【一戸建て・マンション】おすすめ光回線8選|月額料比較ランキング

光回線に加入している家庭も、近年次第に増えてきています。ネットで光回線について検索すると、多様なサービスがヒットするはずです。

これから加入しようと思っている人のなかには、どれがよいのかわからないという方もいるでしょう。

そこで今回は、おすすめの光回線サービス8選の紹介や選び方のポイントを解説していきます。また一戸建てとマンションとでは、料金が異なる場合もあります。

住居タイプ別におすすめのサービスについても検証するので、これから加入する・見なおそうと思っている人はぜひとも参考にしてみてください。

おすすめ光回線8選

まずは全体的にみておすすめの光回線8つをピックアップしていきます。もしどこにしようか結論が出ていなければ、以下の8つのなかから選べば間違いはないでしょう。それぞれの特徴について紹介します。

お手軽光

お手軽光

おすすめポイント
  • 業界トップクラスの最安値
  • 契約期間の縛りなし

お手軽光はとにかく料金の安さで定評のあるサービスです。月額3,280円からというのはほかと比較しても、頭ひとつ安さで抜きんでているといえるでしょう。

月々かかる費用なので、家計の負担を少しでも軽減したいと思っている人にはおすすめといえます。

注目!
キャンペーンもさまざまなものが開催中であるため、最新情報をチェックしよう!

 

光回線は2~3年契約で利用するものです。中途解約すると違約金が発生します。しかしお手軽光の場合、契約期間の縛りがないのも魅力のひとつです。

つまりお試し感覚で加入して、想像と違ったらすぐに解約できます。

NURO光

NURO光

 

おすすめポイント
  • 下り最大2Gpbs
  • 契約期間が選択制

NURO光は下りスピードの速い光回線として、注目を集めています。下り最大2Gbpsなため、動画視聴でもオンラインゲームでもさまざまな楽しみ方ができます。

しかも複数の端末で同時使用しても、スピードが著しくダウンする心配もありません。家族で通信を使う人が複数いる世帯向けです。

注目!
申し込み特典のバリエーションが豊富な点に注目!

 

NURO光では3年/2年契約と期間なしのプランを用意しています。任意で選択できるので、ライフスタイルに合わせた契約が可能です。転勤で短期間だけ生活する場合には、期間なしを選択できます。

3年契約をすると通常月額5,200円だったものが、1年間980円になるのでかなりお得です。

Plala光

Plala光

 

おすすめポイント
  • 次世代通信技術IPoE方式を採用
  • セキュリティを標準装備

ぷらら光はIPoEという次世代の通信技術を採用しています。従来よりもスピーディにデータ通信ができるので、ネット回線が快適になります。

IPoE方式に対応したルーターも無料で貸し出していて、Wi-Fi方式です。ケーブルなしでネット通信が利用できます。

注目!
コミコミ価格でお得に!

 

ネット利用で心配なのは、セキュリティ問題ではありませんか。ぷらら光の場合、迷惑メールの不利明けや迷惑メールのウイルスチェックが標準搭載されています。

子どものいる家庭でも、安心してネットライフを楽しめるでしょう。

ぷらら光にひかりTVをセットにすれば、ひかりTVの月額が990円と1,760円もお得になります。

OCN光

OCN光

 

おすすめポイント
  • IPoE方式で快適にネット通信
  • 開通とことんサポートで初心者でも安心

OCN光では次世代のIPoE方式を2020年6月から導入しています。データ通信もスムーズなので、動画再生やオンラインゲームも快適です。

また最近ではリモートワークをしている人も多いでしょう。リモートでもトラブルなくサクサク作業もはかどるはずです。

注目!
お得な割引プランも展開中!

 

割引プランだけでなくOCN光では開通とことんサポートというサービスを展開しています。ネットについて詳しく知らない人は、初期設定で苦戦する人もいるでしょう。

OCN光では初回に限り、無料で接続設定を自宅にスタッフが訪問してサポートしてくれるので安心です。

2年自動更新で契約すると、月額基本料金が月々1,100円も割引になるのでお得感があります。

エキサイトMEC光

エキサイトMEC光

 

おすすめポイント
  • 契約期間の縛りなし
  • ルーターのレンタル110円

エキサイトMEC光の特徴として無視できないのは、契約期間の縛りのない点です。縛りのないサービスはほかにはなかなかありません。

そのためいつ解約しても違約金はゼロです。ほかでは解約手数料が1~2万円かかるので、この差は大きいでしょう。

注目!
工事費無料キャンペーンがある!

 

工事費無料に加えルーターも月々110円でレンタルできます。接続設定も簡単です。IDやパスワードなどの設定も必要なく、手軽にネット通信をはじめられます。

GMOとくとくBBドコモ光

GMOとくとくBBドコモ光

 

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度ナンバーワン
  • 通信速度300Mbps超

GMOとくとくBBドコモ光は、2020年のオリコン顧客満足度調査でプロバイダーの広域企業部門2年連続ナンバーワンに輝きました。※公式より

サービス満足度調査も自社で行っているのですが、こちらも96.8%を記録しています。なぜこれだけの高い満足度を誇るのか、それは通信速度です。

GMOとくとくBBドコモ光では、通信速度の実測情報を公開しています。2020年9月から2021年8月にかけての全国調査で、全国平均下り345.65Mbps、上り303.43Mbpsでした。

これだけの速度があれば、オンラインゲームも快適にプレイできるでしょう。

注目!
初期設定なしで利用できる!

 

通常なら初期設定としてIDやパスワードが必須です。しかしGMOとくとくドコモ光ならこの設定が必要なくなります。手軽に加入できるのがおすすめポイントです。

利用開始までの手続きや設定が必要なく、30分ネットにつないで待つだけで利用できます。

ビッグローブ光

ビッグローブ光

 

おすすめポイント
  • セット割を利用すればお得に
  • 日本全国で利用可能

ビッグローブはセット割もさまざまなものを展開しています。BIGLOBEモバイルのほかにauやUQモバイルとセットにしても、月額料金がお得です。以上キャリアのスマホをもっているのであれば、要チェックでしょう。

注目!
豊富な特典を提供中!

 

せっかく魅力的な光回線サービスを発見しても、対象外なら意味がありません。ビッグローブ光の場合、基本日本全国どこでも利用できるのも強みです。

フレッツ光の回線を使っているので、地方関係なく申し込みできます。

So-net光

So-net光

 

おすすめポイント
  • auスマートバリューが利用可能
  • ルーター無料レンタル

So-net光はauスマートバリューが利用できるので、auのスマホユーザーにはおすすめです。ネットとひかり電話のセット契約すれば、auの月額携帯料金が最大1,100円割引になります。

しかも最大10回線まで適用されるので、家族でauユーザーになればかなり電話料金を圧縮できます。

注目!
セキュリティが無料!

 

セキュリティにプラスしてルーターのレンタル料金が無料なのも特徴のひとつです。Wi-Fiルーターを購入するとなると安くても数千円、高いと数万円かかります。それがゼロになるのでコスト圧縮の意味でも大きいでしょう。

S-SAFEというSo-netのセキュリティソフトが無料で利用できるので、インターネットをお得にかつ安全に利用できるようになります。

一戸建てにおすすめの光回線ランキング

光回線でおすすめのサービスは住居形態によって異なります。まずは一戸建てでおすすめのサービスについて3つ紹介します。

当サイトでは価格の安さだけでなく、コスパに着目しました。ただ単に安いだけで品質が悪いのなら、意味がないからです。一戸建てにお住まいの方は、ぜひとも参考にしてみてください。

※ランキングは本記事で紹介したおすすめ光回線の月額料金を比較して作成しています。

1お手軽光

お手軽光
戸建で光回線を利用するのであれば、お手軽光がおすすめです。その理由として大きいのは価格の安さにあります。

一戸建てタイプで契約した場合、月額4,708円(税込)です。これだけの低価格で利用できるところは、ほかにはなかなかありません。

契約期間の縛りのないところも、おすすめポイントです。中途解約にともなう違約金の請求がありません。

たとえ入会してから自分に合わないと思った場合でもすぐに解約できるので、気軽な気持ちで契約できるのもおすすめといわれる理由です。

2NURO光

NURO光
戸建で暮らしている人は家族連れの方が多いでしょう。親も子どももネットを利用するのであれば、NURO光がおすすめです。下り最大2Gbpsという通信速度にその理由があります。

これだけの速度があれば、家族がそれぞれ同時にネットにアクセスしてもスピードが著しくダウンすることはないでしょう。月額5,200円(税込)のわりにはスペックが充実しています。

親が動画視聴している一方で、子どもがオンラインゲームをしてもつつがなく楽しくネットライフをすごせるはずです。月額割引や乗り換えにともなう違約金の補償もあり、家計に優しいといえるでしょう。

3Plala光

Plala光
Plala光も一戸建ての糧におすすめのサービスといえます。戸建ホームタイプは月額5,280円(税込)で格安業者と比較すれば、少し高めです。

しかしそれを補って余りあるサービスが充実しています。たとえばメールのウイルスチェックなどの、セキュリティサービスが標準装備されています。

Plala光の会員になると、ひかりTVのエントリープランにも同時加入できるのもおすすめポイントです。追加料金がありません。

ひかりTVのビデオ作品なども見放題なため、家族一緒に楽しむといったこともできます。

マンションでおすすめの光回線ランキング

光回線の料金体系は一戸建てとマンションの2種類のコースにわかれています。もしマンションにお住いの場合、マンションプランのなかから選ばないといけません。

それではマンションタイプでおすすめなのはどこか、以下に3つピックアップしてみました。こちらもコスパの良さをベースにランキングしています。

1エキサイトMEC光

エキサイトMEC光
安さで光回線を探しているのであれば、エキサイトMEC光がおすすめでしょう。マンションタイプの場合月々3,850円(税込)からです。

マンションの場合、住民が一気にネットを同時に利用すると混雑して通信速度の落ちることもあるかもしれません。しかしエキサイトMEC光であれば、新世代のIPoe接続を導入しています。

ボトルネックにともなう混雑がありません。そこで多くの人が利用する時間帯でも、サクサク接続できます。

2GMOとくとくBBドコモ光

GMOとくとくBBドコモ光
料金という部分で比較するなら、GMOとくとくBBドコモ光も選択肢のひとつになるでしょう。集合住宅タイプであれば、4,400円(税込)です。

しかもドコモ光を利用すれば、Wi-Fiルーターのレンタル料も無料になります。通信速度も速く、動画などの大容量コンテンツを視聴する際にも、途中で止まってしまう心配はありません。

最新鋭のIv6を導入することで、機密性の高い住民の多いマンションでもサクサクネットにつながるでしょう。品質とコスパの両方にこだわる人におすすめです。

3ビッグローブ光

ビッグローブ光
値段にこだわるのであれば、ビッグローブ光も選択肢に入ってくるでしょう。月額4,378円(税込)というのは、マンションタイプのなかでもかなりの安値です。

しかもビッグローブはプロバイダー業界で四半世紀の歴史を誇ります。業歴の長い・信頼できるサービスを利用したいと思っている人におすすめです。

さらにスマホとセットにすれば、携帯料金を割引にできます。auかビッグローブモバイル、UQモバイルを利用していれば携帯代金が安くなります。

契約期間中はつねに適用されるので、年間の家計の出費をかなり節約できるでしょう。これらのキャリアに入っている人であれば、申し込みを検討してみる価値はあります。

おすすめの光回線の選び方のポイント

おすすめの光回線の選び方のポイント
光回線を選ぶにあたって、押さえておきたいポイントがいくつかあります。そのなかでも主だったもの4つのポイントについてここでは紹介しましょう。

候補がいくつか残った際、最終的に絞り込むにあたって活用してください。

実質費用で比較する

光回線を利用するにあたって、費用をチェックする人は多いでしょう。このときただ額面の料金だけを比較しないでください。

トータルでいくらかかるかで比較して、最もお得なのはどこか検討しましょう。実は人によってなにが一番安いかは変わっていきます。

たとえばキャンペーンで割引やキャッシュバックサービスがついてくる場合が考えられます。光回線を導入する際には開通工事が必要です。

この工事料金が無料になるところもみられます。このような特典を利用すれば、額面ではそこまで安くないサービスでも結局はお得にもなりうるでしょう。

スマホセット割を活用する

おすすめの光回線の選び方のポイント
ここでもいくつか紹介しましたが、スマホセット割を導入しているサービスもあります。もしスマホをおもちであれば、セット割のできるサービスはないかチェックしましょう。

大手キャリアなら割引サービスはほぼあるうえに、格安SIMでもセット割の利用できるサービスもみられます。

会社によって異なりますが、月々のスマホ代が1,000円以上値引きになるサービスも珍しくありません。つまりは年間1万円以上のスマホ代が節約できるので、非常に大きいでしょう。

家族みんなが同じキャリアなら、家族分割引が受けられてさらにお得を味わえるのです。

IPv6に対応しているか

おすすめの光回線の選び方のポイント
通信速度も比較ポイントのひとつです。速い方がサクサク接続できフラストレーションも少なくなります。速度にこだわる場合、IPv6接続に対応しているところを選びましょう。

IPv6は従来の方式と異なり、回線が混雑したときに自動的に回避するスタイルです。なかなかネットにつながらない、動画をみているときに何度も止まった経験はありませんか。これは回線の混雑によるものです。

IPv6であれば、いわゆる混雑する時間帯でも快適にネット閲覧ができます。ここで紹介した会社はすべてIPv6に対応しているので、この部分は心配しないでください。

そもそも利用できるか

おすすめの光回線の選び方のポイント
光回線サービス事業者のなかには、サービスエリアが限定している場合もあります。そのため自分の住んでいる地域で利用できるかどうかは確かめてください。各企業のホームページに明記されているはずです。

フレッツ光回線であれば、ほぼ日本全国どこでもカバーしているはずです。ただ山間部や離島の場合、どのサービスもカバーできないケースも稀ながらあるかもしれません。

その場合にはWi-Fiなど別の手段でネット接続しましょう。

よくある質問

サイトによく出ている通信速度は正しいのですか?
事業者の公開している速度は最大値です。皆さんの住んでいる住居や周辺環境によって速度は変わっていきます。実測値を紹介しているサイトもあるので、こちらも確認してください。
開通工事にはどのくらいかかりますか?
シーズンによって多少違いがありますが、おおよそ申し込んでから1か月前後と想定してください。
マンションでも光回線は利用できますか?
可能です。ただ建物の構造によっては共用部分に回線を引き込まないといけないケースもあります。この場合管理会社や建物のオーナーの許可が必要です。
賃貸物件でも利用できますか?
工事が必要な場合、管理会社や大家さんの許可が必要になります。もしかするとすでに光回線が引き込まれているかもしれないので、不動産会社などに確認しましょう。
Wi-Fiとどちらがよいかで迷っています。
今すぐ利用したければWi-Fiの方がよいでしょう。ただ品質や通信速度の安定性を重視するなら光回線の方がおすすめです。
未成年です。自分で光回線の契約はできますか?
ケースバイケースなので会社に問い合わせましょう。ただ保護者の同意が必要なところが多いようです。
開通工事の際には立ち合いは必要ですか?
すでに光コンセントがあって、派遣の必要がなければ立ち合いは必要ありません。しかしそれ以外の場合は原則立ち合いは必須だと思ってください。

まとめ

ADSLのサービス停止をする業者が増えてきているので、もしまだなら光回線への乗り換えを検討したほうがよいでしょう。

光回線のサービスはさまざまなものがあるので、どこにすればよいかで迷う人もいるでしょう。その場合上記で紹介したサービスのなかから選択するのが賢明です。

光回線の場合戸建とマンションなどの集合住宅とでは料金プランが異なります。自分の住居形態を考えてどこがよいのか比較してみてください。

光回線を引き込んで、今まで以上に快適にインターネットを楽しんでいきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事