると、周囲に驚かれるので満足です。
年会費 通常ポイント還元率
国際ブランド
31,900円(税込) 1.00%
※100円につき1ポイント付与、一部例外がございます。
AMEX
ショッピング
保険
旅行傷害
保険
申込可能年齢
国内:最高年500万円
海外:最高年500万円
国内:最高5,000万円
海外:最高1億円

4dカード GOLD

dカード GOLDのおすすめポイント

ドコモユーザー10%還元!
年間利用額に応じて特典がもらえる
ケータイ補償あり!

dカードGOLDは、約658万件の契約数を誇る人気ゴールドカードです。下位ステータスにあたるdカードの契約者数は612万。dカードよりdカードGOLDの方が多くの利用者がいます。

dカードGOLDが多くの人に支持される理由としては、ドコモユーザーへの還元率の高さが挙げられるでしょう。

ドコモのケータイ代金支払いに使えば10%還元(1,000円(税抜)につき100ポイント進呈)。ケータイ料金次第では、年間1万ポイント以上の還元も現実的です。

入会二年目以降は、前年の利用額に応じて11,000〜22,000円相当の特典をゲットできます。

用意されている特典は「ケータイ購入割引」『メルカリ』『dトラベル』などのクーポンです。

クーポン獲得に必要な条件は年間100万円(税込)以上のカード利用です(22,000円相当の特典を得るためには、年間200万円(税込)以上の利用が必要です)。毎月の生活費を一本化すれば十分到達可能な数字でしょう。

11,000円相当のクーポンを獲得できれば、それだけで年会費の元が取れます。

NTT docomo2019年度決算資料より参照

dカード GOLDの口コミ・評判

30代・女性
ケータイ代が安くなるので使っています。ドコモユーザーなら11,000円の年会費はすぐペイできます。

20代・女性
特典に1万円の価値があるかと言われると微妙なラインですが、ドコモのケータイ代の支払額次第ではお得かと思います。auやSoftbank使っている人は、別のカードにした方が良いでしょう。

40代・男性
還元率と特典のバランスが良くて気に入ってます。
年会費 通常ポイント還元率
国際ブランド
11,000円(税込) 1.00%
※100円(税込)につき1ポイント付与
VISA/Mastercard
ショッピング
保険
旅行傷害
保険
申込可能年齢
国内:最高年300万円
海外:最高年300万円
国内:5,000万円
海外:1億円
20歳以上

5楽天ゴールド

楽天ゴールドのおすすめポイント

国内外空港ラウンジが年2回まで無料!
楽天ポイントが貯まりやすい
トラベルデスクが無料!

楽天ゴールドは、安いコストで持てるゴールドカードです。一般的なゴールドカードの年会費相場は1万円程度。一方、楽天ゴールドは2,200円(税込)しかかかりません。

楽天ゴールドの大きな魅力は、楽天ポイントが貯まりやすいことです。

楽天ゴールドの口コミ・評判

30代・女性
楽天経済圏に生きる人には必須の1枚です。楽天銀行との紐付けで楽天市場での還元率1倍アップで使ってます。

20代・男性
年会費がとにかく安いです。サービスはそれなりですが、楽天市場でよく買い物する方なら十分年会費の元は取れます。

20代・男性
最初のゴールドカードとして作りました。20代の私でも簡単に発行できたのでステータスは皆無ですが、コスパ重視の方には良いと思います。
年会費 通常ポイント還元率
国際ブランド
2,200円(税込) 1.00%
※100円につき1ポイント付与
VISA/JCB/Mastercard
ショッピング
保険
旅行傷害
保険
申込可能年齢
国内:-
海外:-
国内:-
海外:最高2,000万円
20歳以上

ゴールドカードの選び方

ゴールドカードの選び方

年代に合ったカードを選ぶ

ゴールドカードの申込み条件は、一般カードより厳しく設定されているのが一般的です。申し込む際、特に注意したいのが年齢です。

注意!
年齢条件を満たしていなければ、そもそも申し込めません。

また、ゴールドカードは年会費もさまざまです。一般的に年会費が安いカードほど、収入が低い年代の方でも発行しやすいと予測できます。

ゴールドカードは一般カードと比較して審査が厳しいと予想できるため、年代に見合ったカードを選びましょう。

年会費の元が取れるか計算する

ゴールドカードの年会費は1万円前後が相場です。カードを選ぶ際、1万円前後する年会費をペイできるかが一つの基準となります。

年会費の元が取れるかは、カードの特典や還元率を調べれば簡単に分かります。例えば、飲食代金が1万円割安になるカードであれば、年1〜2回サービスを使えば年会費の元が取れる計算です。

一見年会費が高くても、特典の使い方次第では、年会費以上の価値を発揮するゴールドカード。

選ぶカード次第では、一般カードよりお得になることも少なくありません。

特典の利用頻度を考える

特典の利用頻度 ゴールドカード

ゴールドカードには、さまざまな特典が付帯しています。特典の充実度が一般カードとゴールドカードの大きな違いです。

しかし、特典が付帯しているぶん年会費は高額なのが通常です。高い年会費を払ってカードを所有するかは、特典の利用頻度にかかっています。

もし特典を全く使わないのであれば、わざわざゴールドカードを所有する必要性はないでしょう。

ステータス重視でカード選びを行っている方は問題ありませんが、それ以外の方は特典の利用頻度を考えてみてください。

ゴールドカードに関するよくある質問!おすすめのカードは?

ゴールドカードでおすすめのカードは?
数あるゴールドカードのなかでも、おすすめは「JCBゴールド」です。
JCBゴールドは、国際ブランドJCBが発行するゴールドカードで、ステータスの高さも魅力的なカードです。空港ラウンジサービスや旅行傷害保険の付帯など、ゴールドカードとしての機能も充実。
それだけでなく、普段の買い物でポイントが貯まりやすい仕組みも、JCBゴールドのおすすめポイントです。ポイントの有効期限は、一般カードよりも1年長いためポイント失効のリスクも下げられます。
JCBゴールドは、付帯サービスとショッピング機能のバランスがよいゴールドカードです。
年会費の安いゴールドカードは?
年会費の安さでゴールドカードを選ぶなら、「楽天ゴールド」がおすすめです。
年会費2,200円で入会でき、国内外の空港ラウンジが年2回無料で利用できます。トラベルデスクも無料のため、低コストでゴールドカードを持ちたい人のなかでも、とくに旅行へよく行く人におすすめのゴールドカードです。
楽天ポイントも貯まりやすいので、楽天グループのサービスを頻繁に利用する場合にも、楽天ゴールドは使いやすいでしょう。
30歳以上におすすめのゴールドカードは?
30歳以上で初めてもつゴールドカードには、「三井住友カード ゴールド」がおすすめです。
申し込み条件は、安定継続収入のある30歳以上の人。出張や仕事での利用でも安心できるセキュリティー対策が魅力です。カードトラブルに対して、24時間体制でサポートされます。国内はもちろん、海外でのサポートも充実しているため、海外出張の多い人におすすめできます。
ゴールドカードと一般カードの違いは?
一般カードは付帯サービスが少なく、年会費も無料のカードが大半です。審査も厳しくなく、初めてクレジットカードをもつ人でも発行しやすいカードです。
ゴールドカードは一般的に、一般カードよりもステータスの高いカードで、付帯サービスや保険が充実しています。審査基準も、一般カードに比べて厳しい条件を課しているケースもあります。
ゴールドカードの魅力は?

高い年会費を払ってまでゴールドカードにする意味はあるのか、と思うかもしれませんが、ゴールドカードには以下の魅力があります。

  • 一定のステータスをもつ
  • 使い方次第で一般カードよりお得になる
  • 補償がついているので安心

ゴールドカードは基本的に、一般カードよりもステータスの高いカードです。持っているだけで特別な気持ちになれるだけでなく、プラチナカードやブラックカードのインビテーションを受けられることもあります。また特典やサービスを有効活用すれば、一般カードよりもお得に使えます。ゴールドカードのポイント還元率が高く設定されている場合は、年会費を上回るポイントを貯めやすいでしょう。
一般カードにはない補償サービスもついているため、万が一のときにも安心です。

ゴールドカードを選ぶときのポイントは?
ゴールドカードを選ぶときは、特典内容に注目しましょう。
旅行によく行くのなら空港ラウンジ無料サービスがついたもの、ショッピング利用ならポイント還元率の高いものなどです。利用頻度の高い特典がついたゴールドカードを選ぶと、満足度が高くなるでしょう。
損しないゴールドカードの選び方は?
一般的なゴールドカードは、年会費が1万円~3万円と一般カードよりも高い設定です。そのため、年会費の元が取れるゴールドカードを選ぶとよいでしょう。
カードの特典やポイントの還元率を確認し、年会費を上回ったカードを選択するのがおすすめです。

まとめ

ここまで、ゴールドカードおすすめ人気ランキングを紹介してきました。

ゴールドカード選びでは、ステータスの高さはもちろん、特典内容にも目を向けることが大切です。特典の利用頻度を考えて、年会費の元が取れるか計算してみましょう。

今回紹介したカードはどれも人気が高く、自信を持っておすすめできる1枚です。ただし、適したカードはひとり一人異なります。利用シーンをイメージして最もお得なカードに申し込んでみてください。

関連記事

 
 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事