交換する

航空マイレージ・ギフト券・現金・電子マネーなど200種類以上の交換先をご用意

ネットマイルをFNSチャリティキャンペーンに交換する

  • ネットマイル
  • FNSチャリティキャンペーン

第46回FNSチャリティキャンペーン 2019年度支援国 ウガンダ共和国

交換条件

交換レート 最少交換口数 交換に必要なマイル数 交換完了予定日
ネットマイル
100mile
FNSチャリティキャンペーン
50
1口 100mile 即時

特典説明

寄付実績のご報告
--------------------
2019年4月度交換マイル数:100mile
2019年7月末までに交換された寄付総額:920,850円
--------------------

【第46回FNSチャリティキャンペーン 2019年度支援国 ウガンダ共和国】

*国民の3人に1人が貧困層に属する最も貧しい国の1つ
*子どもが人口の半数以上を占める
*児童婚は重大な問題の1つ

ウガンダは、東アフリカに位置する赤道直下の内陸国で、面積は日本の本州とほぼ同じ
約24万平方キロメートル、人口は41,488,000人です。18歳未満の人口の割合が、
ウガンダは世界で2番目に高い国で、総人口の半数以上が子どもです。
国民の3人に1人以上が国際貧困ライン以下(1日1.9ドル以下)で生活し、
貧困から抜け出せた人でも3人に2人は貧困に逆戻りする脆弱性を持っています。

【子どもの保護:児童婚】
女の子と女性の権利の侵害である児童婚は、ウガンダにおいても最も深刻な社会問題の一つです。
幼くして結婚する女の子は、貧困家庭の出身であることが多く、学校を退学し、家庭内暴力に苦しみ、
HIV/エイズに感染し、妊娠期や出産時に合併症で亡くなる、といった確率がより高まります。
児童婚はまた、経済に損害を与え、貧困の世代間連鎖につながります。
ウガンダは、婚姻可能な年齢が男女とも18歳と定められていますが、20歳から49歳の女性の半数、
約300万人の女性は18歳を迎えるまでに結婚し、10代の女性の4人に1人が妊娠や出産を経験しています。
児童婚の背景は複数考えられ、紛争などの緊急時(親族とのネットワークの途切れ、トラウマや損失、
学校へのアクセスが亡くなるなど)農村部における社会的慣習(社会的義務、未婚状態での妊娠のリスク回避など)
経済的要因(生家の貧困、婚姻による収入など)などがあります。

【子どもの保護:エイズ孤児】
ウガンダは、HIV/エイズの感染拡大に伴う対策が成功した国として知られていますが、
現在でもエイズが原因で両親や片親をなくした子どもは300万人以上にも及びます。
HIV/エイズが原因で貧困に陥ったり、学校を中退したり、兄弟姉妹の多い世帯の場合は、
年長の子どもが弟や妹の世話に加え、家計を担う状況に陥る場合もあります。

FNSチャリティキャンペーンでは、ユニセフと協力し、ウガンダ支援のために、
『栄養』、『保健』、『水と衛生』、『子どもの保護』、『教育』などの分野でも
支援活動を進めていきますので、皆様のご理解とご支援をお願い致します。

【FNSチャリティキャンペーンとは】
1974年にフジテレビを中心としたFNS系列28局が、放送事業の公共的使命と社会的責任を果たすことを念頭に置き、
国際社会への貢献活動の一つとして、公益財団法人日本ユニセフ協会と協力して発足しました。
年度ごとに支援国を定めテレビやインターネットを通じて全国に募金を呼びかけています。

ご利用状況

交換可能マイル 0mile

もっと貯める

*交換口数

半角数字でご入力ください

※1口(100mile)から交換可能です

※マイル数ではなく、口数を入力してください。

0mile

交換可能マイル

- 0mile

(交換マイル+手数料)

= 0mile

残マイル数

注意事項

・特典交換いただきました寄贈に対する領収書の発行はいたしかねます。あらかじめご了承ください。
・特典交換申込後、特典の変更や取り消しには応じかねます。

毎日バナーをクリックするだけでマイルが貯まる♪ すぐたまスタンプラリー 登録・資料請求エリアで対象のバナーに隠れているスタンプを集めよう!5個集めると1mileプレゼント! 早速参加する