電気料金でポイントが貯まる!新電力、電力自由化とは?


2016年4月からスタートする「電力自由化」。
電力自由化で受けられるお得なサービスを、自分の生活に照らし合わせ
より便利に、よりお得に、電気を買えるように比較、検討していきましょう。

-目次-

 

電力自由化とは?

そもそも、電力自由化とはどういった取組なのでしょうか。
電力自由化により、私たち消費者にとってのメリットデメリットについても考えていきましょう。

電力自由化とは?

これまでは、お住まいの地域毎の決まった電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)より、電気を買っていました。
それが法律の改正によって電力の小売りが自由化され、新電力(PPS:Power Producer and Supplier)事業者が、電力会社が保有している電線路を通じて電力供給を行えるようになります。

これにより私たちは、自身のライフスタイルに合わせ、購入先を選らぶことができるようになります。

これまでの独占販売とは違い、たくさんの新電力事業者がいることにより、価格競争が行われより安い電気の提供を受けることが可能になります。
セット割引ポイントサービスの導入など、様々な付加サービスが加わってくるでしょう。

また、新電力事業者のほとんどは自然エネルギー(太陽光・風力・火力)で発電を行っており、「脱・原発」を掲げる人にとっては、発電方法においても比較検討することが可能です。

 

ただし、事業者の多様化に伴うリスクについても考える必要が出てきます。

これまでは電力会社の独占販売が常であったため、新規参入事業者はこれから電力小売りのノウハウを会得していくことになります。
資金規模、発電設備、保守作業、技術力、その全てが企業毎に異なりますので電力供給が不安定にならないか、災害時の対策は万全かなどの不安材料があることも否めません。

さらには、多種多様な料金プランが設定されるため、自分の生活スタイルに合ったプランを選ばないと、電気料金が高くなる可能性も出てきますので、しっかりと情報収集し、料金シミュレーションをすることが必要となってきます。

 

新電力はどう選んだらいいの?

新電力比較
現在、経済産業省資源エネルギー庁に登録されている小売電気事業者は130社に上ります。
※2016年1月18日付
⇒資源エネルギー庁 [登録小売電気事業者一覧]

まずはこの中から、自分の住んでいる地域に供給してくれる事業者を絞ります。
そこから、提供されるサービスや、電気料金のプランを確認し、自身の価値観やライフスタイルにあった事業者を探していきます。

事業者の中には、様々なサービスを提供している企業がいくつもあります。

例えば、携帯電話でおなじみのソフトバンクも、新電力事業に参入しており、ソフトバンクならではの、携帯電話やインターネット環境をセットにした割引パックなどを売り出しており、電気料金に対するTポイント付与など、多彩なサービスメニューを発表しています。

ガソリンスタンドのENEOSでおなじみのJX日鉱日石エネルギーも電気料金に対するTポイント付与を発表しています。
ガソリンスタンド事業とも連携し、ガソリンの割引サービスなどを発表しています。

また、現在の独占販売社である電力会社も様々なプランやポイント提携を打ち出し、顧客離れを防ごうと頑張っています。

東京電力ではPontaポイントと提携し、電気料金に対しPontaポイントを付与することを発表しており、さらには長期契約で約5%も電気代を割り引くプランも用意しています。

四国電力でも新たな料金プランの設立、さらには独自ポイントを発行し四国の名産品などとの交換、ポイント交換所「ネットマイル」への交換提携を発表しました。
ポイント交換所と提携することにより、ポイントの使い道を多岐にわたり契約者に提供できるのも魅力ではないでしょうか。
⇒四国電力[プレスリリース]

一人暮らしにおすすめの新電力についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

電気代をお得に 電力自由化直前!おすすめ新電力比較【一人暮らし編】
新電力の「落とし穴」の解説と、落とし穴を回避して電気料金を下げる方法、おすすめの電力会社、料金プランの比較をまとめて… もっと見る≫

オール電化向けおすすめ新電力についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

電力自由化始まる 電力自由化直前!おすすめ新電力比較【オール電化編】
おすすめ新電力比較の第二段はオール電化編です。オール電化に関する電力自由化での落とし穴、比較の際の注意点を… もっと見る≫

 

電力自由化で変わる家計費の節約

電気代節約

品質の変わらない「電気」という物を、複数の販売事業者から、消費者が選んで購入する。
だからこそ、自分が何を一番優先するのか?が決め手になってきます。

・とにかく安く、いかに節約できるか
・電気やガスとセットで割引される
・スマホやネットとセットで割引される
・車によく乗るのでガソリン割引が欲しい
・ポイント還元率が高い
・安心できる大企業がいい
・原子力よりも自然エネルギーがいい

色々な視点から、新電力について考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

2016年1月より、すでに新電力の事前申し込み受付をしている業者もあり、また事前割引などのサービスも開始されています。
この機会に、4月からの新生活に向け、電気料金の見直しをおこなってみてはいかがでしょうか。

 
ポイントサイト「すぐたま」を経由して新電力事業へお申込みいただくと、現金や航空マイレージ、共通ポイントなど200種類以上の特典とお得に交換できるネットマイルを獲得できます!
 >>【すぐたま】「ソフトバンクでんき」電気ご契約キャンペーン
 >>【すぐたま】ENEOSでんきキャンペーン
 >>【すぐたま】楽天エナジーキャンペーン
 >>【すぐたま】myでんき(ESSO/モービル/ゼネラル)キャンペーン
 >>【すぐたま】昭和シェル電力キャンペーン
 >>【すぐたま】HISの電気「E change(イーチェンジ)」キャンペーン
 >>【すぐたま】eo電気を選ぼうキャンペーン
 >>【すぐたま】イーレックス・スパーク「新電力申込センター」キャンペーン

 

ポイント交換所ネットマイルでは電力自由化に伴うポイントサービスの交換提携を積極的におこなっており
電気代で貯まったポイントを、豊富な交換先から自由に選んでお使いいただけます。

お得なポイント交換所ネットマイルについてはこちら
ネットマイルで交換できる特典交換先一覧はこちら

今だけ限定キャンペーン

ネットマイル&「すぐたま」への新規登録で最大750mileがすぐにもらえるキャンペーンを実施中!!

STEP1
★記事を読んでくださった方限定★
下のバナーからネットマイルに新規登録すると300mileもらえる!
今なら「初回交換お助けマイル」プレゼントキャンペーン実施中 記事を読んでくださった方限定 登録するだけで
なんと合計300mile150円相当 今すぐクリック!!会員登録をお済ませください
STEP2
下記バナーからすぐたまへワンステップ登録をして
3つのミッションをクリアすると合計450mileもらえます!
新規会員登録で特別ゴールド会員
STEP3
ネットマイルと「すぐたま」への登録で
合計750mileもらえます

【ご注意】

  • ※もらえる300mileは、記事を読んでくださった方限定250mile、初回交換お助けマイル50mileの合計です。
  • ※「初回交換お助けマイル」は会員登録後すぐにマイル通帳に反映されます。
  • ※「初回交換お助けマイル」の有効期限は2ヶ月となります。
  • ※記事を読んでくださった方限定の250mileは会員登録後、30日後に利用できるマイルとしてマイル通帳にお振込みいたします。
  • ※記事を読んでくださっても、上のバナー以外からのご登録は250mileのプレゼント対象になりません。
  • ※こちらのキャンペーンに関するお問い合わせは、FAQ・お問い合わせよりお願いたします。
カテゴリ: 電気料金 タグ: ,

投稿者 めがね

1983年生まれの33歳、男性。既婚。 某大手共通ポイント発行企業にて5年間ポイントのノウハウを習得。 2013年ネットマイル入社。 マイル・ポイントの豊富な知識を生かしマーケティングを担当。 プライベートでもポイントを愛用し、20種類以上のポイントを集め、少ないお小遣いの足しにしている。