ミライノカードの年会費は高い?ゴールド・プラチナなど徹底解説

住信SBIネット銀行が発行するクレジットカードが、ミライノカードです。ひとくくりにミライノカードといっても、ゴールドやプラチナ・マスターカードなどさまざまな種類があり、迷ってしまう方もいると思います。

そこで今回はミライノカードの特徴やメリット、審査やポイント還元率など、詳しく解説します。おすすめのミライノカードも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください

おすすめのミライノカードをご紹介

1ミライノカードPLATINUM

ミライノカードPLATINUM

年会費 ポイント 還元率
     27,500円(税込) ミライノポイント 0.60〜1.20%
ブランド 締日・支払日 申し込み条件
JCB 毎月15日締め・翌月10日支払い 20歳以上(学生不可)、年収700万円以上

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/mirainocard/card/platinum.html

ミライノカードPLATINUMのおすすめポイント

上質サービスが受けられるステイタスカード
最高1億円保障が得られる保険が付いている
fa-check-circleポイント還元率1.2%

プラチナ会員限定のサポート、「プラチナ・コンシェルジュデスク」では、24時間365日いつでも旅行の手配や予約、ゴルフ場やレストランの案内など相談に乗ってもらえます。

空港で優雅に過ごせるプライオリティ・パスで、空港ラウンジを無料に使用できたり、国内・海外旅行傷害保険で最高1億円の保障が自動付帯されていたり、旅行をよくされる方に嬉しい特徴も。プレミア感の高い1枚です。

ミライノカードPLATINUMの特典・サービス

  • プラチナ・コンシェルジュデスクが利用可能
  • ポイント還元率1.2%
  • プライオリティ・パスで優雅に過ごせる
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険付帯

ミライノカードPLATINUMの口コミ・評判

50代・男性
プラチナカードの特典が使えるカードの中で、ミライノカードが他と違うのが還元率の高さ!プラチナの中でもとくにたまりやすいです。

ミライノ カード Travelers Gold

ミライノ カード Travelers Gold

年会費 ポイント 還元率
     11,000円(税込) スマプロポイント 1.20%
ブランド 締日・支払日 申し込み条件
Mastercard 毎月15日締め・翌月10日支払い 18歳以上(高校生不可、大学生、短期大学性、専門学校生可)、収入のある方

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/mirainocard/master/card/gold.html

ミライノカードTravelers Goldのおすすめポイント

いつでもどこでも1.2%の高還元

空港ラウンジを使用可能に
海外・国内旅行傷害保険も充実

海外・国内どこでも、しっかりとポイントが貯まるカードです。貯まったポイントは現金に変えることもできますし、旅行をよくされる方ならJALのマイルに交換することもできます。

PLATINUMの特典数には及びませんが、Travelers Goldも旅行傷害保険が充実していたり空港ラウンジが使用できたり、旅行をするならメリットの多いカードといえるでしょう。

ミライノカードTravelers Goldの特典・サービス

  • 海外・国内どちらも高い還元率
  • 空港ラウンジの使用
  • ポイントを現金・マイルに交換
  • 海外・国内旅行傷害保険の充実

ミライノカードTravelers Goldの口コミ・評判

40代・男性
スマプロランクアップ、ラウンジキーが家族カードにも付いてくる、還元率の高さなど、年会費を払っても持ちたい魅力がたくさんあります。

ミライノカード(Mastercard)

ミライノカード(Mastercard)

年会費 ポイント 還元率
初年度無料、次年度以降990円(税込)
※年間10万円以上のご利用で次年度無料
スマプロポイント 国内:0.60%、海外:1.20%
ブランド 締日・支払日 申し込み条件
Mastercard 毎月15日締め・翌月10日支払い 18歳以上(高校生不可)

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/mirainocard/master/card/miraino.html

ミライノカード(Mastercard)のおすすめポイント

fa-check-circle海外での利用でポイント還元率2倍!
fa-check-circle10万円/年利用で次年度年会費無料
海外旅行傷害保険も補償

特徴は、国内でのポイント還元率0.6%に対して海外では1.2%にアップするというところです。よく海外旅行に行かれるという方なら、メリットを感じるでしょう。

また、年会費が無料のカードでは付帯していないことも多い海外旅行傷害保険ですが、こちらにはあるので外国によく行く人には安心感が高いカードといえるでしょう。

ミライノカード(Mastercard)の特典・サービス

  • 海外でたくさんポイントが貯まる
  • 一定金額利用で、次年度年会費無料
  • 海外旅行傷害保険も付帯

ミライノカード(Mastercard)の口コミ・評判

20代・男性
仕事でもプライベートでも海外によく行くから、ポイントや保険の面でとてもメリットがあります!

ミライノカード(JCB)

ミライノカード(JCB)

年会費 ポイント 還元率
初年度無料、次年度以降990円(税込)※年間10万円以上のご利用で次年度無料 ミライノポイント 0.50%〜1.00%
ブランド 締日・支払日 申し込み条件
JCB 毎月15日締め・翌月10日支払い    18歳以上(高校生不可)

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/creditcard/jcb/

ミライノカード(JCB)のおすすめポイント

スマプロポイントに交換でポイント2倍!
10万円/年利用で次年度年会費無料
fa-check-circleQUICPay一体型の便利なタイプが使える

住信SBIネット銀行に口座があるならぜひ検討したいカードがこちらです。年会費は初年度無料です。年間10万円以上利用すれば、2年目以降の年会費も無料になります。

QUICPay一体型クレジットカードもあるため、QUICPay支払いができる店舗なら、タッチをするだけで支払いが完了するのも便利で嬉しいポイントです。

ミライノカード(JCB)の特典・サービス

  • スマプロポイント交換で1.0%のポイント還元率
  • QUICPay一体型の便利なカード
  • 一定金額利用で、次年度年会費無料

ミライノカード(JCB)の口コミ・評判

20代・女性
銀行のカードが実質年会費無料で使えて、ポイントもたっぷり貯まるので満足感が高いです。

ミライノ カードGOLD

ミライノ カードGOLD

年会費 ポイント 還元率
     3,300円(税込) ミライノポイント 0.50%〜1.00%
ブランド 締日・支払日 申し込み条件
JCB 毎月15日締め・翌月10日支払い     20歳以上(学生不可)

ミライノカードGOLDのおすすめポイント

年会費(3,300円税込)でゴールドカードが所持できる
空港ラウンジ利用や旅行保険付帯で安心
fa-check-circleスマプロランクが2アップ

ゴールドながら年会費3,300円(税込)で、さまざまなサービスを受けたいという方にぴったりです。

空港ラウンジが利用できたり、国内・海外旅行傷害保険が付帯していたりと、国内外の移動が多い方にもおすすめです。住信SBIネット銀行のお得なシステム「スマートプログラム」についても、GOLDで2ランク上がります。

ランクアップすると、振込手数料の無料回数が増えるなど便利なポイントがたくさんあるので、ぜひ魅力に感じる方は検討してみましょう。

ミライノカードGOLDの特典・サービス

  • 比較的安い年会費
  • 空港ラウンジが使える
  • 国内・海外旅行傷害保険が付いている
  • スマプロランクが2アップ

ミライノカードGOLDの口コミ・評判

40代・女性
税抜3,000円の年会費で、プラチナカードに匹敵するような旅行傷害保険が付帯しているのが魅力的!

ミライノカードとは?プラチナやゴールドもある?

ミライノカードとは?
まずはミライカードが自分に適しているかを判断するために、基本的な特徴を確認してみましょう。

発行は住信SBIネット銀行

クレジットカード

ネット銀行のひとつである住信SBIネット銀行とJCBが一緒に作ったのがミライノカードです。現在はライフカードと提携している、Mastercardも選べるようになっています。

カードは全5種類!

ブランドがJCBとMastercardから選べて、トータルで全5種類のクレジットカードがラインナップされています。

種類 特徴
ミライノカード(JCB) 普段使い用のスタンダードカード
ミライノカード GOLD 最初のゴールドカードにおすすめなお手軽カード
ミライノカード PLATINUM 最高峰のサービスと言われるプライオリティ・パスやコンシェルジュデスクが付いたハイステータスカード
ミライノカード(Mastercard) 外国によく行くならメリットが多いスタンダードタイプ
ミライノカードTravelers Gold 旅行をする人にメリットが多いゴールドカードタイプ

JCBブランドで3つ・Mastercardブランドで2つの、あわせて5種類となっています。それぞれ年会費や特色が異なるため、自分の使い方にはどれがよいのかを考えて選ぶ必要があるでしょう。

JCBとMastercardを選べるミライノカード

JCBとMastercardを選べる

ミライノカードのブランドには、JCBとMastercardの2種類があります。以下からそれぞれのカード詳細を確認していきましょう。

JCBの特徴

JCBブランドの3種類の特徴は、以下のとおりです。

一般カード GOLD PLATINUM
年会費 初年度無料※次年度以降、990円(税込)※1年で10万円以上利用で翌年も年会費無料 3,300円(税込) 27,500円(税込)
ポイント ミライノポイント ミライノポイント ミライノポイント
還元率 0.5%(スマプロポイントに変えて1.0%) 0.5%(スマプロポイントに変えて1.0%) 0.6%(スマプロポイントに変えて1.2%)
ショッピング利用可能枠 10〜100万円 70〜300万円 70〜300万円

Mastercardの特徴

Mastercardブランドの2種類の特徴は以下のとおりとなっています。

一般カード Travelers Gold
年会費 初年度無料※次年度以降990円(税込)※1年間で10万円以上利用すれば、翌年も年会費無料 11,000円(税込)
ポイント スマプロポイント スマプロポイント
還元率 0.6%(海外利用では1.2%) 1.2%(国内・海外ともに)
ショッピング利用可能枠 30〜100万円 30〜100万円

ミライノカードのポイント還元率は?

クレジットカードのポイント還元率

JCBとMastercardのどちらを選ぶかで、貯まるポイントが異なります。以下より詳しく解説していきましょう。

JCBならスマプロポイントにすれば2倍に

クレジットカード 申し込み
JCBブランドで貯まるのは、ミライノポイントです。

JCBブランドのポイント還元
  • 一般・GOLD:1,000円利用で5ポイント還元
  • PLATINUM:1,000円利用で6ポイント還元

ここからスマプロポイントに変えれば、2倍のポイントをゲットできます。スマプロポイントへの交換には、住信SBIネット銀行の口座を所持している必要があるのでご注意ください。

Mastercardは海外利用に向いている

Mastercardは海外利用向き
Mastercardブランドは、「スマプロポイント」が還元されます。

基本的に国内で0.6%の還元率ですが、海外では1.2%になります(一般カードの場合)。Mastercardは、海外に行く機会が多い人にメリットが多いです。
また、TravelersGoldは1.2%の還元率です。空港ラウンジサービスが使えることもポイントなので、国内外問わずに旅行や出張が多い人におすすめです。

ミライノカードは住信SBIネット銀行利用者におすすめ

ミライノカードは住信SBIネット銀行利用者におすすめ
JCBブランドの特筆すべきメリットのひとつは、ミライノポイントからスマプロポイントに変えるとポイント増量がされることです。

スマプロポイントへの交換は、住信SBIネット銀行口座が必要です。口座所持者であれば、対象カードの利点をより引き出せます。

住信SBIネット銀行口座所持者へのメリット
  • ポイント還元率が2倍
  • 銀行ATMの無料回数が最大15回に
  • 振込手数料の無料回数も最大15回に

住信SBIネット銀行にはスマートプログラムというシステムがあり、サービスの利用状況によってランク分けがされます。

ランクがあがればあがるほど、ATM利用手数料や振込手数料が無料になる回数が増える仕組みです。ミライノカード所持でスマートプログラムのランクが2ランクアップするため、無料回数が増えるのです。

ミライノカードの審査は通りにくい?

クレジットカード 審査

ミライノカードは、住信SBIネット銀行が発行するカードです。申し込むと審査が必ず実施されます。

ネットなどの情報では銀行カードは審査が厳しいといわれることもありますが、審査基準は公表されていません。

あくまで一般的にですが、一定以上の収入があることや過去に返済を怠ったなどブラックな情報が残っていなければ、クレジットカードの審査に通過する可能性はあるといわれています。

ミライノカードは種類によって高校生を除く18歳以上から申し込み可能です。まずは申込み条件を満たしていることを確認してください。

注意!
ただしこれまで他のクレジットカードを作れた人でも、ミライノカードは審査に落ちる可能性もあることを覚えておきましょう。

ミライノカードには便利なデビットも

クレジットカード デビット

ミライノカードには「ミライノデビット」があります。トータル3種類あるので、それぞれの特徴をチェックしましょう。

ミライノデビット(Mastercard)

ミライノデビット(Mastercard)

年会費無料な一枚が、ミライノデビット(Mastercard)です。0.8%の還元率で一般的なクレジットカードポイントのようにポイントが貯められます。

ポイントはキャッシュバックかJALマイルへ交換できるので、よく使うものに交換できるのもいいですね。

年会費 無料
還元率 0.8%
スマプロランク 1万円/月以上使用で1ランクアップ

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/mastercard/

ミライノデビット(VISA)

ミライノデビット(VISA)

さきほど紹介したMastercardと同じように、年会費無料で所持できるデビットカードです。

注意!
ポイント還元率はミライノデビットMastercardよりも低いため、こだわりがなければMastercardを選ぶほうがおすすめとなります。

VISAしか使えないお店も一部あるため、自分にあった選び方をしましょう。ただし、ポイント還元率を重視するなら、Mastercardブランドをチョイスする方がよいでしょう。

年会費 無料
還元率 0.6%
スマプロランク 1万円/月以上使用で1ランクアップ

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/

ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)

ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)

年会費が11,000円(税込)かかるデビットカードですが、そのぶんさまざまなサービスが受けられるのが魅力となっています

ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)のサービス一例
  • 世界1,000か所以上の空港ラウンジの利用
  • 100か国のWi-Fiスポットを無料利用
  • 有名レストランのコース料理が1名分無料
  • カーシェアリング優待
  • 空港クローク優待
  • 国内ゴルフ予約サービス
  • るるぶモールレストラン割引優待
  • trip.com特別優待など

まだまだほかにもありますが、空港ラウンジが利用できるなど旅行をする方にうれしいメリットが数多くあることが特徴です。海外旅行の多い方は、ぜひとも検討してみてください。

年会費 11,000円(税込)
還元率 1.0%
スマプロランク 2ランクアップ

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/lineup/debitcard/mastercard-platinum/

ミライノカードのETC発行は無料!

ETCカード 発行無料

ミライノカードのETCカード(ETCスルーカード)は、すでにクレジットカードをもっている人やこれから発行するという人が、発行手数料無料で所持できます。

年会費も無料でコスパもよい点に注目です。有効期限はクレジットカードの有効期限と、同じものとなります。

注意!
すでにもっていたクレジットカードに追加でETCカードを発行した場合は、有効期限が短いこともあるので注意しましょう。

ETCを作って得られるメリット

ミライノカードでETCカードを作ると、下記のようなうれしいポイントがあります。

発行費・年会費ともに無料でコスパ良好

他社のクレジットカードではETCカードの発行や年会費に料金がかかるものもありますが、こちらは無料で発行できます。維持のコストもかからず安心できることでしょう。

注意!
再発行には1,100円(税込)がかかるので、ご注意ください。

ミライノポイントがいっぱい貯まる

ETCカードをミライノカードで作ると、クレジットカードと同じくミライノポイントを増やせます。一般カードは、最大1.0%の還元率でポイントをゲットできるのです。

すでにミライノカードをもっているまたは所持したいと思っている方で、車に乗る方はETCカードを発行すれば、さらにポイントを貯めやすくなるでしょう。

ETCを作って起こるデメリット

夜景 高速道路

ここまではメリットを解説しましたが、ミライノカードETCを作るにあたってはデメリットも存在します。以下では主な点をふたつご紹介していきましょう。

クレジットカード1枚につきETCカードは1枚までしか作れない

ミライノカード1枚で、家族分のETCカードを作りたいと思う方もいるかもしれません。しかしミライノカードにおいては、複数が作れず1枚までしか作れないことがデメリットといえます。

注意!
複数枚のETCカードを所持したい場合は、ほかのクレジットカードで作る必要があるので注意しましょう。

クレジットカードを解約したらETCも解約となる

ミライノカードを使う機会が減ったから、解約したいと検討することもあるかもしれません。そのような場合はETCカードも一緒に解約となってしまうため、ご注意ください。

もしETCカードは多く使っているという方は、そのままクレジットカードも解約せずにもち続けておきましょう。またよく使用しているクレジットカードで発行できないか、検討するほうがよいといえます。

まとめ

ミライノカードには、海外旅行向きのものやゴールド・プラチナなど、いろんな種類があることがわかりました。住信SBIネット銀行に口座をもっている方には、特典が用意されています。

各種カードの年会費やポイント還元率を比較しながら、自分にもっともあった一枚を探していきましょう。JCBかMastercardでも特徴が異なるので、忘れず確認してください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事