みずほ銀行カードローン特徴や審査は?口コミや返済方法も解説

みずほ銀行カードローンは、メガバンクであるみずほ銀行が提供しているサービスです。提供元が銀行ということもあり、信頼性の高さから安心して利用できるサービスです。

そこで今回は、みずほ銀行カードローンのサービス内容について解説していきます。特徴や審査について紹介していきますので、ぜひカードローンの利用を検討している人は参考にしてください。

みずほ銀行カードローンの概要

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が提供する個人向け融資サービスです。原則として資金使徒は自由。「海外旅行に」「お子さんの習い事に」幅広い用途で利用できます。

申し込みは24時間可能。PCとスマホがあればいつでもどこでも申し込めます。さらに、来店・郵送不要で申し込み可能なので、スキマ時間に手続きできるのもメリットです。

金利 実質年率2.0%~14.0%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象 契約時に満20歳以上満66歳未満で、継続して安定した収入を得られることが見込める人。かつ、保証会社の保証を受けられる人。

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html

金利について

みずほ銀行カードローンの金利は、実質年率2.0%から14.0%です。審査によって変動はありますが、借入希望額に対しての基準金利を下記にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

10万円以上100万円未満 実質年率14.0%
100万円以上200万円未満 実質年率12.0%
200万円以上300万円未満 実質年率9.0%
300万円以上400万円未満 実質年率7.0%
400万円以上500万円未満 実質年率6.0%
500万円以上600万円未満 実質年率5.0%
600万円以上800万円未満 実質年率4.5%
800万円 実質年率2.0%

みずほ銀行カードローンの公式ホームページに記載されていますので、ぜひ目を通してみてください。

他社の金利と比較

なお、下記表に他社カードローンの金利についてまとめています。銀行のカードローンと消費者金融カードローンのどちらも記載していますので、比較用として参考にしてください。

三井住友銀行 実質年率4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 実質年率1.8%~14.6%
楽天銀行 実質年率1.9%~14.5%
りそな銀行 実質年率3.5%~13.5%
イオン銀行 実質年率3.8%~13.8%
横浜銀行 実質年率1.5%~14.6%
プロミス 実質年率年4.5%~17.8%
アコム  実質年率年3.0%~18.0%
アイフル 実質年率年3.0%~18.0%
SMBCモビット 実質年率年3.0%~18.0%

利用可能な人の条件

みずほ銀行カードローンを利用できる人の条件として、公式ホームページには下記が挙げられています。

利用可能な人の条件
  • 契約時の年齢が満20歳以上から満66歳未満の人
  • 安定した収入を継続して得られると見込める人
  • 保証会社の保証を受けられる人
  • 外国人の場合は永住許可を受けていること

これらを踏まえたうえで、申込情報をもとに審査が実施されます。

申し込み方法について

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座を開設しなければいけません。なお、申し込み方法は下記です。

申し込み方法
  • パソコン
  • スマートフォン
  • 郵送
  • 電話
  • 店舗

パソコン

パソコンからの申し込みは24時間受け付けていますので、自分の都合に合わせて手続きを進められます。

申し込みフォームに必要事項を入力し、送信をすれば審査開始です。

審査結果については入力したメールアドレスに送信され、無事に通過すると契約手続きに進みます。

スマートフォン

スマートフォンによる申し込みも24時間受け付けていますので、自分の好きなタイミングで手続きを進めましょう。

なお、公式ホームページにあるQRコードを読み取ることで、簡単にサイトへアクセスできます。外出先でも気軽に申し込みができるため、非常に使い勝手が良いです。申し込みの流れとしては、パソコンと同じになります。

郵送

みずほ銀行に備え付けられているオールオーダーにより、郵送で申し込みができる方法です。

なお、みずほ銀行の普通預金口座を持っている人のみ郵送での申し込みができます。また、申し込みの際は、下記を同封してください。

郵送による申し込みで同封するもの
  • カードローンの申込書
  • 本人確認書類のコピー
  • 年収を確認できる書類のコピー

その後、審査に進み無事に通過したら契約手続きに進みます。

電話

みずほ銀行カードローンの専用ダイヤルに電話をして、オペレーターとのやり取りにて申し込みをする方法です。

電話の受付時間は平日の9時から20時で、年末年始と祝日、振替休日などは利用できないため事前に把握しておきましょう。

申し込み後は審査に進み、無事に通過したら契約手続きに進みます。ネットによる操作が苦手な人は、ぜひ電話による申し込みをご利用ください。

店舗

みずほ銀行の店舗にて、カードローンの申し込みができます。その際、下記を持参してください。

店舗申し込みで持参するもの
  • 印鑑
  • 本人確認書類のコピー
  • 年収を確認できる書類のコピー

その後、申込情報をもとに審査が実施され、問題なければ契約手続きに進みます。店舗での申し込みはスタッフに相談しながらできる点がメリットです。

はじめてカードローンを利用するなど、不安を抱えている人はぜひ店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。

申し込みに必要な書類

みずほ銀行カードローンに申し込みをする際、本人確認書類を用意しなければいけません。なお、有効な本人確認書類は下記になります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード

なお、2012年3月31日より前に発行されている書類は本人確認書類として取り扱はできないためご注意ください。発行後、3ヵ月以内のものを用意するようにしましょう。

年収を証明できる書類

また、借入希望額が50万円を超える場合は、年収を確認できる下記書類をご用意ください。

年収を証明できる書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

個人事業主や会社を経営している人の場合は、住民税決定通知書か課税証明書、納税証明書のいずれかに限ります。

審査について

みずほ銀行カードローンの審査基準は公表されていません。

申し込み条件からは、年齢を満たしていること・安定して収入を確保できていることをクリアしていれば、アルバイトやパートの人でも利用できます。

審査についてはみずほ銀行、ならびに保証会社が所定の審査を実施します。基本的に、カードローンの審査では下記項目をチェックされると言われているため把握しておいてください。

審査でチェックされるポイントは?

審査時にチェックされると言われている項目
  • 信用情報
  • 借入状況
  • 属性

過去に返済遅延や滞納を繰り返したり、金融事故を起こしたりしている場合、個人信用情報機関に名前が登録されブラックリストとなる場合があります。

ブラックリストとして登録されると社会的信用が失われるため、審査に通過することは難しいと言われています。

また、他社からの借入が多いと返済能力が乏しいと判断されやすいため、できるだけ借入先は少なくすることが重要です。そして、収入や勤務先、住居状況や家族構成などの本人属性も、審査では返済能力の有無を判断する材料です。

いかに収入が安定しているか、きちんと期日に返済をしてくれるかが、審査通過のポイントとなります。

借入方法

借入をするには、下記の方法があります。

借入方法
  • みずほダイレクト
  • ATM

みずほダイレクト

みずほダイレクトはインターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングにて借入ができるサービスです。

借入は24時間利用できるため、いつでも現金を用意できる点は大きな特徴でありメリットといえます。なお、土曜日22時から翌日曜日8時と、第1・第4土曜日3時から5時の時間帯は、システム調整中のため利用できません。

ATM

全国にあるみずほ銀行や提携金融機関などで、利用限度額の範囲内であれば借入ができます。画面操作について、みずほ銀行ATMを例に紹介します。

キャッシュカード兼用型の場合

  1. カードローンボタンを押下
  2. 希望の取引を選択し希望額を入力

カードローン専用型の場合

  1. 引き出しボタンを押下
  2. 借入を選択して希望額を入力

利用可能なATM

なお、利用できるATMは下記になります。

利用可能なATM
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM

ATMによって取引可能な時間は異なりますので、事前にみずほ銀行カードローンの公式ホームページにて確認しておいてください。

返済方法

借入れた分を返済する際の方法は下記になります。

返済方法
  • 自動引き落とし
  • ATMでの任意返済
  • みずほダイレクトでの任意返済

自動引き落とし

毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に、前月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)現在の利用残高に応じて、残高スライド方式で返済用の普通預金口座からお引き落としされます。

自動引き落としなので返済日の前日までに入金しておく必要はありますが、返済漏れなどうっかりミスを防止できる点がメリットです。

ATMでの任意返済

都合に合わせて、下記ATMにて随時返済ができます。

返済に利用できるATM
  • みずほ銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行
  • セブン銀行

コンビニなど身近にあるATMにて返済ができるため、ぜひ活用してみてください。

みずほダイレクトでの任意返済

みずほダイレクトにて、24時間いつでもカードローン利用の返済ができます。パソコン・スマートフォンなどから手続きができ使い勝手が良いため、ぜひ返済の際にご利用ください。

返済シミュレーションについて

みずほ銀行カードローンの公式ホームページには、返済期間や金額、回数などをシミュレーションできるサービスが用意されています。

完済を目指すにあたり、しっかりと先を見据えて計画を立てることは極めて重要です。借入金額・返済月数・金利などを入力するだけで簡単に算出してくれますので、ぜひ活用してみてください。

みずほ銀行カードローンの口コミ

みずほ銀行カードローンの口コミから評判を調査していきましょう。

良い口コミ

30代・男性
複数の借入先があったのですがパスしました。みずほ銀行ユーザーだったからでしょうか。株式投資の関係でやむなくサービス使いましたが、今では完済に至っています。

40代・男性
新規で口座を作成する必要がありますが、すでにみずほ銀行ユーザーであればWEBのみで完結します。時間がない人でも便利だなと思いました。

比較的申し込みやすいこと、申し込みから借入までがスムーズに進められるなどを評価している声が多い印象です。銀行のカードローンは即日融資に対応していない点を懸念する人は少なくありません。

その点、スピーディーに融資を受けられることから、急ぎでも活用できるという評価をされていることがわかりました。

悪い口コミ

30代・女性
ネット銀行ユーザなのですが、一度大手銀行のサービスも使ってみようということで契約してみました。個人的にはネット銀行の方がお得だと感じました。

50代・男性
銀行のカードとしては申し込みやいと思います。ただし大口融資や急ぎの方は別のサービスの方が良いかもしれません。

メガバンクであるみずほ銀行が提供しているサービスだけあり、あまり悪い評価はない印象です。

そのなかでも、あえて挙げるとするならば金利はネット銀行の方が安いというものや、急ぎの場合は他のサービスの方が良いのではという声です。

最近になり多くなっているネット銀行のカードローンは、大手よりも金利が安いものがありますのでチェックしてみてください。

また、即日融資に対応していないため、本当に急いでいる場合は消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。

まとめ

この記事では、みずほ銀行カードローンについて解説しました。大手銀行が提供するカードローンだけあり、安心感や手厚く充実したサービス内容は魅力的です。

消費者金融カードローンと違い即日融資には対応していませんが実質年率2.0%~14.0%で借入可能です。リスクを軽減しつつサービスを利用したい人は、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事