楽天銀行カードローン

カードローンを検討している人であれば、なるべく条件のいいカードローンを選びたいと考えている人は多いでしょう。こちらでご紹介するのは楽天銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンの特徴や金利について、さらに審査に必要な書類から返済日、返済方法の確認など細かい情報をご紹介します。

カードローンの申し込みで気にする人が多い、「在籍確認」の有無についてもご紹介しますのでこちらも参考にしてみてください。

楽天銀行カードローンの5つの特徴!金利は高い?

金利 年1.9~14.5%
借入方法 提携ATMまたは振込
返済方法
  • 口座引き落とし
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 振込
利用限度額 800万円

出典:楽天銀行カードローン公式サイト

こちらでは楽天銀行カードローンの6つの特徴をご紹介します。

①金利は年1.9%~14.5%

カードローン会社の中では金利が年1.9%からという数字はかなり低いといえるでしょう。

楽天銀行カードローンの金利が低い理由として、銀行系のカードローンであるからだと考えられます。

一般的に、カードローンは「消費者金融系」「銀行系」「信販系」の3つにわかれますが、その中でも一番金利が安いのが「銀行系・信販系」です。銀行系と信販系はほぼ一緒だと考えて問題ありません。

お金を借りるときに金利は安い方が断然お得です。たとえば、1.9%の年利でお金を借りた場合と3%の年利でお金を借りた場合の利息の計算をしてみましょう。借りる金額は10万円で返済期間は30日だったとします。

【10万円を30日で返済した場合の利息】
〈年利1.9%の場合〉 10万円×年1.9%×30日÷365日=156円
〈年利3.0%の場合〉 10万円×年3.5%×30日÷365日=288円

年利1.9%と3.0%を比較した差額は132円です。たかが132円と思われるかもしれませんが、金額や返済に日数が伸びれば伸びるほど、金利は安い方がお得です。

②最大利用限度額は800万円

貯金箱

楽天銀行カードローンの利用限度額は800万円です。これはカードローンの中では、高い部類に入ります。

また、借りたお金の利用用途は自由とされています。そのため、生活費や趣味・旅行の資金など幅広い目的での利用が可能。

また、借り換えも可能です。借り換えとは他社から別の会社にお金を借り換えることをいいます。のちほど、借り換えについてもくわしく解説していきます。

③便利な返済シュミレーション!

楽天銀行カードローンには便利な返済シュミレーションがあります。

使い方としては、「希望の利用限度額」「借入金額」「ご返済方式」「ご返済日」を入力すると、「支払い回数」や「最終回支払い額」「総支払額」など細かい条件が出てきます。

利用用途としては、借入をしている際に返済方法に無理がないかや、他社からの借り換えをする際のシュミレーションにも使えます。

さらに、はじめてお金を借りる人でも面倒な利息の計算がわかるようにできています。計画的な返済をするために役立つでしょう。

④スマホアプリ&PCで24時間申し込みも借り入れもOK!

スマートフォンを操作する人

楽天銀行カードローンはスマホアプリからでも申し込みが可能です。申し込みに必要な書類等も、アプリから申請ができるためPCを持っていない人でもかんたんに申し込みができます。

さらに、24時間いつでも借入の申し込みが可能。お金を借りるのにいちいち家から出なくていいのでとても便利です。

④ATM手数料0円!

お金の借り入れの際に、ATMの手数料が楽天銀行カードローンは基本は無料です。まれに有料のATMもあります。

また、ほとんどのコンビニのATMに対応していますが、ATMがメンテナンスや修理などをしている場合は利用できないことがありますので注意してください。

⑤最短で翌日融資が可能!

お金の借り入れをする際には急な出費で急いでいる人もいるでしょう。楽天銀行カードローンは銀行系にもかかわらず、最短で翌日融資を可能としています。

融資のはやさでいえば、はやいのはアコムやSMBCモビットなど消費者金融系が強いのですが、楽天銀行カードローンは銀行系の中でははやい方です。

金利を安く、でもはやく借り入れをしたい人にも向いています。

楽天銀行申し込みの流れ!申込・審査に必要な書類は?

こちらでは楽天銀行カードローンへの申し込みの流れをご紹介します。申し込みや審査に必要な書類などもくわしく見ていきましょう!

新規申し込みの流れ

PCから申し込みをする方法

  1. PCから申し込みフォームを入力
  2. 楽天銀行からの受付メールが届く(審査が開始される)
  3. 勤務先への在籍確認
  4. 本人への電話連絡(契約内容の確認)
  5. 必要書類を提出
  6. 手続きが完了するとメールが届き、ローンカードが発行される
  7. 口座振替依頼書が届く ※すでに楽天銀行を口座を持っている人で引き継いだ人は不要

必要書類を用意する

書類

まず申し込みを行う前に、必要な書類を用意しておきます。必要書類はおもに2種類です。必要書類をアプリで提出する方法もご紹介していますので、参考にしています。

①本人確認書類
・運転免許証
・公共料金の領収書など
・個人番号付きカード ※顔写真のついているもの
・健康保険証
・各種年金手帳
・パスポート
・住民基本台帳カード ※顔写真のついているもの
・在留カードもしくは特別永住者証明書 ※外国籍の人
本人確認書類は、顔写真の確認できるものをいずれか2点を用意しましょう。
②収入証明書類
・個人の確定申告書
・最新の源泉徴収票
・市県民税特別徴収税通知書
・年収記載のある所得/課税証明書
収入証明書はどれか1つで問題ありません。場合によっては、収入証明書類が不要な場合もあります。

必要書類の提出は楽天銀行アプリからも可能!

①必要な書類がそろったらアプリをストアからダウンロードしましょう。

アプリからの必要書類提出方法

  1. iPhoneをお使いの人は「AppStore」から、Androidをお使いの人は「Googleplay」からの「楽天銀行」と検索。
  2. ダウンロードが完了したら、アプリを起動します。画面下にある「スーパーローン」から借り入れの申し込みを行う。
  3. 「受付番号」「生年月日」を入力します。受付番号は借り入れの申し込みをした際に楽天銀行から送信された7桁の番号。
  4. 本人確認書類の種類を選択してからスマートフォンや携帯電話のカメラで書類を撮影。
書類をきれいに撮影するコツは、「書類を立てかけて撮影する」「フラッシュをオフにする」「ピントがあっているか確認」の3点です。最後に、全体が映っているか見切れていないかをチェックしましょう。

楽天銀行カードローンの審査は甘い?厳しい?審査基準を紹介

楽天銀行カードローンに申し込みたいけれど、審査基準がわからず不安な人は多いでしょう。とくにカードローンにはじめて申し込む人にとって、審査基準は気になるものです。

こちらでは楽天銀行カードローンの審査基準について解説していきますので、参考にしてみてください。

審査基準は公表されていない

審査基準が気になる人にとっては残念なことですが、楽天銀行カードローンの明確な審査基準は公表されていません。これは、楽天銀行カードローンに限ったことではなく、カードローンやクレジットカードなどの審査は一般的には公表されていません。

とはいえ、詳細が公表されていないだけであって、ある程度の基準はありますので安心してください。

また、楽天銀行カードローンの審査基準は比較的やさしいといわれています。

どんなところをチェック・審査されるの?

チェックリスト

おもにチェックされるのは以下の3点といわれています。

・20歳から62歳である
・他社からの借り入れがあるか、ある場合は件数など
・申込者の収入情報
・申込者の信用情報

楽天銀行カードローンには年齢制限があります。それが20歳から62歳であるということです。年齢条件を満たしていれば問題ありません。また、60歳以内であれば専業主婦やパート・アルバイト・学生でも申し込み可能です。

他社からの借り入れは、楽天銀行カードローン以外の会社からお金を借りていないかどうかです。お金を借りる場合は賃金業法という法令があり、年収の1/3以上はお金を借りることはできない仕組みになっています。

そのため、他社でいくら借りているかどうかで、残りいくら借りられるのかが決まってきます。

申込者の収入情報は審査基準としては必須項目といえるでしょう。借りたお金の返済には安定した収入が必要です。収入が少ないから通らないというわけではなく、あくまでも安定した収入があるかどうかといわれています。

信用情報は過去の支払いで滞納や遅延がないかなどです。よくあるのがクレジットカードや携帯電話の支払いです。

俗にいうブラックリスト入りをしていなければ、特に気にする必要はないでしょう。

こんな人は審査に通るのは厳しいかも…

以下の条件にあてはまる人は、場合によっては審査にとおるのか厳しいかもしれません。

・仕事をしていない
・過去6か月の間に他のカードローン会社に申し込んだ
・ブラックリストに登録されている
・楽天銀行で過去に債務整理をしたことがある
明確な審査基準は公表されていないため、かならずとはいえませんが、参考にしてみてください。
債務整理とは
債務整理は借金を清算するための手段のことです。自己破産、任意整理、過払い金請求、民事再生の4種類があります。

楽天銀行カードローンに在籍確認は必要?

楽天銀行カードローンの申し込みに在籍確認は基本必須です。申し込みの流れで解説したように、PCから申し込みフォームを入力し審査が開始されたのちに、勤務先に在籍確認の電話がかかってきます。在籍確認をパスすることは基本的にはできないでしょう。

カードローンに申し込んだことが会社にバレてしまう…!?

在籍確認を気にする人のほとんどは、会社や同僚にカードローンに申し込んだことを知られたくないという理由の人がほとんどでしょう。しかし、楽天銀行カードローンの在籍確認の電話は基本的には非通知で行われます。

また、電話口で名乗るのは楽天銀行カードローンの名前ではなく担当者の個人名を名乗るため基本的には会社や同僚にバレることはありません。

ただし、会社によっては非通知を設定上拒否している会社があります。そういった場合はしかたなく番号を通知した状態で電話をかけることになります。

電話がつながった時に個人名を名乗るのは変わりませんが、その場合電話番号を調べると楽天銀行カードローンからの電話だとバレてしまう可能性があるでしょう。

楽天銀行カードローン返済日は?返済額の確認方法

こちらでは楽天銀行カードローンの返済日や返済額の確認方法について、くわしく解説していきます。借り入れのあとは月々地道に返済していかなければなりません。

よく借り入れは計画的にという言葉がありますが、返済も計画的に管理していきたいところでしょう。

口座引き落としなら1日・12日・20日・27日の4つから選べる

楽天銀行カードローンの返済日は4つあります。「1日」「12日」「20日」「27日」のどれかから選ぶことが可能。支払い方法は指定した口座からの引き落としとなります。

ただし、27日を選びたい場合は、楽天銀行を指定銀行にする必要がありますので注意してください。また、場合によっては指定できない金融機関もあります。

その他の返済方法

口座引き落とし以外に随時返済方法といわれる以下の返済方法もあります。その場合は日付の指定はありません。繰り上げ返済すると利息を減らすことができお得です。

・提携ATM
・インターネット
・振込

返済額の確認方法

返済額がいくら残っているのか確認したい場合は、楽天銀行公式ページの「メンバーズデスク」よりログインしてください。

会員登録がまだ済んでいない人は、まず新規会員登録を済ませます。半角でユーザーIDとログインパスワードを入力します。ログイン後、メンバーズデスク内から返済額が確認できます。

楽天銀行カードローンは借り換えに向いているのか

こちらでは楽天銀行カードローンが借り換えに向いているのか、解説していきます。借り換えとは他社で借りているお金を、楽天銀行カードローンに借り換えることを言います。当然、審査は必須となりますので、人によっては手間と感じる人もいるでしょう。

金利が安くなれば、今より返済額が減る可能性がある

楽天銀行カードローンの特徴はなんといっても、金利の安さです。借りた金額が10万円などの少額であれば、手間暇をかけての借り換えにあまりメリットはないかもしれません。

しかし、借入額が大きい場合は、手間暇をかけたとしてもその分金利が安くなり、トータルの返済額が減る可能性があります。実際、楽天銀行カードローン自体、公式で借り換えをおすすめしています。

借入額によって金利は変わります。カードローン会社ことに金利を決定しているため、借り換えの前にかならず詳細を確認する必要があるでしょう。

たとえば、300万円の借り入れがあったとします。

楽天銀行カードローンの金利は年4.9%~12.5%です。しかし、他社でこれより高い金利の場合だとどのくらいの差額が出るのが計算してみましょう。

【借入額が300万円の場合の年間の利息額】
〈金利4.9%〉300万円×4.9%=147,000円
〈金利8.0%〉300万円×8.0%=240,000円

金利4.9%と8.0%で計算した場合の差額は、9万3,000円となります。毎月5万円の返済だったと仮定すると、年間60万円の返済です。すると、300万円返すまでに5年はかかることになるでしょう。

返済した分の金額が減っていくので、毎年9万3,000円の差額になるわけではありませんが、この例の場合は借り換えた方がお得といえます。

楽天銀行カードローンの口コミ・評判

こちらでは楽天銀行カードローンを利用している人の口コミをご紹介します。検討中の人はぜひ参考にしてみてください。

30代・男性
ポイントが貯まるのがいい!楽天銀行のカードを作ったら6000ポイントがもらえた。しかも、毎月のようにポイントプレゼントキャンペーンをやっているので、うまく活用すればポイントがたまりやすい!

20代・女性
説明不足だと感じたのでもう少ししっかり説明してほしかった。

50代・男性
審査は比較的ゆるい気がする。ただ、限度額が少し物足りないのでもう少し増やしてくれると使いやすいと思った。

40代・女性
申込から契約までがスムーズ。必要書類を出すのも案外カンタンでした。ポイントも貯まるし、普通に楽天でポイントが貯まるので家に1枚もっておいて損はないと思います。

まとめ

楽天銀行カードローンについてご紹介してきましたが、なんといっても1番の特徴は金利の安さでしょう。銀行系は金利が安いのが特徴といわれていますが、その中でもとくに金利が安い部類です。

また、借り入れの金額によっては他者からの借り入れにも向いている会社といえます。

楽天銀行カードローンは専用のスマホアプリがあり、アプリを使えば審査に必要な書類をかんたんに提出することもできます。

審査基準はほかのカードローン会社とおなじく公表されていませんが、カードローン会社の中では比較的審査基準はやさしいといえるでしょう。

関連記事

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事