イオン銀行カードローン

最近では、カードローンを使用する方も増えてきました。イオン銀行から提供されるイオン銀行カードローンは、年3.8%~13.8%の金利設定で人気の商品だと言えます。

こちらではイオンカードローンについて、5つの特徴や金利の高さ、審査基準などをご紹介します。また、イオンカードローンと銀行カードローンの違いについてもくわしく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

後半は気になる返済日や返済方法、借り換えには向いているのか、みんなの口コミなどをご紹介していきます。

イオンカードローンの6つの特徴!金利は高いの?

金利 年3.8~13.8%
借入方法 提携ATMまたは振込
返済方法
  • 口座引き落とし
    (イオン銀行口座、他金融機関口座)
  • ATM返済
利用限度額 800万円

出典:イオン銀行カードローン公式サイト

1,000円単位で気軽に借りられる!

カードローン会社の中には最低借入額が10万円からというところもあります。そんな中イオンカードローンは1,000円単位から気軽に借りることが可能です。

大きな借り入れはしないけど、ちょっとだけ足りないときに借りたいという人でも使いやすいカードローン会社です。

金利は年3.8%~13.8%

貯金箱

イオンカードローンの金利は年3.8%~13.8%となっています。銀行系のカードローン会社の中では普通といえるでしょう。カードローン会社には種類があり、「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3つがあります。

イオンカードローンは銀行系にあたるカードローン会社です。1番金利が安いのは、銀行系のカードローン会社といわれているのです。

年会費・入会金・コンビニATM手数料0円!

イオンカードローンは年会費も入会金もかからないため、年間にかかる維持費が必要ありません。またコンビニATMの手数料も無料ですので、借り入れや返済の際もコストダウンが期待できるでしょう。

無料になるATMは提携ATMですが、「イオン銀行ATM」「ローソンATM」「コンビニATMEnet」があります。さらに、提携金融機関のATMでも手数料が無料です。

イオンカードローンの提携金融機関は「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「MUFG 三菱UFJ銀行」「ろうきん」「信用組合」「信用金庫」となっています。

手続きで郵送しなくていい!WEB完結可能!

スマートフォンを操作する人

イオンカードローンは新規申し込みのさいに、手続きでWEB完結が可能です。通常、郵送などで必要書類を送る必要がありますが、イオンカードローンであればWEB上ですべて手続きを完了させることが可能。

忙しい人や書類のやりとりを同居している家族にバレたくないという人でも利用しやすいといえるでしょう。

口座開設不要!

イオンカードローンを利用するにあたって、イオン銀行に口座開設をしなければならないと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし、イオンカードローンは口座開設をしなくても新規申し込みが可能かつ、融資が受けられます。銀行口座の申し込みは本人確認書類だけでなく、銀行印が必要だったりとなにかとめんどくさいです。

イオンカードローンなら、そういった手続きが一切不要。忙しい人やなるべくはやく手続きがしたいという人に向いているでしょう。

もちろん、すでにイオン銀行の口座を持っている人は振込等に使うことができますので、安心してください。

イオンカードローンの審査は甘い?厳しい?審査基準を解説

こちらではイオンカードローンの審査基準について解説していきます。とくにはじめてカードローンを利用する人にとって、審査自体を重たく感じる人も多いでしょう。

また、はじめての借り入れではないものの、審査に落ちるのではないかと心配している人も多いです。

明確な審査基準は明かしていない

実は残念ながら明確な審査基準は公表していません

これはイオンカードローンに限ったことではなく、ほかのカードローン会社やもっといえばクレジットカード会社でもおなじことです。

もし、審査に落ちてしまった場合に理由を尋ねても、教えてもらえることはありませんので注意してください。しかし、まったく審査基準がわからないわけではありません。

具体的な審査基準の目安については以下の項目でご紹介します。

イオンカードローンの審査基準

イオン銀行カードローン公式サイトによると、申し込み対象の基準は以下の通りです。

申し込み条件
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方も申し込み可能。学生不可。
  • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

イオンカードローンの公式からの引用ですが、これだけみるとけして厳しい条件というわけではないでしょう。ごく一般的な審査基準といえます。

ただ、注意したいのはこの項目すべてを満たす人であるという点です。

かならずとは言えませんが、どれかひとつでも満たしていないと審査基準にはあてはまらずに審査落ちする可能性もありますので注意してください。

こんな人は審査に落ちるかも…?!

誰だって審査に落ちるのは避けたいことでしょう。しかし、以下にあてはまる人はもしかすると審査に通らない可能性があるかもしれません。絶対ではありませんので、あくまでも参考としてチェックしてみてください。

・ブラックリストにのっている
・過去6か月以内に他社に申し込みをした
・仕事をしていない
ブラックリストは携帯電話の代金やクレジットカードの代金を滞納・遅延などすると載ってしまうリストです。また、過去6か月以内に他社に申し込みをしている場合、賃金業法等の問題もかかわってきます。
賃金業法は、年収の1/3を超える金額を借りられないという法令です。一見うっとうしいように感じますが、借り過ぎを防ぐための法令となっています。

また、安定した収入が必要と審査基準に明記されている以上、仕事をしていない方は残念ながら対象となりません。

イオンカードローンの審査時間・必要書類は?

時計

イオンカードローンの審査時間については、それぞれの状況により異なりますがだいたい3日ほどかかります。しかしながら、必要書類を早くアップロードすることで審査にかかる時間を短くすることが可能です。

必要書類はメールで送付することができ、手続きをWEB上で完結させることが可能です。

必要書類

本人確認書類(以下のいずれか2つ)
※氏名、住所および生年月日が記載されており、有効期限内のものに限る。

  • 運転免許証(変更事項がある方は両面)
  • 健康保険証
  • 個人番号カード(通知カード除く)
  • パスポート(お名前、生年月日、ご住所、有効期限、発行日、公印のあるページ)

年収を確認できる書類

  • 源泉徴収票(前年度)※1
  • 給与明細(直近3カ月以内に発行された給与明細2カ月分)※1
  • 直近の住民税決定通知書※2

※1①②、お勤め先の記載がある箇所が必要。
※2個人事業主、法人代表者の方は③に限る。

イオンカードローンの毎月の返済額・返済日は?

こちらではイオンカードローンの返済日と毎月の返済額について、くわしく解説していきます。借り入れ申請が通ったあとは、少しずつ返済していくことになります。計画的に返済していきたいところでしょう。

返済日は毎月20日

基本的には毎月20日が返済日となります。イオン銀行もしくは他金融機関からの引き落としの場合は、20日より前に引き落とし用のお金を用意しておきましょう。

また、20日までであれば提携ATMからの返済も可能となっています。

毎月どのくらいから返済すればいいの?

最低1,000円からですが、毎月の返済額は借り入れている金額によって異なります。次の表を参考にしてみてください。

前月末日のお借入残高 約定返済額
3万円以下 1,000円(約定返済日の貸越残高が1,000円未満の場合は貸越残高全額とする)
3万円~5万円以下 2,000円
5万円~10万円以下 3,000円
10万円~20万円以下 5,000円
20万円~50万円以下 10,000万円
50万円~100万円以下 15,000千円
100万円~150万円以下 25,000円
150万円~200万円以下 30,000万円
200万円~300万円以下 35,000円
300万円~500万円以下 40,000万円
500万円~600万円以下 50,000万円
600万円~700万円以下 60,000万円
700万円まで 70,000万円

返済に間に合わないときはどうなる?対処法はある?

返済に間に合わなかった場合は、遅延金が発生します。基本的に返済を行うまでは次の借り入れはできなくなりますので、注意しましょう。

また、どうしても返済に間に合わないときは、引き落とし前にカードローン会社にあらかじめ報告・連絡・相談をしておくのがいいでしょう。

遅延帯は発生してしまいますが、大事な信用情報にもかかかわります。1番よくないのは、引き落としができない状況で連絡をしない、イオンカードローンからの連絡を無視することです。

なるべく返済日には間に合うように余裕をもってお金を用意しておきましょう。

イオンカードローンの借入方法・返済方法

こちらではイオンカードローンの借り入れ方法と返済方法についてご紹介していきます。借り入れと返済のイメージがつかない人は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

お金の借り入れ方法

借入方法は以下の4種類があります。それぞれ解説していきますので、自分が借りやすい方法を選ぶといいでしょう。

①インターネットバンキング

イオン銀行の普通預金口座を持っている人であれば、インターネットバンキングが使えます。インターネットバンキングでの借り入れは24時間いつでも可能です

手数料も無料でお得です。ただし、審査結果は申込より3日程度かかります。あらかじめ余裕をもって申し込むのがいいでしょう。

②提携コンビニATM

提携コンビニATMである「ローソンATM」もしくは「コンビニATMEnet」で利用可能です。24時間365日いつでも手数料無料で使えます

コンビニの種類が限られているのが多少ネックですが、24時間365日は急にお金が必要なときなどに借りやすい体制といえるでしょう。

③イオン銀行ATM

イオン銀行ATMも24時間365日いつでも手数料無料で利用できます。「マックスバリュー」や「ミニストップ」「イオンモール」「ザ ビッグ」に置かれています。

ショッピングなどの途中で利用できるのも魅力のひとつでしょう。

④提携金融機関ATM

提携金融機関ATMは「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「三菱UFJ銀行」「信用金庫」「ろうきん」「信用組合」の6種類が使えます。

「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「三菱UFJ銀行」は時間帯にもよりますが手数料無料です。

お金の返済方法

お金

こちらでは借りたお金の返済方法は全部で3種類あります。3種類からひとつ選ぶ形になりますが、変更がある場合は公式ページのマイページから変更が可能です。

ATMでの返済

毎月1日~20日の間に決められた返済額をATMから入金しましょう。

イオン銀行普通預金口座からの引き落とし

毎月20日に指定したイオン銀行普通預金口座から引き落とされます。

イオン銀行普通預金口座があれば、インターネットバンキングからの返済も可能です。

他金融機関口座からの引き落とし

毎月20日に指定した金融機関口座から引き落としがされます。

繰り上げ返済
普段は口座引き落としの人でも、ATMを使って繰り上げ返済することも可能です。繰り上げ返済は金利の面でお得になります。

イオンカードローンの増額申請方法とは?

こちらではイオンカードローンの増額申請方法についてご紹介します。すでにイオンカードを契約されている人で、増額申請する場合はどのような手続きをすればいいのでしょうか。

わかりやすく解説していきますので、検討している人はぜひ参考にしてみてください。

そもそも増額とは?メリットとデメリット

基本的にイオンカードローンと契約が完了した際に「借入限度額」というものが決まっています。たとえば現在の借入限度額が100万円だったとしましょう。しかし、この100万円の限度額を200万円などもっと増やしたいと申請することを「増額申請」といいます。

メリット

増額されることにより金利が安くなる可能性がある。金利は決められた上限枠の中で設定されています。一般的に上限額が高い方が金利が安く、上限額が低い方が金利が高く設定されているものです。

そのため、増額申請により上限枠があがるということは金利が安くなる可能性があるのです。

また、純粋に借入額を増やしたいとき、新しく申し込みを行うよりもはやく借り入れができる可能性があります。新規で申し込むと必要書類などを1から用意しなくてはならず、手間がかかります。

また、他社に別途借入となると借入金の管理が大変になってしまうでしょう。

デメリット

増額申請は再審査が行われます。もう一度収入証明書を出す必要があり、人によっては手間だと感じることもあるでしょう。

また、手間をかけて準備したにもかかわらずかならずしも審査に通るとはかぎりません。審査落ちする可能性もあるということです。

審査落ちだけならまだいいのですが、最新の収入証明書を提出したがばかりに限度額を今よりも下げられてしまうケースがあります。

もし、審査に通った場合はうっかり借り過ぎてしまい返済が大変になるケースも。たとえ、無事に上限枠があがったとしても、賃金業法により他社から借りられる金額が減ります。

賃金業法は収入の1/3より多くのお金を借りられないようにする法令です。借り過ぎを防ぐためのものです。

イオン銀行カードローンの口コミ

こちらではイオンカードローンを利用したことがある人の口コミをご紹介します。イオンカードローンを検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

40代・女性
急な出費が重なってしまいイオンのカードローンにお世話になることになりました。最初はクレジットのリボ払いにしていたんですが、払っても払っても返済が終わらないので、思い切ってカードローンに。変えてよかったです。申し込みもネットできたので手軽でした。

30代・男性
消費者金融系を使っていたので、最初は審査も融資スピードも遅いなぁと思ってましたが、金利が安いのでよしとしてます。わからないことを質問したときにコールセンターの人の対応もよく、全体的に満足です。

20代・女性
審査に1時間半くらいかかりました。時間が思ったよりかかったことは不満でしたが、店員さんの説明は丁寧だし明るく接してくれたのでそこはよかったです。最後まで申し込むか悩みましたが、結局店員さんの雰囲気がよかったので安心そうだと思って10万円を借りました。

50代・男性
審査がとおるまでに1週間程度かかった。急いでいたのでイライラした。仕方ないのかもしれないが、急いでいる人は余裕をもって申し込んだ方がいいと思った。金利の変動制についてはわかりにくかったが、説明してくれたスタッフの態度はよかった。

【徹底比較】イオン カードローンと銀行カードローンの違い

こちらではイオンカードローンと銀行カードローンの違いについてくわしく解説していきます。銀行カードローンの特徴は金利の安さです。

しかし、それだけではありません。こちらでは、イオンカードローンとの違いがよくわからず、どうしたらいいのか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

イオンカードローン 三菱UFJ銀行 楽天銀行 みずほ銀行 オリックス銀行 三井住友銀行
金利 3.8%~13.8% 1.8%〜14.6% 1.9%〜14.5% 2.0%〜14.0% 1.7%~17.8% 4.0%〜14.5%
利用限度額 800万円まで 500万円まで 800万円まで 800万円まで 800万円まで 800万円まで
WEB完結
融資スピード 最短5日前後 最短翌営業日 最短翌日  最短翌営業日

※お申込みまで

まとめ

こちらではイオンカードローンについてご紹介していきました。イオンカードローンの特徴は借入や返済がしやすいという点でしょう。

全国的に提携ATMが多いため、いつでもどこでも借り入れができます。また基本的には20日が返済日で引き落としの設定もできるため、忘れやすい人でも忘れずに返済することができます。

WEB完結できるため、忙しい人でも申し込みしやすいでしょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事