おすすめ興信所・探偵事務所|それぞれの違いや料金相場を解説

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/categorym/categorym.xsrv.jp/public_html/money/wp-content/themes/diver_child/functions.php on line 729

浮気などの調査をお願いする場合、探偵事務所か興信所に依頼するという2つの選択肢が考えられます。

探偵事務所か興信所、両者どのような違いがあるのでしょうか?調査を検討しているけど興信所や探偵事務所についてまだよく知らないという方もいると思います。

そこで今回は興信所がどのようなところか、探偵との違いはどこかについてみていきます。また、興信所はどんな調査ができるかについても解説しています。

興信所の料金システムがどうなっているかについても解説しますので、実際に依頼する際の参考にしてください。
\街角相談所-探偵-がおすすめ!/ 【街角探偵事務所】

街角相談所-探偵-のおすすめポイント

希望条件にぴったりの探偵事務所を教えてくれる
街角を通しての申し込みだと20%〜40%OFFに!
相談料や紹介料は無料
質の高い調査報告書を作成してくれる!

街角相談所-探偵-は「探偵を依頼したいけどどこに依頼したらいいかわからない」といった方に、希望条件や予算にあった探偵事務所を特別な割引価格で紹介してくれるサービスです。調査前はもちろん調査後のサポートもあり安心して依頼できます!相談は無料なので、すこしでも気になることがあれば「街角相談所-探偵-」に相談してみましょう!

興信所とは?探偵事務所との違い

興信所とはどのようなところ?

そもそも興信所は、どんなところかご存じない方もいるでしょう。興信所の基礎知識や似たような業務を行っている探偵との違いについてまずは見ていきます。

信用状況について調査を行うところが由来

興信所とは「興」(おこる・隠れているものが出てくる)「信」(信用)という、漢字を組み合わせてできました。信用状況などについて、さまざまな調査をするところという意味があります。

興信所が調査対象にするのは、企業から個人まで幅広く、当初は企業に対する信用調査をメインに行っていた経緯があります。なお、信用調査とは企業の経営状況や資産に関する調査のことです。

このような他人に関する調査を業務とする民間企業が発生したのは、1890年代の明治時代といわれています。

興信所のルーツはイギリスにあり?

興信所とはどのようなところ?
世界的にみると興信所のルーツはイギリスにあります。イギリスでは紳士録とも呼ばれる「Who’s Who」というものがつくられていました。

こちらの書物は「興信録」とも呼ばれ、実業家周辺の調査をして法人の信用状況を明らかにする目的で作られたとされます。そこから企業の信用調査を行う興信所が、数年後に誕生したといわれているのです。

当時イギリスでは商業手形を使った、信用取引がメインになりつつありました。商業手形の取引は決済するまでに、2~3か月程度の時間を要します。

その間に取引先が倒産すると売上をみすみす逃すことになりかねません。そこで取引先が代金を支払ってくれる信頼できる相手か調べるために興信所に依頼するようになったのです。

興信所と探偵事務所の違いはどこ?

興信所とはどのようなところ?
結論からいってしまうと、興信所も探偵も今ではあまり大きな違いがありません。しかし過去において両者の間には、明確な線引きがありました。

興信所は主に企業を対象にして、信用調査を行うところです。一方探偵は特定人物の身辺調査を行うところという違いがあります。

このため得意とする調査のスタイルも異なるのです。探偵は尾行調査に強みをもっている一方で、興信所は聞き込み調査が得意です。

また興信所は自分の身分を明かしたうえで、調査を行っています。一方探偵の場合、身分を明かさずに調査を行うスタイルが主です。

このような違いがかつてはあったものの、両者の境界線は今ではかなりあいまいになっています。

興信所でどこまで調査できる?

興信所に調査を依頼した場合、なにからなにまで調査できるわけではありません。一定の調査の制約があるので以下で紹介します。

探偵業法に則った調査は可能

興信所でどこまで調査できる?
興信所が調査活動するにあたって、順守しなければならない「探偵業法」があります。探偵業法では業務遂行のために尾行や張り込み、聞き込み調査することが認められています。

注意!
いまでは興信所と探偵は同義とみなされているため、探偵業法が適用されるのです。尾行や張り込み・聞き込み調査はできますが、日本の法律の範囲内で行わないといけません。

たとえば相手の住宅の敷地内に入って調査をすれば住居不法侵入を問われます。また、調査過程のなかで他人になにかしらの不安や恐怖を与えた場合にも不法行為を問われてしまうかもしれません。

このように興信所の調査員でも、なんでも調査できるわけではありません。

個人情報保護法の順守もマスト

興信所でどこまで調査できる?
興信所では「興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針」という、独自のガイドラインを設けています。きちんとした業者であればこのガイドラインを順守した活動を行っているでしょう。

ガイドラインのなかでは、さまざまな取り決めが記載されています。そのなかのひとつが、個人情報に関する項目です。この項目のなかで、興信所における業務について記載されています。

簡単にいうとクライアントの求めに応じて、その人の生命や財産をはじめとする権利保護のために必要な人の所在や行動を確認し報告する仕事です。

また社会的な差別を招いたり、ストーカー規制法など法律違反につながったりする調査は行わないとしています。法的な正当性がないと判断された場合、調査するにあたってターゲットに通知するルールもあります。

ガイドラインであり法律には該当しないので、たとえ違反してもペナルティはありません。

しかし優良な事務所であれば、ガイドラインに沿った調査を行っています。

禁止調査は不可

興信所でどこまで調査できる?
興信所ができない調査のなかに禁止行為に抵触するものもあげられます。探偵業法のなかでは、差別に関する調査と違法行為を目的とした調査を禁止としています。

たとえば結婚相手や内定者の調査を行うにあたって、その人の出自に関する調査は差別調査に該当するため禁止されています。

注意!
また依頼者がストーカーで、ストーキングをするために相手の所在地を特定する調査も禁止されています。明らかに相手の犯罪行為を、助長する調査になってしまうからです。

信用調査のなかでも制約があります。興信所のできる信用調査は、尾行や聞き込みで知りえた情報のみです。具体的な借金や預貯金額については調査できません。

このように興信所では、禁止されている調査のあることも理解しましょう。

興信所における主要な3つの調査方法

興信所における主要な3つの調査方法
興信所はさまざまな方法を駆使して、調査を進めていきます。そのなかでも主に、3つのアプローチでリサーチを進めていきます。

3つの調査方法
  • 尾行
  • 張り込み
  • 聞き込み

    この3つがメインです。具体的にどのように調査を進めていくか、以下で見ていきます。

    1尾行

    興信所の主要な3つの調査方法
    まずは尾行調査です。行動調査のなかでも基本とされています。対象人物の後をつけて、どのような行動を行っているか調べるのです。具体的にはどこに立ち寄ったか誰と会っていたかについて調査します。

    誰かと会って話をしていた場合、その会話を聞くことで今後の行動の情報を収集していくのも、業務の一環です。浮気現場など決定的な瞬間については、写真や動画撮影して証拠を集めます。

    基本的に相手の行動に合わせるため、スタッフの勤務時間はバラバラです。尾行は素人が行うには、手にバレてしまうもしくはターゲットを見失って調査続行が困難になる可能性があり難しいといえます。

    尾行調査をしようと思っているのであれば、興信所のような専門家に依頼すると良いでしょう。

    2張り込み

    興信所の主要な3つの調査方法
    張り込みも行動調査の基本とされています。尾行とセットで追跡調査を実施する場合も少なくありません。まず尾行で相手の行動パターンを把握して、張り込みで証拠をつかんでいくスタイルが一般的です。

    尾行調査を行う前に相手の自宅に張り込んで相手の行動のスタートを待つ方法や、浮気調査の場合不倫相手と密会しているホテルなどに張り込んで、チェックインやチェックアウトの撮影を行う方法もあります。

    張り込みは場合によっては長時間にわたる可能性もあります。体力の求められる調査手法です。

    また夜間の張り込みで証拠を押さえるためには、暗視カメラなどの専門の機材も必要です。張り込みも自分でなんとかしようとするのではなく、プロにお願いするのが賢明でしょう。

    3聞き込み

    興信所の主要な3つの調査方法
    最後の主要な調査の手法として、聞き込みがあります。ターゲットの周辺人物、会社の同僚や知人から対象人物に関する情報を取集調査です。

    聞き込み調査は、普段のターゲットの立ち振る舞いや過去に関する情報を知る際に用いられます。インタビューをした人がすべて話してくれるとは限りませんが、話術でうまく引き出していくのです。

    聞き込み調査はリスキーな側面もあります。話を聞かれた人がターゲットに「こんなことを聞かれた」と、話してしまう恐れがあるからです。

    ただし必要な情報を得るにあたって、聞き込み調査が効果的と判断すれば実施されることも少なくありません。
    \聞き込み調査も!/

    興信所に依頼する際の費用について

    興信所に調査の依頼を検討している人にとって気になるのはやはり費用でしょう。興信所の料金はいくつかの要素によって構成されています。また、事務所によって料金システムが異なる場合もあります。

    どういった料金体系が考えられるか、以下で解説していきます。

    料金を構成する3つの要素

    興信所に依頼する際の費用について
    興信所が請求する金額には、内訳があります。主に料金を構成するものとして、以下の3つの要素が考えられます。

    興信所にかかる費用
    • 人件費
    • 調査実費
    • 機材関連

      それぞれどのような費用であるのか、ここで詳しくみていきましょう。

      人件費

      スタッフが調査を行うため、人件費は欠かせない項目です。興信所における費用のなかでも、大きなウエイトを占めているといえます。別項でくわしくみていきますが料金体系にはいくつかのスタイルがあります。

      しかしどのタイプでも人件費に関しては、調査スタッフひとり当たり1時間いくらという形で算出されることが多いです。

      人件費の単価も事務所によりけりです。しかし相場は、ひとり・1時間当たり8,000円程度といわれています。スタッフの人数が多くなったり期間が長くなったりするとおのずと費用もかさんでいきます。

      ターゲットに関する情報をできるだけ先方に提供することで、調査期間も短くなりコスト圧縮が可能です。

      調査実費

      調査実費とは実際にリサーチするにあたって発生する、費用のことです。対象人物を尾行・張り込みする際に、移動に関する費用がかかります。

      車で移動する場合にはガソリン代や高速道路の通行費・電車やバスの運賃も含まれます。不倫調査など相手が泊まり込みの旅行に出かけて追跡する場合、宿泊費も調査実費として請求される場合がほとんどです。

      移動中調査員も食事をとるでしょう。この食費も調査実費に含まれると考えてください。

      機材関連の経費

      調査をして最終的には、その結果をクライアントに報告します。報告書に書かれている内容の根拠になる、証拠が必要です。証拠集めの際にはさまざまな機材を活用します。

      注意!
      使用した機材に関連する費用も請求されると考えましょう。とくに浮気調査の場合、相手との逢瀬の決定的な部分を撮影する必要があるため多くの機材が用いられます。

      デジカメや一眼レフカメラ、動画で押さえるのであればビデオカメラも使われます。夜間に密会している場合、はっきり相手を確認できる写真撮影するためには赤外線カメラなども必要になるかもしれません。

      また相手の会話を録音する場合もあります。その場合にはICレコーダーなども使われるでしょう。どういった機材で調査するかは、事前に問い合わせておきましょう。

      興信所の主要な料金システム

      興信所に依頼する際の費用について
      料金システムは事業所によって異なります。さまざまな料金体系があるなかでも主要なものは以下の3つです。

      興信所の主な料金システム
      • 定額料金制
      • パック料金制
      • 成功報酬制

        それぞれに異なる特徴があるため、以下でご紹介します。自分が依頼する場合、どの方法がベターなのか検討してみてください。

        定額料金制

        定額料金制とはまとめて一定期間の契約をする方法です。一般的には、10時間前後の調査時間でいくらといったシステムを採用しているところが多くなっています。

        1時間あたりいくらという単価制と比較すると、割引料金が適用されお得になります。長丁場の調査になりそうだと考えているのであれば、こちらを選択すればお得になる可能性大でしょう。

        注意!
        ただし場合によっては損する可能性もあるので注意してください。たとえば、10時間でお願いしたのに4時間で証拠がみつかり調査完了というケースもあるかもしれません。

        この場合4時間分の金額ではなく当初における予定どおりの10時間分の価格が請求されます。このようなリスクもあるので注意しましょう。

        パック料金制

        興信所に依頼する際の費用について

        パック料金制はさきほどの定額料金制のロングバージョンと考えてください。何十時間というスパンで契約をして単価を安くする手法です。

        何日間にまたがって調査をお願いする場合、このパック料金を先方から提案される可能性があります。しかしこちらのシステムは消費期限が設定されている可能性もあります。

        注意!
        たとえば消費期限10日間で50時間の契約をしたと仮定します。1日4時間の調査を10日間行い10時間余っていたとしても、10日間経過するとこの分が失効してしまいます。

        それでも、当初の契約どおりの金額を支払うことになり損する恐れがあるわけです。先方から、調査内容や1日どのくらいの時間を想定しているかなど聞くうえでどうするかを検討しましょう。

        成功報酬制

        成功報酬とは文字どおり調査がうまくいった場合に初めて請求される料金体系です。人探しなどの必要な情報を収集するときに、しばしば用いられます。

        成功報酬制で注意しなければならないのは、なにをもって「成功」とするかです。クライアントと業者の方で意識にズレがあると、後々トラブルになる可能性があります。

        とくに難しいのは、不倫調査についてです。不倫の決定的瞬間の証拠を納められればよいものの、そもそも相手が浮気していない場合成功の定義はなにか問題になりがちです。

        この手法で契約する場合成功とはなにか、相手からきちんと説明してもらいましょう。

        依頼する前に見積もりを取っておくことが大事

        興信所に依頼する際の費用について
        いずれの場合でも興信所の費用は一律ではありません。調査内容や期間など全く同じである依頼はないからです。そのため、正式契約する前に見積書をとっておきましょう

        見積書を確認してその金額に納得できたところではじめて契約を交わします。見積書をチェックする際は総額が気になるかもしれませんが、内訳にも関心を払いましょう。

        内訳についてあいまいではっきりしないところがあれば詳しい説明を求めましょう。相手の説明を聞いて、安心してお願いできると感じられるかどうか見極めてください。

        おすすめな興信所・探偵事務所|比較表

        おすすめ 探偵事務所3選

        ここからはおすすめの興信所・探偵事務所を紹介します。特に人気で申し込み件数の多いものを厳選してまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

        表は横にスライドできます。

        街角相談所

        街角相談所

        街角相談所のおすすめポイント

        提携探偵社は全国100社以上
        調査費用が最大40%OFFに!
        相談・見積もりは何度でも何社でも無料
        即日調査・出張OK

        街角相談所は、探偵事務所そのものではなくお得に利用できる探偵事務所の仲介業者です。提携探偵事務所は全国各地に計100社以上。初めてでどこに依頼したらいいかわからない…といった方に多く利用されています。

        過去に探偵を依頼したが納得のいく結果ではなかった、と感じている方も条件に合う最適な探偵事務所を教えてくれます。

        街角探偵

        大きな特徴が調査費用の最大40%OFFです。街角相談所を経由して依頼することで、20〜40%の割引が効きます。

        ネットから何度でも無料で匿名相談可能なので、探偵への依頼が初めてで不安な方におすすめです。

        専門知識を持ったアドバイザーが相談に応じ、最適な事務所を提案してくれます。

        相談は何度でも無料、見積もりも何社からとっても無料です。

        探偵って高い?意味はあるの?どこまでサポートしてくれる?などのお悩みに寄り添ってくれるのが「街角探偵相談所」です。

        街角探偵相談所が選ばれ続ける理由とは?
        1. 相談&紹介料がずっと無料
        2. 質の高い調査と証拠
        3. 調査後のサポート

        即日調査もOKです。急な利用にも対応してくれるのが強みでしょう。
        料金 担当する事務所による
        ※街角相談所の利用は無料
        拠点数
        100社以上(提携)
        調査項目
        • 浮気・不倫調査
        • 素行調査
        • 家出・行方調査
        • 結婚信用調査
        • 企業・個人調査
        • GPS調査
        • 盗聴器発見調査
        • ストーカー・嫌がらせ調査
        • その他
        無料相談 あり
        TEL:0120-148-034
        本社所在地 東京都渋谷区

        参照:https://machikado-tantei.com/

        原一探偵事務所

        原一探偵事務所

        原一探偵事務所のおすすめポイント

        業界45年の実績
        24時間365日相談できる
        メディアへの出演多数

        原一探偵事務所は、探偵業界で45年の実績がある老舗探偵事務所です。全国に18拠点を構え、独自のネットワークを駆使した調査が可能です。

        \24時間年中無休・即日対応可能!/

        無料相談は24時間365日対応。即日調査も可能なスピーディーさもメリットの1つです。

        無料見積もりは経費を含んで提示。調査前に費用が明瞭な点が安心です。

        メディアへの出演実績も多数。調査力とスピードに定評があります。
        料金 55,000円(税込)
        ※浮気調査のトライアル料金
        拠点数 18拠点(川越、札幌、仙台、大宮、水戸、高崎、日本橋、新宿、横浜、千葉、名古屋、静岡、大阪、神戸、岡山、広島、松山、福岡)
        調査項目
        • 浮気調査
        • 家出調査
        • 人探し・行方調査
        • 結婚前調査
        • 高齢者見守り調査
        • ストーカー調査
        • 素行調査
        • 身辺調査
        • 盗聴・盗撮発見調査
        • 子ども見守り調査
        • お墓探し調査
        • その他
        無料相談 あり

        TEL:0120-20-2512

        本社所在地 埼玉県川越市

        参照:https://www.haraichi.co.jp/

        \24時間年中無休・即日対応可能!/

        さくら幸子探偵事務所

        さくら幸子探偵事務所

        さくら幸子探偵事務所のおすすめポイント

        全てコミコミの明瞭な料金体系
        丁寧で細かい調査報告書
        相談累計件数15万件の実績※公式サイトより

        さくら幸子探偵事務所は、創業33年を誇る探偵事務所です。これまでの累計相談件数は15万件と、業界の中でも実績豊富で信頼性が高いと言えるでしょう。

        全国に19拠点を構え、出張無料で対応してくれます。

        見積もりは全てコミコミの料金なので、追加費用の心配もなく安心です。調査報告書は丁寧で細かく、素行調査においては1人平均で200枚以上の写真撮影を行なっています。

        裁判の証拠資料にも使えるクオリティの高さです。
        料金 30,000円〜
        ※浮気・不倫調査
        拠点数 19拠点(札幌、函館、仙台、新潟、金沢、東京、新宿、横浜、大宮、水戸、長野、名古屋、静岡、浜松、大阪、高松、岡山、広島、福岡)
        調査項目
        • 浮気・不倫調査
        • 人探し・所在調査
        • 家出・失踪者調査
        • 結婚調査
        • ストーカー調査
        • 電磁波・低周波等測定調査
        • 盗聴・盗撮調査
        • いじめ・嫌がらせ調査
        • ハラスメント調査
        • ペット捜索調査
        • 企業調査
        • 証拠・監視調査
        • その他
        無料相談 あり
        TEL:0120-267-008
        所在地 北海道札幌市

        参照:https://www.sakurasachiko.jp/

        ラビット探偵社

        ラビット探偵社

        ラビット探偵社のおすすめポイント

        警察OBのノウハウを活用
        業界最安値

        調査終了後のアフターケアも万全

        \リアタイムで状況を報告!/

        ラビット探偵社は、警察OBの会社で学んだ調査ノウハウを活かした探偵会社です。精度の高い調査に定評があります。

        調査員は訓練と経験を積んだベテラン調査員ばかりです。

        浮気・不倫調査の場合、1時間当たり7,000円〜の安さを誇ります。費用重視で調査をしたい方におすすめの探偵事務所と言えるでしょう。

        調査終了後にも、相談や弁護士紹介などアフターケアが充実しています。
        \リアタイムで状況を報告!/
        料金 1時間7,000円〜
        ※浮気・不倫調査の場合
        拠点数 14拠点(東京、新宿、横浜、千葉、埼玉、茨城、長野、静岡、名古屋、新大阪、大阪、神戸、福岡、札幌)
        調査項目
        • 浮気・素行調査
        • 人捜し・家出調査
        • 結婚前信用調査
        • 盗聴器発見調査
        • ストーカー調査
        • いたずら・嫌がらせ調査
        • 誹謗中傷調査
        • GPS調査
        • お子様見守り調査
        • その他
        無料相談 あり
        本社所在地 東京都港区

        \リアタイムで状況を報告!/

        参照:https://rabbit-tantei.com/

        よくある質問

        どのような依頼にも対応してもらえますか?
        基本なんでも調べます。しかし犯罪にかかわるような調査や人権侵害、公序良俗に反する調査であれば断られる場合があります。
        相談するだけでもかまいませんか?
        相談だけでもOKなところは多いです。
        相談料無料なところもあれば、メールやフォームで問い合わせられて匿名で相談受付しているところもあります。
        相談したいのですが事務所を訪問する時間がありません。どうするべきですか?
        興信所によっては、出張相談を受け付けているところもあります。皆さんの指定する場所にスタッフが赴き、打ち合わせをする格好です。
        あまり他人に知られたくない依頼内容なのですが、大丈夫でしょうか?
        興信所には守秘義務があって、業務上知りえた情報は他言しません。外に漏れる心配はないため、安心して相談してください。
        調査状況が気になりますが、進捗は教えてくれますか?
        会社の方に連絡すれば、現時点での進捗状況について報告してくれるところが多いです。
        定期的に現状について、報告してくれるような興信所も見受けられます。
        見積もりだけお願いすることは可能ですか?
        多くのところで無料にて、見積もり作成をしてくれます。
        内容に納得できずにキャンセルしたとしても、見積もり費用を後日請求される心配もありません。
        女性で、男性と話をするのが苦手です。どうすればよいでしょうか?
        興信所のなかには、女性の調査員が多数在籍しているところも少なくありません。
        希望すれば女性の担当者をつけてくれるところもあります。まずは問い合わせてみましょう。

        まとめ

        興信所と探偵の境界線は、かなり曖昧になってきています。探偵だけでなく興信所も今や犯罪につながるような問題のある依頼内容でない限り、多岐にわたる案件を引き受けています。

        興信所に調査を依頼する際には、まずは費用をきちんと確認することです。ただ単に安いだけでなく、追加費用のかかる可能性はないかなど、詳しい説明を受けてから契約しましょう。

        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
        ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
        ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
        ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
        おすすめの記事