新電力高騰の原因は?

「新電力」とは、東京電力や関西電力などの大手電力会社以外の会社が提供する電力のことです。新電力に乗り換えることで、電気代を削減できるといわれています。

しかしこの低価格が大きな売りでもある新電力が、いま高騰しているのです。そこで本記事では、新電力が値上げする原因電気代を削減するためのコツを紹介します。

さらに、市場の影響を受けず電気代が安定している新電力会社まで詳しくご紹介します。

新電力への乗り換えを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。
\市場の影響を受けない!/

新電力が高騰する原因とは?

新電力が値上げする

低価格が売りである新電力ですが、どうして値上げされてしまうのでしょうか。新電力が高騰する要因はたくさんあるため、ここでは2つの原因を紹介します。

再生可能エネルギー発電促進賦課金による

新電力が値上げされる要因の一つは「再生可能エネルギー発電促進賦課金」です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは電力会社が電気を買い取る上でかかる費用のことで、経済産業大臣が毎年定めた金額を利用者が負担しています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、国民が負担することで再生可能エネルギーによる発電を促進することが目的となっています。

再生可能エネルギーを積極的に利用すれば、将来的に安定した電力供給が可能になります。長い目で見れば我々電力を消費する側にもメリットがあります。

市場連動型の価格設定による

料金 値上がり

新電力が値上げされるもう一つの要因は「市場連動型」の価格設定によるものです。「市場連動型」とは、電力の市場価格に応じて電気代を設定するシステムのことをいいます。

例えば、火力発電に使用する石炭が不足すると、その分だけ作られる電力が少なくなります。そうなると市場に出回る電力が不足し、電気の価格が高騰するのです。

ほとんどの新電力会社の中は、自社に発電施設を保有していません。

そのような電力会社は市場の影響を受けて、価格が変動しやすい特徴を持っています。

\市場の影響を受けない!/

市場の影響を受けないおすすめの新電力会社3選

前述の通り市場連動型の新電力会社は、電気の市場価格に電気代が大きく左右されてしまいます。そのため、毎月安定した電気代を支払いたい人には、あまりおすすめできません。

そこで、ここでは市場連動型の料金形態をとっていない、つまり市場の影響を受けない新電力会社をご紹介します。

ENEOSでんき

ENEOSでんき

おすすめポイント
  • 住んでいる地域に応じたお得な料金プランがある
  • プランの数が豊富なので気に入ったものを選ぶ自由がある
  • 無料で料金シミュレーションができる

「ENEOSでんき」は、1998年から電気産業に参入している、ENEOSグループが運営している新電力会社です。

利用する家庭の家族構成に応じた電気料金プランがあるため、自分にぴったりのプランが見つかります。

ENEOSでんきは、ホームページから無料で料金シミュレーションができます。地域ごとに異なるので、どのようなプランが自分に合うか一度確認してみてください。

実際に今よりも電気代を10,000円以上削減できたという一例もあります。
運営会社 ENEOS株式会社
対応エリア 沖縄電力を除く9つの電力エリア
基本料金(税込)※東京エリア(従量電灯B)の場合
  • 10A:286.00円
  • 15A:429.00円
  • 20A:572.00円
  • 30A:858.00円
  • 40A:1,144.00円
  • 50A:1,430.00円
  • 60A:1,716.00円
電力量料金(税込)※東京エリアの場合
  • 最初の120kWhまで:19.88円
  • 120kWh~300kWh:24.54円
  • 300kWh~:26.22円
無料見積もり あり

J:COM電力

J:COM電力

おすすめポイント
  • 電気代が年間10,000円分お得になったケースもある
  • 解約料金を支払う必要がない
  • 100万もの世帯が利用している

「J:COM電力」は、JCOM株式会社が運営している新電力会社です。現在対応エリアを次々に拡大しており、特に勢いのある会社といえます。

手続きや見積もりはWEBで24時間受け付けているので、忙しくてなかなか予定を合わせられない場合でも安心です。

J:COM電力が気になった方は、一度見積もりをしてみましょう。

解約料金や初期費用を支払う必要がないので、比較的気軽に始められます!
運営会社 JCOM株式会社
対応エリア
  • 北海道電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 九州電力エリア
基本料金(税込)※東京エリア(従量電灯B)の場合
  • 10A:286.00円
  • 15A:429.00円
  • 20A:572.00円
  • 30A:858.00円
  • 40A:1,144.00円
  • 50A:1,430.00円
  • 60A:1,716.00円
電力量料金(税込)※東京エリアの場合
  • 最初の120kWhまで:(19.88円/kWh × 利用量) × 0.5%割引
  • 120kWh~300kWh:(26.48円/kWh × 利用量) × 1%割引
  • 300kWh~:(30.57円/kWh × 利用量) × 10%割引
無料見積もり あり
出典:J:COM電力

auでんき

auでんき

おすすめポイント
  • 満足度が91.9%と高水準
  • 自動的にPontaポイントが貯まる
  • auユーザーは支払いを一つにまとめられる

「auでんき」は、auが運営している新電力会社です。「すべてのauユーザーにとって『プラス』を目指した電気」という言葉から分かる通り、auユーザーにとっては特にお得な内容となっています。

auでんきで電気を使うと自動的にPontaポイントが貯まるので、お得な新電力会社を探している人におすすめです。

一般家庭であればPontaポイントの還元率は最大5%です。1カ月8,000円の電気代を支払う場合400ポイントが貯まるので、20カ月電気を使うごとに丸々1カ月分の電気代が浮く計算となります。

auを使っている人、Pontaポイントを貯めたい人には特におすすめの新電力会社です。
運営会社 KDDI株式会社
対応エリア 沖縄電力を除く9つの電力エリア
基本料金(税込)※東京エリア(従量電灯B)の場合
  • 10A:286.00円
  • 15A:429.00円
  • 20A:572.00円
  • 30A:858.00円
  • 40A:1,144.00円
  • 50A:1,430.00円
  • 60A:1,716.00円
電力量料金(税込)※東京エリアの場合
  • 最初の120kWhまで:19.87円
  • 120kWh~300kWh:26.47円
  • 300kWh~:30.56円
無料見積もり あり
出典:auでんき

高騰した電気代を削減するための6つのポイント

電気代の削減

電気代が高騰すると、家計がひっ迫してしまいます。高騰した電気代をできるだけ削減したいときは、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、電気代を抑える代表的な方法を6つご紹介します。

1.生活に合った電力のプランを選択する

今契約している電力プランは、自分の生活に合っているでしょうか。

大容量のプランを契約しているにも関わらずそれだけの電力を使いきれていないとなると、その分の料金は無駄になってしまいます。

普段そこまで電気を使わないという人は、電力プランへの切り替えをおすすめします。

2.複数の電力会社で見積もりを行う

電力会社の見積もり

各電力会社ごとに電気の料金は異なります。昔からずっと同じ電力会社から電気を買っている場合、他社と契約することでほぼ同じ条件でよりお得に電気を使える可能性があります。

公式サイトで無料見積もりができるケースも増えているので、気になる方は一度利用してみましょう。

3.電気を使う時間帯を見直す

電力会社のプランによっては、一日のうちの時間帯によって電気料金が異なる場合があります。特に、夜間よりも昼間の料金が高く設定されていることが多いといえるでしょう。

したがってたくさんの電気を使いたいときは、昼よりも夜に使うようにしましょう。

昼間はカーテンを開ければ、部屋はある程度明るくなるはずです。電気代を節約するためにも、昼間の電気の使用を控えてみてはいかがでしょうか。

4.季節ごとの電気の使用を見直す

家電の利用を見直す

季節によって電気を利用する頻度が異なる場合もあるでしょう。代表的なものに、エアコンや扇風機、ヒーターなどの温度調整機器が挙げられます。

これらの使い方を見直すと節約につながることも。

たとえば冬の電気代は家の中で暖かい恰好をすることで、ある程度節約が可能です。それぞれ季節ごとに電気の使い方を見直すことが、料金を抑える第一歩となります。

5.使わない家電は主電源を切る

数ある家電の中でも、たまにしか使わない家電もあるでしょう。そのような家電を使っていないときは、主電源から切っておくことをおすすめします。

主電源を切っていないと「待機電力」という微小な電力が消費され続けてしまうからです。

このような細かい電力消費でも、塵も積もれば無視できない電力消費になります。主電源が無い家電は、コンセントを抜いておくという対策もあります。

「テレビは夜しか見ない」「ドライヤーはお風呂上りにしか使わない」など、使っていない時間帯がある場合はコンセントを抜いておきましょう。

6.省エネ家電を使用する

使わない家電昨今、消費電力が少なくて済む「省エネ家電」がたくさん開発されています。家電は決して安いものではないので、新しく買い替えるのに抵抗があるかもしれません。

しかし長い目で見ると電気代が削減され、お得になる可能性も十分あります。

新電力のメリット・デメリット

メリット・デメリット

新電力にはさまざまなメリットがあり、反対にデメリットも存在します。ここでは、新電力のメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

新電力のメリット

新電力を利用するメリットは、3つ挙げられます。

「セット割」の恩恵で料金が安くなることもある

新電力会社の中には、携帯キャリアでも有名な会社も存在します。そのような場合、携帯の料金と電気代をセットにして支払えるプランがあるケースも。

「セット割」の恩恵を受けると、月々の電気代が安くなる可能性が高いのです。

また支払い先をまとめることで、毎月の料金の支払いの手間が減るメリットもあります。

自分のライフスタイルに合わせたプランを選択できる

新電力 ライフスタイル

新電力会社は新規顧客を手に入れるために、さまざまなセットプランを用意しています。例えば、地域ごとのお得なプランや家族構成によって料金が安くなるといったプランなどです。

このようなたくさんのプランがあれば、自分のライフスタイルに合ったプランが見つけやすくなるでしょう。

今の自分にとって一番良いプランを見つけるためにも、複数の新電力会社で見積もりを行うことをおすすめします。

ポイントが還元される嬉しいプランもある

新電力会社では、電気代の支払いを支払うたびにポイントが貯まる嬉しいプランが用意されているところもあります。中には、ポイント還元率が5%を超える高水準なものもあり活用する価値は大きいといえるでしょう。

毎月コツコツとポイントを貯めることで、実質の電気代の節約につながります。

新電力のデメリット

新電力のデメリット

新電力を利用するデメリットは、2つ挙げられます。

条件によっては料金が高くなる

新電力会社には、電気の市場価格に応じて電気代が変動する「市場連動型料金」を導入しているところも少なくありません

そのような新電力会社は発電するための原料が枯渇して電気の市場価格が高騰した場合、電気料金が高くなる危険性があります。

このように「市場連動型料金」の新電力を選ぶと、かえって今よりも電気料金が高くなることもあるので注意が必要です。逆に電気の市場価格が落ち着いているときに電気代が安くなるので一長一短の性質があります。

解約時に違約金が発生する

新電力会社の多くは、解約の際に支払わなければいけない違約金が設定されています。

もし今後他の電力会社に乗り換えようと思っても、その際にはこの違約金を支払う必要があります。

しかし中には違約金を設けていない新電力会社も存在するので、契約前に確認しておくべきです。

よくある質問

新電力はどうして値上げされるのですか?
新電力が値上げされる要因は大きく分けて「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と「市場連動型料金」の2つが挙げられます。
「再生可能エネルギー発電促進賦課金」はどうして支払わなければならないのですか?
「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は、国民がお金を出し合い再生可能エネルギーを利用した発電を促進する、という取り組みのために設けられたものです。
経済産業大臣が制定した公的なものであり、電気を使う際には支払わなければいけません。
「市場連動型料金」とはいったい何ですか?
「市場連動型料金」は市場に出回っている電気の価格に応じて、家庭に請求する電気代を臨機応変に変えていく料金形態のことです。
電気が枯渇しているときには、電気代が高騰することもあります。
電気が枯渇する、とはいったいどういうことですか?
例えば、火力発電には、火をおこすための石炭が必要です。
しかしこの石炭の生産量が少ないと思うように火力発電が行えず、十分な電気を生み出すことができないので市場では電気が枯渇するのです。
過去に新電力の価格が高騰したことはあるのですか?
2020年12月頃電力の価格が高騰し、市場連動型の料金システムを用いていた電力会社の電気代が跳ね上がったことがありました。
市場連動型料金にメリットはあるのですか?
市場連動型料金は、電力の価格が高騰したときに大きな影響を受けます。しかし反対に電力の価格が落ちているときには、その分だけ電気代が安く済むみます。
実際の電力の価格に見合った電気代を支払いたいという人におすすめです。
再生可能エネルギーによる発電を行うメリットは何ですか?
火力発電や原子力発電では発電を行うために原料が必要となりますが、原料には限りがあります。
一方再生可能エネルギーは限りがないため、安定した発電を行うことができます。再生可能エネルギーによる発電がもっと進めば、電気料金が安定することになるでしょう。

まとめ

基本的に、新電力に乗り換えることで電気料金がお得になることがほとんどです。

しかし「市場連動型料金」を採用している新電力会社は、電力市場の状態によっては電気代が高騰してしまう危険性があることは知っておきましょう。

そこでおすすめなのが、市場連動型料金を採用していない新電力会社です。この記事内で紹介した新電力会社を是非参考にしてみてください。また、新電力会社によってさまざまなお得なプランが用意されています。

その中から自分の電気の利用状況に一番適したものを見つけるためにも、複数の新電力会社で電気代の見積もりを行ってもらうことをおすすめします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事